コンピテンシー取得条件になっているオンラインアセスメント日本語版の一覧【5/2 更新】

Microsoft Partner Network のコンピテンシーを取得するための要件として、オンラインアセスメントが設定されている場合があります。コンピテンシーのご紹介ページの「コンピテンシー取得条件」で紹介されているオンラインアセスメントは英語になっている場合がありますが、対応する日本語版がある場合もあります。以下に、各コンピテンシー毎の取得条件の一部になっているオンラインアセスメント一覧 (日本語版、日本語がない場合は英語版)をまとめましたので、ご活用ください。(2017 年 5 月 1 日現在)   利用方法 「日本語アセスメント」からリンクがある場合はクリックして、表示される「コース案内」の一番下のセクションの「Assessment」から、「開始ボタン ()」をクリックしてアセスメントを開始してください。 ※ オンラインアセスメントオプションがあり、かつ終了予定になっているコンピテンシーではないコンピテンシーのみリストされています。 コンピテンシー 取得オプション レベル 日本語アセスメント 英語アセスメント Application Development すべて シルバー (なし) Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development (Expiring 2017/6/30) Application Integration すべて シルバー/ゴールド (なし) BizTalk Technical Competency Assessment for Application Integration (BizTalk Server 2013) Cloud Platform すべて…


Application Development コンピテンシー 取得条件変更のお知らせ【4/17 更新】

  アプリケーション開発パートナーの皆様は、Microsoft テクノロジの広範な領域にわたる革新的なソリューションをお客様に提供する重要な役割を担っています。 Application Development コンピテンシーを、適切な技術資格に基づいたものにするため、マイクロソフトではコンピテンシー要件の見直しを実施しました。そして今回の分析により、 “Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development” は、既にパートナー様やお客様のニーズを満たしていないとの判断に至りました。 そのため、Application Development コンピテンシーの Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development スキル アセスメント オプションは、2017 年 6 月 1 日に提供を終了します。   今回の変更による影響 このアセスメントを使用して Application Development コンピテンシーを取得されたパートナー様は、今回の変更により更新手続きに影響が及ぶ可能性があります。 契約終了日が 2017 年 6 月 1 日の翌日以降のパートナー様は、別の試験に合格することでスキル アセスメント要件を満たす必要があります。   現在 Application Development コンピテンシーの取得に向けて取り組まれているパートナー様は、今回の要件変更を念頭に置いた上で、コンピテンシー取得のためのステップをお選びください。Technical…


Device and Deployment コンピテンシー保有パートナー様はお早めに Windows and Device コンピテンシー取得を! 【3/30 更新】

Device and Deploymentコンピテンシーの後継として提供をしているWindows and Deviceコンピテンシーについて改めてご案内いたします。従来は Device and Deploymentコンピテンシーが取り扱いの際の要件であったデスクトップ導入計画サービス (DDPS) や各種 Windows  関連のご支援策を受け取るための要件にもなっていますので、Device and Deployment コンピテンシーをお持ちで Windows and Device コンピテンシーを未取得のパートナー様はぜひ取得してください。 取得の際に知っておくと便利な情報などは以下のビデオをご覧ください。  


【MPN】現在お持ちのコンピテンシーをご確認ください!【2/8 更新】

2016年4月にご案内をさせていただきました12のコンピテンシーの終了につきまして再度ご案内をさせていただきます。 提供終了コンピテンシーをお持ちのパートナー様におかれましては、すでにクラウド コンピテンシーへの移行をお済ませのパートナー様、また、移行に向けてご準備をいただいているパートナー様も多くいらっしゃるかと思いますが、再度、ご自身の会社で取得されているコンピテンシーをご確認いただき必要な対応をいただけますようお願いいたします。   【提供終了コンピテンシー】 Customer Relationship Management (CRM) コンピテンシー Devices and Deployment コンピテンシー Digital Advertising コンピテンシー Distributor コンピテンシー Hosting コンピテンシー Identity and Access コンピテンシー Intelligent Systems コンピテンシー Learning コンピテンシー Midmarket Solution Provider コンピテンシー OEM competency コンピテンシー Software Asset Management コンピテンシー Volume Licensing コンピテンシー 現在、上記コンピテンシーのみをお持ちのパートナー様は、現在有効なMPN契約の満了をもってネットワークメンバーとなってしまいますので、契約満了前に継続予定のコンピテンシーを取得いただけますようお願いいたします。 *ネットワークメンバーで更新した場合、コンピテンシー特典で提供している特典の利用ができなくなります。 【パートナー様向けリソース】 ◆ MPN Evolutionページ: 今回のコンピテンシー変更に関するWebサイト ◆コンピテンシー変更に関する説明動画:本変更についての説明動画 (2016年5月時点の情報) ◆ MPN Evolution コンピテンシーガイド: パートナー様のビジネスプロファイルに適した将来設計にお役立ていただけます。…


