Microsoft 365 の認定資格「エンタープライズ管理者エキスパート」取得に向けた最終ステップ【2/15更新】

(この記事は2018年12月13日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Becoming a Microsoft 365 Certified Enterprise Administrator Expert—The Final Stepsの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) さて、ここからはその後の話です… (かつての人気ラジオ番組*風に)。 「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者エキスパート」の取得に向けたステップについて、続報をお伝えします。 「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者エキスパート (英語)」は、モダン ワークプレースに関するスキルや経験の証明となり、ユーザーが効率的にテクノロジを使いこなせるよう支援する際に役に立ちます。この認定資格を取得するには、アソシエイト レベルの新しい「モダン デスクトップ管理者 (英語)」「チームワーク管理者 (近日公開)」「セキュリティ管理者 (近日公開)」「メッセージング管理者 (近日公開)」のいずれか 1 つを取得し、MS-100: Microsoft 365 の ID とサービス (英語) と MS-101: Microsoft 365 のモビリティとセキュリティ (英語) の両方の試験に合格する必要があります。


新しいワークロード認定を取得し Microsoft 365 エンタープライズ管理者を目指す【2/11更新】

(この記事は2018年12月3日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Start with Our New Workload Certifications to Become a Microsoft 365 Enterprise Administratorの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 2019 年 1 月 10 日: 下記の赤字部分を更新しました。 Microsoft 365 ワークロード認定を取得すると、「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者エキスパート (英語)」を目指すことができます。このブログをフォローしている方はご存じかと思いますが、先日「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者」と「Microsoft 365 資格: モダン デスクトップ (英語)」のベータ版試験が開始されました。以前から新しい試験の開始について言及していたため、発表を心待ちにされていた方も多いことでしょう。今回は、近日中に開始される試験をまとめてご紹介します。


Azure 開発者の認定パスがシンプルに【2/10更新】

(この記事は2018年12月27日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Great News, Azure Developers! Microsoft is Simplifying Your Path to Certification!の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 2019 年 1 月 15 日: 下記の赤字部分を更新しました。 2019 年 1 月 3 日より Azure 開発者の認定パスが統合され、AZ-200 と AZ-201 の 2 つの試験が「AZ-203: Microsoft Azure ソリューションの開発」という試験に一本化されました。 専門家のフィードバックから、AZ-200 と AZ-201 は、Azure 開発者に不可欠とされるレベル以上の知識を測る試験であることがわかりました。この 2 つに関連するスキルのトレーニングなどは引き続き提供してまいりますが、評価対象となっていたスキルの一部は、別の試験でも評価できるという結論に至りました。このため、重複をなくし、一部のスキルはより適切な認定資格 (今月末に公開予定のデータおよび AI に関する認定資格など) で測れるようにして、Azure 開発者向けの資格認定プロセスをシンプルにします。


Microsoft 365 Enterprise 管理者の皆様へ、新しいベータ版試験 MS-100 と MS-101 のご案内【11/29更新】

(この記事は2018年11月5日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Calling All Microsoft 365 Enterprise Administrators: Take Our New Beta Exams MS-100 & MS-101!の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) Microsoft 365 Enterprise 管理者の役割は、Microsoft 365 サービスの評価、導入計画、移行、展開、管理を行うことです。Microsoft 365 テナントの管理作業には、ID、セキュリティ、コンプライアンス、補助テクノロジなどの管理も含まれます。また、管理者には Microsoft 365 サービスに関する実践的な知識のほか、少なくとも 1 つは Microsoft 365 ワークロード (Exchange、SharePoint、Skype for Business、Windows as a Service) を管理するスキルが必要です。さらに、DNS、Active Directory、PowerShell といった、ネットワーク、サーバー管理、IT の基本に関する実践的な知識も求められます。今回、これらのスキルを証明する認定「Microsoft 365 資格: エンタープライズ管理者エキスパート」が新たに登場しました。


DevOps エンジニアの皆様へ、ベータ版試験 AZ-400 のご案内【11/17更新】

(この記事は2018年10月26日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Are You a DevOps Engineer? Take the AZ-400 Beta Exam, and Prove You Know Your Stuffの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   DevOps プロフェッショナルの役割は、人材、プロセス、技術を組み合わせ、有用な製品やサービスを継続的に提供することでエンド ユーザーのニーズとビジネス目標達成に対応することです。また、手法の最適化、コミュニケーションとコラボレーションの強化、自動化の構築により、製品やサービスの提供を合理化するほか、継続的インテグレーション、継続的テスト、継続的デリバリ、継続的モニタリング/フィードバックを可能にする戦略を立て、アプリケーション コードとインフラストラクチャに実装する必要があります。さらに、アジャイル開発の手法や、Azure での管理と開発の両方に精通し、Azure テクノロジを活用して、バージョン管理、コンプライアンス、コードとしてのインフラストラクチャ、構成管理、ビルド、リリース、テストといった DevOps の手法を設計、実装することも求められます。これらの技能を測りたいという DevOps エンジニアの皆様に、嬉しいお知らせがあります。


