マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2017 のご案内【5/23 更新】

本アワード プログラムは、マイクロソフト パートナーネットワーク参加パートナー企業様を対象とし、20分野のアワードにおいて優れた実績をおさめられたパートナー企業様を選出させていただくものです。 各アワードを受賞されたパートナー企業様につきましては、2017 年 9 月1日開催の Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan! にて発表いたします。 また、弊社ウェブサイト等を介して広くご紹介し、皆様の活動を広くアピールいたします。 応募いただけるアワード カテゴリや、応募条件、選考基準などをご確認の上、ぜひ応募をご検討ください。パートナー企業の皆様より多くの応募をお待ちしております。 応募締切日: 2017 年 7 月 3 日(月) 17:00 まで   【アワード特典】 2017 年 9 月1日開催の Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan!  にて発表、会場内での告知および掲示 表彰盾の授与・Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan!  会場にて記念写真撮影 2017 アワードロゴの利用 Microsoft Inspire 2018 参加の際のレジストレーション費用 1 名分をご招待 ($2,195 相当 ※2017年のレジストレーション費用)   【アワード選考および結果発表】 マイクロソフト パートナーネットワークに参加しているパートナー様を対象に広く公募いたします。ご応募いただいた中から、厳正なる審査の上、最も優れた事例を選出いたします。…


アクションパック パートナーに 5 時間分のアドバイザリー特典が付与されました【 5/16 更新】

お客様からのクラウドソリューションへの強い需要が私たちの業界に変革をもたらしており、マイクロソフトでは Microsoft Partner Network (MPN) 特典を進化させることにより、マイクロソフトクラウドを利用してビジネスを構築して成長させるご支援を行っています。   米国時間 2017 年 5 月 15 日以降、マイクロソフト アクションパック サブスクリプション (MAPS) をお持ちのパートナーがパートナー アドバイザリー時間の特典を活用する権利を得るのにクラウド案件を 1 つクローズする必要がなくなります。これにより、貴社においてこの特典の価値が大きく向上します。これが何を意味するかというと、すべての MAPS パートナーはテクニカル プリセールスおよび展開サービスのフルスペックの特典を、MAPS サブスクリプション購入後すぐにご利用になれるということです。貴社で最初のクラウド案件に勝つご支援をする以外に、貴社のビジネスを初めて成長させるために、テクニカル プリセールスおよび展開サービスをクラウドの販売と展開、新しいアプリの開発に活かすことができます。   私たちは既にパートナーコミュニティ全体の中の非常に多くのクラウド案件に立ち会ってきました。この変更により、貴社のクラウド対応速度を上げるとともに、MPN 特典の活用を簡単にしてマイクロソフトの技術的な専門家と技術トレーニングや個別に特化した技術コンサルティングなどを通してやり取りを迅速にし、現実に起きている案件対応、展開やアプリ開発にお応えできるようお約束するものです。   あたたの MPN 特典を活用して今日からアドバイザリー時間の活用をはじめましょう!今回の変更についてご質問がある場合は、地域のサポート窓口 (RSC) までご連絡ください。   関連項目 マイクロソフト アクションパックの概要と申込み パートナー アドバイザリー時間: テクニカル プリセールスおよび展開サービス マイクロソフト アクションパックの説明ビデオ  


コンピテンシー取得条件になっているオンラインアセスメント日本語版の一覧【5/2 更新】

Microsoft Partner Network のコンピテンシーを取得するための要件として、オンラインアセスメントが設定されている場合があります。コンピテンシーのご紹介ページの「コンピテンシー取得条件」で紹介されているオンラインアセスメントは英語になっている場合がありますが、対応する日本語版がある場合もあります。以下に、各コンピテンシー毎の取得条件の一部になっているオンラインアセスメント一覧 (日本語版、日本語がない場合は英語版)をまとめましたので、ご活用ください。(2017 年 5 月 1 日現在)   利用方法 「日本語アセスメント」からリンクがある場合はクリックして、表示される「コース案内」の一番下のセクションの「Assessment」から、「開始ボタン ()」をクリックしてアセスメントを開始してください。 ※ オンラインアセスメントオプションがあり、かつ終了予定になっているコンピテンシーではないコンピテンシーのみリストされています。 コンピテンシー 取得オプション レベル 日本語アセスメント 英語アセスメント Application Development すべて シルバー (なし) Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development (Expiring 2017/6/30) Application Integration すべて シルバー/ゴールド (なし) BizTalk Technical Competency Assessment for Application Integration (BizTalk Server 2013) Cloud Platform すべて…


最新情報: Microsoft Partner Network の 2017 年 4 月の情報まとめ 【4/30 更新】

パートナー様必見の 4月のアップデートが更新されていますのでお知らせします。お時間のある時にぜひご覧ください。 閲覧には MPN アカウントでログインが必要なものもありますのでご注意ください。 凡例 [イベント] … パートナー様向けイベント情報 [セミナー] … パートナー様向けセミナー情報 [トレーニング] … スキルアップ支援情報 [セールス] … 営業/マーケティングご担当者向け情報 [テクニカル] … 技術者向け情報 [サポート] … サポート情報 [製品] … 製品情報 [ライセンス] … ライセンスに関する情報 [プログラム] … パートナーネットワークに関する情報 [イベント] 7 月の Microsoft Inspire のセッションカタログ公開 [イベント] 5/23 (火) ~ 24 (水)「de:code 2017」開催! [キャンペーン] クラウド セキュリティを見直すなら今がチャンス! 今ならアプライアンス製品 1 台を無償でご提供 [キャンペーン] CSP Power-up…


