マイクロソフト決算の背後にあるイノベーションストーリー【10/8更新】

  マイクロソフトの第 4 四半期の決算報告では、すべてのセグメントにおいて、企業向けクラウドテクノロジがお客様のイノベーションを推進し、2 桁の収益の成長を達成できました。最近では、GE、PGA、NBA、Marks & Spencer、Starbucks、InMobi、Bayer、Telefonica といった企業が、クラウドと AI(人工知能)を活用して、従業員と顧客にいかに素晴らしい体験を提供しているかを公開しました。様々な業種とソリューション分野における新たな事例の一部をご紹介します。


モノのインターネット: その可能性を探る【10/7更新】

(この記事は2018年9月12日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Internet of Things: Explore the possibilitiesの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) どこへ行っても、必ずと言っていいほど「モノのインターネット (IoT)」の話題で持ち切りです。それもそのはず、IoT によって急速にビジネス変革が進み、良い兆しが見えてきているからです。2025 年までには世界中で約 750 億台の IoT デバイス (英語) が接続されるようになるという推計もあります。


【お客様事例】「近代マグロ」の近畿大学水産研究所、養殖稚魚選別に AI と IoT を導入し漁業の働き方改革を推進【9/2更新】

和歌山県白浜町に位置する近畿大学水産研究所では、これまで人手に頼っていた養殖現場での稚魚の選別作業に対し、AIやIoTなどを活用した業務効率化を図る「稚魚自動選別システム」を開発、実証実験を開始しています。 これまでは、稚魚出荷時の選別作業は専門作業員による目検と手作業に頼っており、経験と集中力が高度に要求され、作業員自身への体力的負担が大きく、自動化が長年の課題となっていました。そこで、豊田通商、日本マイクロソフトは本研究に参画、共同で、AIやIoTを活用し、画像解析と機械学習技術を組み合わせた稚魚の自動選別システムを開発し、現在実証実験を行っています。Microsoft AzureのIoT機能、ならびにAI機能であるCognitive ServiceとMachine Learning を活用することで、ポンプの流量調節をリアルタイムで自動化するシステムを設計、開発いたしました。


マイクロソフトの最新テクノロジーを学べるサイト 5 選 (AI、IoT、Cognitive Service、量子コンピューター、リサーチ)【7/23更新】

Microsoft Inspire などのイベントで発表されるマイクロソフトの最新テクノロジーについて、業界最先端をホットな先端技術領域をご紹介するサイトがマイクロソフトにはあります。この記事では、以下の5つのサイトをご紹介します。 Microsoft AI Microsoft Cognitive Services モノのインターネット (IoT) 量子コンピューター (英語) Microsoft Research (英語)


IoT in Action の成果【7/6更新】

(この記事は2018年4月28日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Learnings from the IoT in Action journey の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     IoT in Action の成果   IoT の展望 モノのインターネット (IoT) がもたらすビジネス チャンスは無数にあり、世界中の企業がその活用方法を模索しています。マイクロソフトのイベント「IoT in Action」に世界中から 4,000 人以上の参加者が集まったのも納得です。また、マイクロソフトは IoT in Action ウェビナー シリーズをはじめとする便利な IoT リソースを次々に提供しています。   IoT のエキスパートから学んだ重要ポイント IoT in Action イベントの講演者が取り上げた複数のポイントの中でも、中心となるトピックは、現在のセキュリティの課題とビジネス チャンス、魅力的で新しい IoT イノベーション、そしてマイクロソフトのリソースを活用した IoT ビジネスの成長の 3 つでした。


[mstep] 2018年6月おすすめコースご案内 ~ 「Azure で作る IoT システム -クラウドからエッジまで-」 他~ 【5/17 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstep はMPNパートナー様の特典として提供しており、受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。  


[5/21開催:ウェビナー] IoT はビジネス変革にどう役立つのか?- 最新事例で解説する IoT データの活用方法とそのビジネスモデル -【5/16 更新】

本ウェブセミナーのレベルは L100です。 L100…マイクロソフトの製品群やテクノロジ群の方向性を説明し、ビジネス判断のためにテーマを理解できることを目指したレベル   <概要> 製造業をはじめあらゆる業種でIoT の活用が進んでおり、企業のビジネスをリアルタイムに支える基盤として、近年、本格導入が加速することが予想されます。 自社でもIoTを活用したいと考えているものの「どこからはじめてよいかわからない」「何ができるのかわからない」、そんな悩みを抱える企業の担当者も多いのではないでしょうか? 本セミナーでは、実際にIoTを活用いただいているお客様の事例を中心にIoTの活用方法をご紹介いたします。 皆様のビジネス変革を考えるヒントにしていただくことを目的としておりますため、技術内容の難しい解説は含みません。   これから IoT をはじめたいと思っている、ビジネス担当者に最適な内容になります。 ▼ ウェブセミナーの参加お申し込みはこちらから  


[mstep] 2018年3月~5月 おすすめコースご案内 ~「Windows 7 / Windows Server 2008 EOS 対策コース」地方エリアも開催~【3/22 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstep はMPNパートナー様の特典として提供しており、受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。  


IoT による予知保全でビジネスを変革【3/17 更新】

(この記事は2017 年12月15日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How IoT-enabled predictive maintenance can transform your business の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   モノのインターネット (IoT) は、ヘルスケア、エネルギー、小売といったあらゆる業界のビジネスを変革しており、そこで生まれるビジネス チャンスは拡大の一途をたどっています。事実、製造業界における IoT ソリューションへの投資額は、2020 年に 700 億ドル (英語) に達すると見られ、これは 2015 年の支出の 2 倍以上に上ります。


[mstep] 2018年2月~3月 おすすめコースご案内 ~Azure で作る IoT システム -クラウドからエッジまで- 他 【2/16 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstep はMPNパートナー様の特典として提供しており、受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。