MPN関連アップデート:Dynamics 365 Plan 1社内使用ライセンス提供開始、他【1/25 更新】

  ① Dynamics 365 Plan 1社内使用ライセンス提供開始 2016年12月13日(日本時間)より、Dynamics 365 Plan 1 の社内利用ライセンスの提供が始まりました。 基本特典として提供がされておりますので、いずれかのコンピテンシーをお持ちのパートナー様は今すぐ、最新のDynamics 365 Plan 1 をご利用いただくことが可能ですので、ぜひご活用ください。 また、Cloud CRM コンピテンシーをお持ちのパートナー様におかれましては、基本特典に加えさらにコンピテンシー特典として追加ライセンスも提供されておりますので、併せてご確認ください。 ★ MAPSパートナー:Dynamics 365 Plan 1 を 5 シート提供 従来の販売実績要件が削除されましたので、MAPSパートナーの皆様もすぐにDynamics 365をお試しいただくことが可能です。   ▼ コンピテンシーパートナー様用 社内使用ライセンステーブル ▼ MAPSパートナー様用 社内使用ライセンステーブル   ビデオでの説明はこちら:     ② クラウド製品の有効化ガイドが刷新されました。 すでにご存知の方も多くいらっしゃるかと存じますが、クラウド関連製品の特典ライセンスの有効化ガイドが刷新されました。 特に、はじめて特典のソフトウェアを初めてお使いになる場合には、ぜひこちらのガイドをご確認の上作業いただけると幸いです。 ▼ Office 365 & Dynamics CRM ▼ Microsoft Azure ▼ EMS(Enterprise Mobility + Security   ③ Communications コンピテンシー要件にアセスメントが追加…


Gold Cloud Platform、Gold Cloud Productivity コンピテンシー取得パートナー様必見!新ステッカー登場【1/6 更新】

先日、本ブログで「Gold コンピテンシー ロゴステッカー」をご紹介させていただきましたが、このたび Gold Cloud Platform、Gold Cloud Productivity コンピテンシーを取得済みのパートナー様にご利用いただける新しいステッカーを制作いたしました。 コンピテンシー名称入りのステッカーと、Office 365やAzureの製品ロゴのステッカーがございます。 お客様先でデモをするPCへ貼付する等、「Gold Cloud Platform/Gold Cloud Productivity コンピテンシー」をお持ちであることをお客様へもアピールください。 今回のステッカーは、よりGoldレベルがわかりやすくなったデザインになっておりますので、ご活用いただけましたら幸いです。 ステッカーをご希望の場合は、担当営業へその旨お伝えください。    


パートナー特典のライセンスって役に立ちますか?【12/14 更新】

マイクロソフト パートナーネットワーク(MPN)では、様々な特典をパートナーの皆様へご提供しています。 なかでも、社内利用ライセンスは、マイクロソフトの多種多様なソフトウェアを無償でお使いいただける非常にコストメリットのある特典となっております。 ところが、まだまだこの特典を利用いただいていないパートナー様も多くいらっしゃることから、今回、複数のパートナー様に社内利用ライセンスの利用目的等についてヒアリングを実施いたしました。 その結果について、ご報告をさせていただきます。今回ヒアリングを実施したパートナー様は20社です。ご協力いただきましたパートナー様、どうもありがとうございました。   多くのパートナー様共通のコメントとしては「自分たちが製品を使えないと提案できない」「社内利用ライセンスがなかったら気軽に検証できない」といったものでした。 提供中の社内利用ライセンス、余すことなくお使いいただいておりますでしょうか? Silverコンピテンシーであれば、25ライセンス、Goldコンピテンシーであれば100ライセンスのOffice 365が提供されています。 Microsoft Azure、EMSといったクラウド製品をはじめ、オンプレミスの製品も含め最新のライセンスを基本特典として提供させていただいております。さらに、お持ちのコンピテンシーによって、追加ライセンスも提供されておりますので、ぜひ今すぐお使いいただくことが可能です。 お使いになっていらっしゃらないパートナー様は、損をしている気分になってきたのではないでしょうか? ぜひ今すぐパートナーダウンロードポータルよりダウンロードの上ご利用ください。 ★米国時間12/12より、基本特典に「Dynamics 365」が追加されました★ ≪関連リンク≫ 【ライセンス一覧】 ▼ コンピテンシー パートナーのライセンスの一覧 ▼ マイクロソフト  アクションパック パートナーのライセンスの一覧   【有効化ガイド】 ▼ Office 365 社内使用ライセンスの有効化ガイド ▼ Microsoft Azure 社内使用ライセンスの有効化ガイド ▼ Dynamics CRM Online 社内使用ライセンスの有効化ガイド ▼ EMS (Enterprise Mobility +Security) 社内使用ライセンスの有効化ガイド    