お問い合わせ先窓口をわかりやすくする仕組みを導入します【4/26 更新】

日本マイクロソフトでは、定期的にパートナー様からのフィードバックをいただき、クラウド・ファースト、モバイル・ファーストのの時代におけるパートナー様の収益構造やパートナーエコシステムの向上に努めています。過去の施策の例については、以下の記事をご参照ください。 MPN ポータルの改善、プログラム変更の発信、パートナー事例共有、サポート窓口連携、クラウドでの収益確保とプログラム改変への取り組み、など 製品戦略における互換モードや製品ライフサイクルの工夫、オープン化 オンラインでのコミュニケーションの改善、ライセンス早わかりガイドの提供、など   この記事では、これらに加えた新たな取り組みをご紹介します。   パートナー様向けお問合せ先ガイドの公開 パートナー様が日本マイクロソフトにお問い合わせをいただく際、購入前相談、パートナー契約加入要件、パートナー特典活用、ツール、技術サポート (有償/無償)、提案支援、販売したクラウドサービスの請求/課金、フィードバック、など様々な目的があります。これらのお問い合わせはパートナーコールセンターなどの窓口にお問い合わせいただくことになりますが、場合によっては、ほかの専門窓口が用意されていることがあります。また、同じ電話番号でもお問い合わせ内容によって自動音声ガイダンスで操作する番号が異なります。 そこで、どのプログラム/製品に関するお問い合わせで、どういう目的の場合にどの窓口が担当になるかという観点でマイクロソフトの問合せ先を整理し、パートナー様のお問い合わせシナリオに合わせて適切なお問合せ先をご案内するガイドを作成しました。こちらをダウンロードしてご利用ください。 ▼ パートナー様向けお問合せ先ガイドをダウンロードする (PDF)     マイクロソフト担当変更のご連絡徹底 マイクロソフトの営業担当が変更になった場合、後任の担当者からパートナー様にご連絡をすることになっていますが、後任が不在になりパートナーコールセンター対応になる場合にご連絡がいかないケースがございました。今後はこのようなケースでもメールでプログラム担当者宛にご連絡先を通知するプロセスを走らせします。 営業担当の変更は当社の期初 (7 ~9 月)に行われることが多いですので、この時期にご連絡がいく可能性がございます。     「マイクロソフトお客様満足度調査」へのご協力ありがとうございます いただきました皆様の貴重なご意見は、よりご満足いただける製品やサービスの提供のために活用させていただきます。ご意見を多くいただいた項目については、対応策を今後も Web ページ上で公開させていただく予定です。      


Application Development コンピテンシー 取得条件変更のお知らせ【4/17 更新】

  アプリケーション開発パートナーの皆様は、Microsoft テクノロジの広範な領域にわたる革新的なソリューションをお客様に提供する重要な役割を担っています。 Application Development コンピテンシーを、適切な技術資格に基づいたものにするため、マイクロソフトではコンピテンシー要件の見直しを実施しました。そして今回の分析により、 “Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development” は、既にパートナー様やお客様のニーズを満たしていないとの判断に至りました。 そのため、Application Development コンピテンシーの Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development スキル アセスメント オプションは、2017 年 6 月 1 日に提供を終了します。   今回の変更による影響 このアセスメントを使用して Application Development コンピテンシーを取得されたパートナー様は、今回の変更により更新手続きに影響が及ぶ可能性があります。 契約終了日が 2017 年 6 月 1 日の翌日以降のパートナー様は、別の試験に合格することでスキル アセスメント要件を満たす必要があります。   現在 Application Development コンピテンシーの取得に向けて取り組まれているパートナー様は、今回の要件変更を念頭に置いた上で、コンピテンシー取得のためのステップをお選びください。Technical…


最新情報: Microsoft Partner Network の 2017 年 3 月の情報まとめ【3/31 更新】

パートナー様必見の 3 月のアップデートが更新されていますのでお知らせします。お時間のある時にぜひご覧ください。 閲覧には MPN アカウントでログインが必要なものもありますのでご注意ください。   [イベント] … パートナー様向けイベント情報 [セミナー] … パートナー様向けセミナー情報 [トレーニング] … スキルアップ支援情報 [セールス] … 営業/マーケティングご担当者向け情報 [テクニカル] … 技術者向け情報 [サポート] … サポート情報 [製品] … 製品情報 [ライセンス] … ライセンスに関する情報 [プログラム] … パートナーネットワークに関する情報 3 月 [イベント] Microsoft Inspire Washington D.C. ツアー 募集開始!(旧 WPC) [イベント] 5/23(火)~24(水) 開催「de:code 2017」早期割引価格で受付開始!! [セミナー] 営業の働き方を変え、顧客との関係性をグッと良くするアプリケーション ビジネスを一緒に展開しませんか? ~マイクロソフト新規パートナー様募集セミナー~ [セミナー] 【クラウド経営塾】 中堅中小企業向け Microsoft Azure…


