[mstep] 2018年2月~3月 おすすめコースご案内 ~Azure で作る IoT システム -クラウドからエッジまで- 他 【2/16 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstep はMPNパートナー様の特典として提供しており、受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。  


Microsoft IoT パートナーになるには【1/26 更新】

モノのインターネット (Internet Of Things, IoT) は、企業のデジタルトランスフォーメーションが進む中、特に注目されている分野です。適用範囲が非常に広く、工場の自動化、小売の自動化や顧客サービス向上、公共交通機関の運行最適化や見守り、ヘルスケアにおける健康管理、農業の効率化、など、アイディア次第で様々な業務改善、新規ビジネスなどのビジネス機会が生まれます。2021 年には日本の IoT 市場規模は 11 兆円になるといわれています。この記事では、この大きなビジネス機会を手にするために IoT パートナーとして開始するステップについて解説します。


IoT in Action 東京開催迫る【1/20 更新】

(この記事は2017年12月18日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 IoT in Action: Next stop, San Francisco の翻訳をベースに修正しています。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     2017 年 10 月 30 日にボストンで行われたマイクロソフト主催の IoT in Action には、全米のハードウェア メーカー、ディストリビューター、ソフトウェア ベンダー、システム インテグレーターの皆様にご参加いただきました。業界のリーダー企業が一堂に会し、IoT で実現される数々のイノベーション、教育テクノロジ、コラボレーションが披露されました。


ご参加ください!マイクロソフトのIoTリーダー及び戦略パートナーと交流できるイベント “IoT in Action”開催 (1/25~26)【1/11更新】

  デジタル トランスフォーメーションのメリットとして特に注目したいのが、IoT (モノのインターネット) です。 企業がビジネスの刷新に乗り出す中、IoT は大きなビジネス チャンスとなっています。マイクロソフトでは、IoT テクノロジに関心のあるパートナー様を対象に「IoT in Action」と題したイベントを各地で開催しています。 東京では 2018 年 1 月 25 日~ 26 日に開催されます。 ぜひご参加ください。   ▼ 参加登録はこちらから ▼ イベントの詳細とアジェンダはこちらから    


IoT の実践: 未来はすぐそこに~ 2018 年 1 月開催の IoT In Action Tokyo イベントのご案内【11/23 更新】

(この記事は2017年10月4日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 IoT in Action: The future is now  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     デジタル トランスフォーメーションのメリットとして特に注目したいのが、IoT (モノのインターネット) です。企業がビジネスの刷新に乗り出す中、IoT は大きなビジネス チャンスとなっています。マイクロソフトでは、IoT テクノロジに関心のあるパートナー様を対象に「IoT in Action」と題したイベントを各地で開催しています。東京では 2018年1月25日~26日に開催されますので、ぜひ登録 してご参加ください。   IoT が企業にもたらす 4 つのメリット この注目のテクノロジは、具体的にどのような変革を企業にもたらしているのでしょうか。この記事では、マイクロソフトの IoT によって、業界を問わず、企業の成長や発展を可能にする 4 つの方法をご紹介します。    


Cloudera World Tokyo 2017 開催のご案内【10/26 更新】

  ビッグデータ管理と分析のための最先端のプラットフォームを提供するCloudera が主催するパートナーおよびユーザーイベントです。今年は、“ビジネスを成功させる「データの力」”をテーマに、拡張性が高くセキュアな情報基盤の構築からデータ分析・活用におけるソリューションや、データの力を最大限に活用するための方法についてご紹介します。


[無料ダウンロード] 課題解決ハンドブック 製造業編~ 製造業の現場課題を解決して次の一歩へ~ 【10/20 更新】

中堅中小企業の抱える共通的な 3 つの現場課題を抽出。日本マイクロソフトが課題解決にどう貢献できるか。豊富なクラウド ソリューションの活用をハンドブックで紹介しています。ぜひご活用ください。   ◎現場からのヒアリングから見える『製造業 3つの課題』 <課題 1>  生産管理 <課題 2>  社内コミュニケーション <課題 3>  技術の伝承     ▼ ダウンロードはこちらから                      


[mstep] 2017年11月 おすすめコースご案内 ~ データサイエンス概論 と IoTにおける機械学習の活用事例 他 【10/17 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstep はMPNパートナー様の受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。


AI を活用したソリューションによってサービスを強化[10/9 更新]

(この記事は2017  年 8 月 22 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Extend Your Services with AI-Powered Solutions の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     近年、AI や認知サービス関連の画期的なテクノロジは市場を大いに沸かせ、お客様の注目を一身に集めています。これにより、効率性の向上、インサイトの獲得、イノベーションを行うための新たな戦略に再び取り組むチャンスが生まれました。   Barry Briggs (英語) と共同で執筆した『Enterprise Cloud Strategy』の中で述べたように、AI の復活を支えた大きな要因は、クラウドによって膨大なストレージ容量と処理能力を利用できるようになったことです。マイクロソフトのテクニカル フェローであり、Microsoft Research Cambridge Lab の研究所長を務める Christopher Bishop (英語) が言うところの「コンピューティング史上最も重要な変革」の原動力は、クラウド規模でデータ分析が可能になったことに間違いありません。 Bishop によると、この変革のきっかけは次の 2 つの重要な変化だと言います。 人間が開発したソフトウェア ソリューションから、データから学習するソリューション (機械学習) への転換 論理としての計算という考え方から、可能性を通じて不確実性を表現する計算 (予測分析と機械学習) という考え方への転換   IDC の調査 (英語) によると、デジタル トランスフォーメーションの取り組みに対する投資は 2019 年までに 2.2…


IoT Technology 2017 マイクロソフトブース スポンサー出展大募集!【8/21 更新】

    ますます注目が高まるIoT(Internet of Things)。この急成長市場に対して、マイクロソフトはEnd to Endで信頼できるプラットフォームやテクノロジーを提供しています。 11月15日(水)から3日間で開催されるIoT Technology展にマイクロソフトのブース出展が決定いたしました。この展示会には、IoTでビジネス改善を検討しているお客様や新規でソリューションを構築するためにパートナーを探しに来る方が多くいらっしゃいます。 マイクロソフト製品を使ったIoTソリューションをお持ちのパートナー様には、ぜひ、マイクロソフトブース内で自社のソリューションを露出いただき、案件獲得はもちろんのこと、新しいソリューション作りのためのパートナーをお探しください。