Azure グローバル インフラストラクチャ~他のクラウド プロバイダーを上回る 54 のリージョンで利用可能【8/1 更新】

お客様に必要なグローバルな展開と地域での存在感を実現 54 か所の Azure リージョン、140 か国で利用可能、リージョン内の帯域幅は最大で 1.6 Pbps 信頼性が高く、スケーラブルで確実な Microsoft Cloud を利用すれば、オンプレミス データセンターの制限を克服できます。エネルギー効率のよいインフラストラクチャでビジネスを変革し、コストを削減しましょう。このインフラストラクチャは、世界中の 100 を超える安全性の高い施設にまたがっており、世界最大のネットワークの 1 つによって結ばれています。 Azure には、他のどのクラウド プロバイダーよりも多くのグローバル リージョンがあります。これにより、世界中のユーザーの傍にアプリケーションを届けるために必要なスケールを提供します。また、データの保存場所を確保し、お客様に包括的なコンプライアンスと回復性のオプションを提供します。


Microsoft Inspire 2018 発表事項とモメンタムまとめ【7/21 更新】

7 月 15 日から 19 日まで米国のネバタ州ラスベガスで開催された Microsoft Inspire 2018 では、今年もさまざまなニュースが発表されました。今年は、マイクロソフトのグローバル社員総会である Microsoft Ready と同時開催でもあり、様々なつながり、コネクションが生まれました。この記事では、Inspire  期間中に発表されたニュースをまとめてみました。見落としがないかどうかご確認ください。


パートナー ビジネスの今後: トランスフォーメーション、推進力、ビジネス チャンス 【5/2更新】

(この記事は2018年1月24日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Transformation, momentum, and unprecedented opportunity ahead for Microsoft partners の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   デジタル トランスフォーメーションが生み出す空前のビジネス チャンス 「20 兆」ドル。全世界の国内総生産の 20% 以上に相当するこの数字は、IDC が見積もった今後 5 年間のデジタル トランスフォーメーションによる経済効果です。そしてこれは、クラウド テクノロジを基盤としたビジネス イノベーションを始めようとしている企業にとって、大きなビジネス チャンスをつかめる可能性があることを意味しています。マイクロソフトは、新たなビジネス アプローチを考案し、パートナー様とのかかわり方を刷新することで、パートナー様がこの絶好のチャンスを最大限に活用できるよう支援します。


SQL Server on Linux 事例~移行キャンペーン継続中【3/3 更新】

SQL Server on Linux の日本市場 SQL Server は RDBMS として、Windows 上での RDBMS シェアの過半数をマイクロソフトが占めていますが、Linux に関しては今まで非対応であったこともあり、Linux 分野においては複数の大手ベンダー企業で占められているのが現状です。


10 月から SQL Server 2017 on Windows/Linux/Docker の一般提供開始【10/18 更新】

Windows に加えて Linux や Docker 上でも動作し、オンプレミスからクラウド、ハイブリッドでの動作まで幅広くサポートする SQL Server の最新バージョン SQL Server 2017 が 10 月 2 日から一般提供開始となりました。 SQL Server の Linux 対応の意向表明から 18ヶ月の間で、Active Directory 認証から暗号化、Always On 可用性グループに至るまでのエンタープライズデータベース機能において WindowsとLinuxで同等、かつ互換性を持たせることに注力してきました。SQL Server 2017は、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、およびUbuntuをサポートしています。 この記事では、マイクロソフトが業界を牽引するモメンタム、SQL Server 2017 の優位点の概要、そして主な新機能のリストについてまとめました。


Microsoft Inspire 2017 で発表されたニュースや関連記事のまとめ 【7/27 更新】

7 月 9 日から 13 日まで米国のワシントンDCで開催された Microsoft Inspire 2017 では、今年もさまざまなニュースが発表されました。この記事では、Inspire  期間中に発表されたニュースをまとめてみました。見落としがないかどうかご確認ください。まずは太字になっている記事をご覧いただくことをお勧めします。