Device and Deployment コンピテンシー保有パートナー様はお早めに Windows and Device コンピテンシー取得を! 【3/30 更新】

Device and Deploymentコンピテンシーの後継として提供をしているWindows and Deviceコンピテンシーについて改めてご案内いたします。従来は Device and Deploymentコンピテンシーが取り扱いの際の要件であったデスクトップ導入計画サービス (DDPS) や各種 Windows  関連のご支援策を受け取るための要件にもなっていますので、Device and Deployment コンピテンシーをお持ちで Windows and Device コンピテンシーを未取得のパートナー様はぜひ取得してください。 取得の際に知っておくと便利な情報などは以下のビデオをご覧ください。  


3月22日より、パートナー サポート コミュニティは閲覧のみ (Read-only) のアクセスを解放します!【3/18更新】

2017 年 3 月 22 日より、パートナー サポート コミュニティのアクセス ポリシーを変更します。 この変更により、マイクロソフト アカウントによるサインインなしに、豊富なコミュニティへの投稿がすべて閲覧できるようになります。 この方法には、以下のようなメリットがあります。 Bing や Google などの検索エンジンで、パートナー サポート コミュニティの投稿が検索できるようになります。 貴社のパートナー プロファイルに登録されていない社員でも、コミュニティの投稿を閲覧できるようになります。   この新しい方法については、かねてより、「投稿内容のプライバシーを侵害するのではないか?」と懸念を示されるパートナー様からのご指摘もありましたが、これらの懸念については、以下の対策を講じています。 投稿内容に書いていない個人を特定できるような情報 (名前、メールアドレス、会社名など) は、「閲覧のみ (Read-only)」の権限でコミュニティに参加されているユーザー様には開示されません。 この変更は 2017 年 3 月 22 日より、適用開始となります。 この日付以前のすべての投稿内容は「閲覧のみ (Read-only)」の権限でコミュニティに参加されているユーザー様には開示されません。 また、検索エンジンの検索結果にも表示されません。 コミュニティにサインインされたパートナー様は、2017 年 3 月 21 日以前のスレッドにアクセスすることができます。 2017 年 3 月 22 日以降も、パートナーメンバーシップ カテゴリをご利用のコミュニティのユーザー様はプライベート投稿をご活用いただくことができます。 プライベート投稿は「閲覧のみ(Read-only)」の権限では見ることができません。 プライベート投稿の方法については、こちらをご覧ください。   コミュニティの投稿ガイドラインについては、パートナー サポート コミュニティの使用条件にて規定されています。 その他、今回の変更につきましては、FAQ もご用意しておりますので、ご活用ください。    


新しいパートナー様が MPN のメリットを最大限に引き出す最初の一歩【3/5 更新】

(この記事は 2017 年 1 月6 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How to Make the Most of Your New Membership の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   ビジネスの世界は常に変化しています。世界的なデジタル改革の波が産業界にも押し寄せている今、テクノロジやパートナーシップに投資する企業のほうが、効果的に競合他社との差別化を図れることは明らかです。マイクロソフト パートナー ネットワークでは、このトレンドがもたらすビジネス チャンスからパートナー様が多くの成果を得られるようにお手伝いします。しかし、MPN を初めてご利用されるときには、何から手を付ければよいか、お困りになるかもしれません。そこで今回は MPN チームからのヒントをご紹介します。MPN ではパートナー様のビジネスを成長させるために必要なサポートとリソースが提供されており、これらを活用することで MPN のメリットを最大限に活かしていただけると思います。   最初のステップが一番肝心 MPN に参加したら、最初に何をするべきなのでしょうか。以下のビデオで、スムーズにスタートを切るために最も重要だと考えられる 4 つの実施項目を概説しています。     メンバーシップを活用するための次のステップ マイクロソフト パートナー ネットワークは、それぞれの企業が全社を上げて大きな力を発揮できるようにお手伝いします。そのために、パートナー様が専門知識、ビジネス チャンス、ツールのほか、拡大を続ける企業コミュニティも利用できるようにして、パートナー様のビジネス成長を支援しています。その具体的な取り組みについて以下にご紹介します。   カスタムのメンバーシップ 現在は 3 種類のメンバーシップ オプションをお選びいただけます。それぞれ独自の特典をご用意しており、パートナー様のニーズに合わせてカスタマイズ可能です。各メンバーシップ レベルは、パートナー様がお客様から信頼されるエキスパートとして成長するのを後押しできるように設計されています。 無償で登録できるネットワーク メンバーシップでは、無料のトレーニング、サポートが提供され、お客様とつながる機会も得られます。 マイクロソフト アクション パックでは、中堅中小企業のお客様にサービスを提供するパートナー様を対象に、エントリ レベルの全特典に加え、リソース センターの利用権、従業員最大…