「クラウドコンピテシーのパフォーマンス要件における追加の達成方法のご紹介ガイド」を公開しました!【6/24更新】

  先日ブログにてご案内させていただきましたが、指名パートナーに加え、代理管理パートナーまたは販売パートナーも、MPN クラウド コンピテンシーの資格を取得することが可能となりました。 多くのパートナーがお客様のクラウド サービスのサブスクリプションに付加価値を提供するようになれば、パートナー各社が利益を得られるようになるとマイクロソフトは考えています。そこで、別の形でパートナーとお客様を紐づけ、業績を評価することで、クラウド コンピテンシーの取得を加速します。 詳細は以下のガイドをご参照ください。 ▼ クラウドコンピテンシーのパフォーマンス要件における追加の達成方法のご紹介 (ダウンロードには貴社MPN契約に社員登録されたMicrosoftアカウントによるサインインが必要です。)   Office 365、Azure、Dynamics CRM Online、EMS の指名パートナー設定方法は以下のドキュメントをご覧ください。 ▼ Office 365/CRM Online/Intune/EMS/Microsoft Azure デジタル指名パートナー設定ガイド      


パートナーの関連付けを通じて、MPN クラウド コンピテンシー取得に関する実績を評価 【6/18更新】

(この記事は2016  年  5 月 24 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Earn MPN Cloud Competency credit with Partner Association の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     パートナー様は互いに協力することで、サービスやリーチを拡大し、より多くのお客様のニーズに対応できます。MPN では、このプロセスを容易にして、収益性を高めるための方法を常に模索しています。 パートナーシップの収益性を向上するためには、まずマイクロソフトとのビジネスにかかるコストを削減する必要があります。そこで今回、MPN クラウド コンピテンシーを付与するための評価方法を変更しました。これにより、お客様のデジタル指名パートナーに指定されていない場合にもコンピテンシーを取得することが可能になります。   パートナーの関連付けを通じて実績を評価します 報酬はもちろん大切ですが、クラウド プロジェクトを完了したり、クラウド サービスを提供したりすることで得られるものは他にもあります。 お客様は同時に複数のマイクロソフト パートナー様と提携していることも少なくありませんが、最近まで、コンピテンシーの取得資格を得られるのは、プロジェクトのデジタル指名パートナー (DPOR) に指定されたパートナー様のみでした。1 月にブログ記事で述べたように、皆様からのご要望にお応えして、パートナー様の実績を評価する新しい方法を導入しました。そしてこのたび、パートナーの関連付けを通じて、お客様の同一サブスクリプションに関与している複数のパートナー様の実績を評価し、コンピテンシーを取得していただけるようにしました。   パートナーの関連付けのしくみ MDC Research と共同で実施した調査から、マイクロソフトとの提携はお客様や見込み客にとって価値がある (英語) ことが判明しています。つまり、コンピテンシー取得に大きな意味があることは明白であり、パートナー様が関連分野で重ねた実績を評価して、コンピテンシーを取得していただけるようにする必要があります。 インセンティブについてはこれまでと変わらず、デジタル指名パートナーに指定されたパートナー様のみが対象ですが、以下のソースから収集されるお客様の使用状況および消費状況のデータに基づいて、クラウド コンピテンシーに関する実績を評価するようにプロセスを変更します。   マイクロソフトの社内販売システムに記録され、現在取引中のパートナー様 代理管理の権限 (DAP): Office 365、Microsoft Intune、Enterprise Mobility Suite、Microsoft Dynamics…