Microsoft Build 2017 の発表まとめ【5/21 更新】

去る 5 月 10 日から 12 日までの間、米国シアトルで開発者向けイベント Microsoft Build 2017 が行われました。Day 1/Day 2で最新の クラウド プラットフォーム、開発ツール、AI、IoT、データ分析からWindows 動向まで、実に様々なことが発表され共有されました。いままで Build はずっとサンフランシスコで開催されていましたが、今年はマイクロソフトや Amazon Web Service が本社を構えていることをはじめ、Google や Facebook もオフィスを構える「クラウドシティー」と呼ばれるシアトルで開催されたことも印象的でした。 Microsoft Build 2017 でどういう内容が発表されたかについては、すでに良質のまとめ記事がいくつかありますので、この記事では新たにまとめることはせずに、最も読むべき記事の一覧、発表された重要な数字、および追加情報へのリンク集を提供することにします。   読むべき 7 本の記事 以下の記事を読んでおけば、Microsoft Build 2017 で発表された内容について、だいたいの内容を把握することができますので、まず読んでおくことをお勧めします。Day 1 はクラウドと AI、Day 2 は Windows 10 と複合現実 (Mixed Reality) が中心でした。 Build 2017 Day1 プレスリリース:マイクロソフト、開発者向けアプリ開発の新ツールを発表 Build 2017 Day2 プレスリリース:マイクロソフト、Windows…


WPC 2016 で発表されたニュースや関連記事のまとめ 【7/23 更新】

7 月 10 日から 14 日までカナダのトロントで開催された WPC2016では、今年もさまざまなニュースが発表されました。この記事では、WPC 期間中に発表されたニュースをまとめてみました。見落としがないかどうかご確認ください。   マイクロソフトから発表された主な記事 2016/07/06: あらゆる組織のビジネスプロセスをビジネスの優位性に – Microsoft Dynamics 365 および AppSource の発表 Microsoft Dynamics 365 と Microsoft AppSource の開発リーダーからのインサイト (英語) 2016/07/07: Secure Productive Enterprise で従業員に力を与えよう (英語) – Secure Productive Enterprise の発表 2016/07/11: WPC2016: デジタル変革を通じて、マイクロソフト パートナー様の収益拡大とすばやい成長を促進 GE とマイクロソフト、Predix を Azure 上で利用できるよう提携 日本航空が「最高級」(ファーストクラス) の体験を Microsoft HoloLens を活用して実現 2016/07/12: WPC2016: パートナー様に新たなビジネス チャンスを切り開く革新的なテクノロジを WPC で発表 Forrester…


SQL Server 2016 を 6/1 から出荷、Oracle からの移行に特別支援策を適用【 5/8 更新】

ゴールデンウィーク中に SQL Server 2016 が 6 月 1 日より一般提供開始されることが発表されました。SQL Server 2016 は、マイクロソフトのデータ戦略の礎であり、データをインテリジェントなアクションに変換してイノベーションをもたらすツールです。アプリケーションをハイパフォーマンス、ハイスケール環境で稼働させることができ、リレーショナルデータベースと JSON、XML、Hadoop などの非リレーショナルデータの両方をシームレスに扱うことができ、さらにオンプレミスとクラウドデータをシームレスに統合させることができます。Enterprise、Standard、Express の各エディションに加えて Developer エディションが無料でダウンロードできるようになります。また、Windows 版に加えて Linux 版もリリースされる予定です。業界でのベンダーの位置づけを評価する Gartner の Magic Quadrant においても、データプラットフォーム関連の 4 つの領域でリーダーやビジョナリーリーダーポジションを獲得しています。 加えて、日本マイクロソフトでは Oracle Database / Oracle Exadata から SQL Server 2016 の移行検討いただくお客様をさらに支援するために、SQL Server のライセンスを特別価格で提供させていただくとともに、国内主要 SI パートナーより Oracle から SQL Server への移行支援サービスの提供を開始させていただくことになりました。Oracle Database / Oracle Exadata など商用データベース製品から SQL Server への移行をお約束いただける事を前提に、SQL…


知っておくべき Build 2016 における発表まとめ【4/4 更新】

3/29 より 4/1 までサンフランシスコで年に一度の開発者向けイベントである「Build 2016」が開催されました。今年も様々な新しい技術に関する発表がありました。この記事では、パートナー様が押さえておくべき主なニュースについてまとめました。 開発ツールや SDK に関するニュース Xamarin を Visual Studio の一部として提供: iOS、Android、Windows にわたるクロスプラットフォーム上で、同一コードからネイティブアプリが作成できる開発ツール (関連ブログ記事) Visual Studio Community にXamarin 機能を取り込む。 Xamarin Studio for OS X をコミュニティ エディションとして無償提供。 Visual Studio Enterprise ユーザーは Xamarin のエンタープライズ向け機能を追加費用なしで利用可能。 パートナーは社内使用ライセンス特典に付属の MSDN サブスクリプションの Visual Studio に Xamarin が付属 (関連ブログ記事)。 今後数か月内に .NET Framework と Xamarin を融合ランタイム、ライブラリ、コマンドラインツールも含めて Xamarin SDK をオープンソース化する。 Microsoft Graph の…