デジタル バッジの申請方法と活用すべき理由 (更新)【11/14更新】

(この記事は2018年10月17日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事How to Claim Your Digital Badge—and Why (updated)の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 注: Acclaim プラットフォームは現在 Credly から提供されています。 マイクロソフト認定試験に合格された方や、技術認定資格を取得された方には、デジタル バッジをご利用いただけます。マイクロソフト (mscert@microsoft.com) またはバッジ サービスを提供する Credly の Acclaim プラットフォームからメールをお送りしますのでご覧ください。このメールには、Acclaim プラットフォームでアカウントを作成して、バッジを受け取るためのリンクを記載しています。メールが見当たらない場合は、Acclaim プラットフォームのサイト (英語) にアクセスし、以前にマイクロソフトに登録したメール アドレスを使用してアカウントを作成してください。


マイクロソフト認定資格を活用して募集中の求人情報にアクセス (更新)【11/10更新】

(この記事は2018年10月15日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Unlock Active Job Postings with Your Microsoft Certification (updated)の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   注: Acclaim プラットフォームは現在 Credly から提供されています。 マイクロソフト認定資格をお持ちの方で IT 分野の求人をお探しなら、Credly の Acclaim プラットフォームで発行されるデジタル バッジをご活用ください。習得したスキルや認定資格に応じてリアルタイムの求人データ (募集中の求人情報、応募条件、給与の目安など) にアクセスできます。以前にも Acclaim プラットフォームの求人データを検索したことがあるという方も、この機会にもう一度ご覧になってみてください。今年に入ってから検索結果が最適化されています。


マイクロソフト認定の取得を簡素化【10/24更新】

(この記事は2018年10月1日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Microsoft Certification: Simplifying the Journeyの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) マイクロソフト認定コミュニティの皆様は、認定を取得することで、習得したスキルを証明できるほか、業界での評価や就職のチャンス、採用マネージャーの関心 (と感心) が得られるなど、さまざまなメリットがあることをよくご存じかと思います。それに加え、マイクロソフト認定を取得した何万人もの方々が、その実績、トランスクリプト、資格を同僚や雇用主と共有したり、求人に応募したりしてキャリアの成功を収め、収入の増加につなげています。しかし、何にでも言えることですが、改善に終わりはありません。


Microsoft Ignite の Immersion Zone: 盛りだくさんの企画をご紹介【9/25更新】

(この記事は2018年9月13日にMicrosoft Learning Blogに掲載された記事Microsoft Ignite Immersion Zone: So much to do and learn!の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 有益な情報を詳細に解説するさまざまなセッション、エキスパートが主導するワークショップ、最新テクノロジの体験、刺激的なデモンストレーション、実践的なハンズオン ラボ、さらには割引価格で受けられる認定試験などにより、今年の Ignite (英語) は究極のテック カンファレンスになることをお約束します。2018 年 9 月 24 ~ 28 日、オーランドにて各分野の専門家たちが一堂に会し、業界交流が行われると共に、クラウドの未来、ビジネス インテリジェンス、エンタープライズ セキュリティ、生産性といったテーマで議論を交わす場となります。


ベータ版のご案内 – 試験 70-777: Microsoft Azure Cosmos DB Solutions の実装【9/9 更新】

(この記事は 2018 年 8 月 17 日に Microsoft Learning blog に掲載された記事New Beta Exam! 70-777: Implementing Microsoft Azure Cosmos DB Solutions の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) Azure Cosmos DB をご利用の開発者やアーキテクトの皆様を対象とした新しい試験が公開されました。この試験は、Cosmos DB API に依存しないスケーラブルなアプリケーションの構築および構成を行うためのパーティション分割、レプリケーション、リソース ガバナンスの基本的な概念に対する理解や、Cosmos DB SQL API の実践的な基礎知識を問うものです。また、ビジネス面や技術面の要件を満たす Cosmos DB ソリューションの設計、構築、トラブルシューティングの実技試験も出題されます。