Gold クラウド コンピテンシーをとると良いことってありますか?【11/28 更新】

Gold クラウド コンピテンシーをとると良いことってありますか?   はい。たくさんあります。 パートナーの皆様には「クラウド コンピテンシー」の取得を推進いただいていますがSilver クラウド コンピテンシーをもっていればいいんです・・・というお話を耳にすることがあります。 本当にそうでしょうか? まず、Gold クラウド コンピテンシーを取得した際のビジネス上のメリットと、さらにSilver クラウド コンピテンシーと比較した場合のGold クラウド コンピテンシーのメリットについてもご確認ください。   従来、Gold コンピテンシーの特典というと、社内利用ライセンスの数、サポートの相談時間をご案内してまいりましたが、それに加えて、いくつか日本で独自の特典を皆様に提供を開始いたしましたので、ぜひご活用ください。   1. 4大イベントへのスポンサー要件 Gold クラウド コンピテンシーは、日本マイクロソフト主催イベントのスポンサー要件となっています。   2. Gold クラウド コンピテンシー取得済パートナー様をご紹介する専用ページを作成しました こちらのGold クラウド コンピテンシー取得済パートナーご紹介ページを様々な形で露出してまいります。先日は、こちらのサイトでもご紹介をさせていただきました。このサイトの掲載順序は、取得済のクラウド コンピテンシーおよびご登録いただいているMCPの数等を数値化して順位付けをしております。   3. イベント会場、日本マイクロソフト本社来客エリアでの露出 Gold クラウド コンピテンシーをお持ちのパートナー様をイベント会場、日本マイクロソフト本社ビル31階 来客スペース(大モニター)での露出準備も進めております。 多くのエンドユーザーの皆様にもGold クラウド コンピテンシーパートナー様をプロモーションしてまいります。 4.Gold コンピテンシーロゴステッカーの配布 新しくなったGold コンピテンシーロゴのステッカーを制作しました。併せて、Office 365やAzureの製品ロゴのステッカーも配布の準備が整いました。 お持ちのコンピテンシーの専門分野に併せて配布いたしますので、お客様先でデモをするPCへ貼付する等、Gold コンピテンシーをお持ちであることをお客様へもアピールください。 ご希望の場合は、担当営業へその旨お伝えください。 その他、各製品部との連携した取り組み等も現在計画を進めておりますので、クラウド コンピテンシー、特にGold…


この半年で取得しやすくなった「クラウド コンピテンシー」の実績要件を改めて復習しましょう!【11/7更新】

すでに多くのパートナー様に取得いただいております「クラウド コンピテンシー」。 各社のビジネスに合わせ、Office 365であれば「Cloud Productivity コンピテンシー」または「Small and Midmarket Cloud Solutions コンピテンシー」、Azureであれば「Cloud Platform コンピテンシー」、Dynamics CRMであれば「Cloud Customer Relationship Management コンピテンシー」、そして、Enterprise Mobility + Securityのビジネスには「Enterprise Mobility Management コンピテンシー」をご用意しております。   この 1 年で実績要件が緩和 各クラウドコンピテンシーでは「実績要件」が設定されており、この要件がこの一年、段階を経て緩和され、より取得しやすくなりました。 特に、Office 365を中堅、中小企業の皆さまへご提供するビジネスを支援する「Small and Midmarket Cloud Solutions コンピテンシー」につきましては、従来設定されていたシート数の要件が削除されておりますので、お客様の数のみで要件を達成することが可能です。   参考記事 2016 年 9 月のコンピテンシー取得要件変更まとめ 2015 年 10 月のクラウド コンピテンシーのパフォーマンス要件の更新の裏側を理解しよう – 要件「アクティブエンタイトルメント」の説明はこちらをご覧ください。                 実績要件―評価方法の追加 また、実際に実績を評価する項目も追加され、複数の方法で実績の数字を獲得いただくことが可能となりました。 従来は、お客様からパートナーを指名いただく「パートナー指名制度(DPOR)」のみが実績の対象でしたが、それに加え、「代理管理パートナー」の指定や販売実績についても、実績としてカウントいただくことができるようになりました。   参考記事 パートナーの関連付けを通じて、MPN クラウド コンピテンシー取得に関する実績を評価…