好きなスタイルで学習できる、役割ごとの新たなトレーニングと認定を発表【10/15更新】

(この記事は2018年9月24日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Train and certify for your role, your wayの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)             多くのパートナー様にとって特に重要な課題となっているのは、お客様が望む IP ソリューションや IP サービスを作成、配信するために欠かせない技能を持つ従業員を見つけ、雇用を維持することです。 Global Knowledge の調査によると、高いスキルを持つスタッフが不足していると回答した IT 企業は 68% に上ります。こうした企業は、従業員が必要とするトレーニング プログラムの提供に苦労しています。 77% の企業が正式なトレーニング部門を持たず、従業員が必要とする学習支援コンテンツを提供するためにマイクロソフトなどの外部ソースに依存しています。


IT 部門の進化と変革【7/28更新】

(この記事は2018年5月4日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 The (r)evolution of IT の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       ここ数年お話ししてきたとおり、企業の IT 部門の役割は変化しつつあります。クラウドの台頭と共に、IT 部門はデータ センター業務から解放され、ビジネスを差別化、推進する重要な役割を担うことが予想されてきました。そして今、この予想が現実になろうとしています。クラウドでデータを利用できるようになったことで、イノベーションは新たな時代を迎え、IT リーダーは長年にわたるビジネスと IT のギャップを埋める方法について検討しています。


新しい専門分野のビジネスを構築する方法【7/20更新】

(この記事は2018年7 月18日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 New pathways to your next specialized practice の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     自社の能力やビジネス モデルに合ったプラクティスを新たに構築して拡大するためには、多くのことを調査し、学習し、検証する必要があります。マイクロソフトでは、専門的なプラクティスを構築する際にさまざまな場面で役立つリソースを提供しています。


企業のビジネスを変革する【6/16 更新】

(この記事は2018年3月12日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Transforming the business of business の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     このたび、Barry Briggs 氏と James Farhat 氏と私が共同執筆した無料の電子ブック『Designed to Disrupt (破壊的変革への設計、英語)』が公開されました。本書では、IT リーダーやビジネス リーダーの皆様が、デジタル トランスフォーメーションにおける新たなビジネス チャンスを見いだし、収益化を目指すうえで知っておいていただきたいことをまとめています。


注目市場に対応する新しい Azure のトレーニング リソースを追加【1/29 更新】

(この記事は2017年11月13日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  New Azure learning resources for a growing market の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 今日のマイクロソフト パートナー様に 1 つアドバイスをするとしたら、お客様のデジタル トランスフォーメーションの推進を支援するために必要なスキルを身に付けることをお勧めします。そこで今回は、新しくなった Azure のトレーニング コースをご紹介します。より多彩な学習スタイルをサポートすることで、皆様 1 人ひとりに合った方法でスキルを向上できるようになりました。


マイクロソフトのデータ プラットフォームの移行に学ぶ【12/13 更新】

(この記事は2017年10月23日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Learn from Microsoft’s data platform migration の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     マイクロソフトでは、パートナー様がデータ プラットフォームおよび分析プラクティスを効果的に構築できるように積極的に支援しています。その根底にあるのが、マイクロソフトの財務システムをクラウドに移行した際の私たち自身の成功体験です。そして、ビッグ データ、データ ウェアハウジング、高度な分析によって、パートナー様にとって収益性の高いプロジェクトが多数生じているという事実も大きく関与しています。 マイクロソフトの大規模な IT インフラストラクチャの移行は、現在のところ約 90% 完了しており、これまでに多くの教訓が得られました。だからこそ、厳重に保護されているミッション クリティカルなアプリケーションの移行についてお客様に納得していただくことは、パートナー様にとって非常に困難であることも十分に理解できます。 従来から財務とはリスクを嫌う分野であり、財務部門は新しいことを試すように求められても、当然ながら慎重な姿勢を崩しません。この点については、マイクロソフトの IT 部門でプリンシパル アーキテクトを務める Robert Venable の話が参考になるでしょう。公開されたばかりの動画 (英語) では、PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) を使用して、マイクロソフトの収益レポート システムを再構築した際の体験談を聞くことができます。


クラウドでのセキュリティの確保【12/10更新】

(この記事は2017年10月19日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Taking security to the cloud  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     先日のブログ記事「お客様を安全なクラウド エクスペリエンスへ導く」では、従来の IT 部門にとってクラウドのセキュリティは未知の領域であり、これまでの役割や職務への固執は危険であるということをお伝えしました。マイクロソフトの IT 部門が配信するビデオ シリーズ「Expedition Cloud」の最新動画 (英語) では、主任プログラム マネージャーを務める Rob Polly が、新しいエンタープライズ クラウドにおけるセキュリティの確保について、その成果と課題を率直に語っています。


クラウド移行の成果を最大限に高める方法【11/22 更新】

(この記事は2017年10月10日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Get the most out of your cloud migration の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     前回の記事 では、マイクロソフトの IT 部門がクラウド移行に取り組む中で、その戦略が数回にわたって進化した経緯と、最終的にはハイブリッドのアプローチが功を奏した理由についてお伝えしました。   移行の結果、マイクロソフトではアプリケーション開発の迅速化、運用効率の向上、コスト削減を達成できましたが、そうした成果は 1 つひとつのケースで異なり、一定のトレードオフを伴います。マイクロソフトにおけるクラウド移行の取り組みを紹介するビデオ シリーズ「Expedition Cloud」から着想を得て、私もマイクロソフトの戦略の中から効率化、簡素化、コスト削減に関するヒントをいくつかご紹介したいと思います。  


マイクロソフトの IT 部門のクラウド移行から得た 3 つの教訓【11/16 更新】

(この記事は2017 年 10 月 3 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Three lessons learned from Microsoft IT’s cloud migration の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     マイクロソフトがクラウド移行を進める中で、IT 部門は移行を成功させるための課題と戦略について、さまざまなことを学びました。社内で定めた「First and Best (最初から最高の結果を出す)」ルールは、マイクロソフトのすべてのリリースは最初からエンタープライズ環境に展開してテストしなくてはならないという信念を示したもので、パートナー様とお客様の両方にとって貴重な教訓となります。 この移行の第一歩として、クラウド戦略チームが結成されました。このチームの任務は、分析とテストの段階を主導し、新しいクラウド アプリやサービスを展開するためのアーキテクチャとガイダンスを構築することです。このチームが始動してほどなく、私たちは独自のクラウド移行戦略を進化させる必要がある (英語) ことに気付きました。


 お客様を安全なクラウド エクスペリエンスへ導く【10/22 更新】

(この記事は 2017 年 9 月5 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Lead Customers to a Secure Cloud Experience の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   クラウドのセキュリティにおいて、テクノロジと同じくらい重要なのがガバナンスです。セキュリティを適用する側だけでなく、お客様サイドでもコンプライアンスやポリシーに関して自分の果たすべき役割を理解する必要があります。しかし、従来のオンプレミス システムのセキュリティを管理する IT 部門の役割や職務に携わってきたお客様にとって、クラウドのセキュリティは未知の領域とも言えるでしょう。 そんなときこそパートナー様の出番です。RightScale が 2017 年に公開したクラウドの現状に関するレポート (英語) によると、クラウドのセキュリティは依然として IT プロフェッショナルの間で大きな課題とされており、回答者の 4 分の 1 が最優先事項に挙げるなど、他の課題 (リソースやエキスパートの不足、クラウド関連の支出の管理など) と比較しても注目度が高いことがわかります。