モノのインターネット: その可能性を探る【10/7更新】

(この記事は2018年9月12日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Internet of Things: Explore the possibilitiesの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) どこへ行っても、必ずと言っていいほど「モノのインターネット (IoT)」の話題で持ち切りです。それもそのはず、IoT によって急速にビジネス変革が進み、良い兆しが見えてきているからです。2025 年までには世界中で約 750 億台の IoT デバイス (英語) が接続されるようになるという推計もあります。


デジタル トランスフォーメーションを加速させる業務の最適化【10/3更新】

(この記事は2018年9月7日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Optimize operations to accelerate transformationの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   デジタル成熟度の高いパートナー様は、事業運営の俊敏性と効率に優れている傾向にあります。これこそ、デジタル トランスフォーメーションに成功したパートナー様が、そうでないパートナー様と比べて大きな収益と高い利益率を達成している理由の 1 つです。顧客対応のスピード アップとイノベーションを通じて、お客様にもたらす価値を高めながら、業務プロセスを継続的に改善して業績を向上させることが、オペレーショナル エクセレンスという考え方のねらいです。 世界各国の 600 社以上のパートナー様を対象に、International Data Corporation (IDC) が実施した最新の調査によると、今後 1 年間のビジネスにおける主な優先事項は、事業運営の効率化と生産性の向上にあります。『Microsoft Digital Transformation Series (マイクロソフト デジタル トランスフォーメーション シリーズ)』の第 4 弾、『Optimizing Operations (業務の最適化、英語)』では、パートナー様各社による事業運営の効率化の方法について紹介しています。


Windows Server 2008/2008 R2 および SQL Server 2008/2008 R2 の Azure への移行はお早めに【9/26更新】

(この記事は2018年8月27日にHybrid Cloud Best Practices blogに掲載された記事Act now! Migrate your customers running Windows Server and SQL Server 2008/2008 R2 to Azureの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) Windows Server 2008 R2 のサポート終了   Windows Server 2008/2008 R2 および SQL Server 2008/2008 R2 のサポート終了が迫っています。パートナー様にとっては、オンプレミス ワークロードを Azure に移行する絶好の機会です。 これを機に SQL Server および Windows Server を刷新し、最新の Azure サービスへ移行して、セキュリティやパフォーマンスの向上とイノベーションの推進を加速させましょう。


Microsoft Ignite の Immersion Zone: 盛りだくさんの企画をご紹介【9/25更新】

(この記事は2018年9月13日にMicrosoft Learning Blogに掲載された記事Microsoft Ignite Immersion Zone: So much to do and learn!の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 有益な情報を詳細に解説するさまざまなセッション、エキスパートが主導するワークショップ、最新テクノロジの体験、刺激的なデモンストレーション、実践的なハンズオン ラボ、さらには割引価格で受けられる認定試験などにより、今年の Ignite (英語) は究極のテック カンファレンスになることをお約束します。2018 年 9 月 24 ~ 28 日、オーランドにて各分野の専門家たちが一堂に会し、業界交流が行われると共に、クラウドの未来、ビジネス インテリジェンス、エンタープライズ セキュリティ、生産性といったテーマで議論を交わす場となります。


パートナーの皆様と共に推進する日本のデジタルトランスフォーメーション【9/24 更新】

  第四次産業革命 (デジタル トランスフォーメーション)により、世界のあらゆる産業がデジタル化して、世界中のあらゆる企業がデジタル企業 (ソフトウェアカンパニー)に変遷していく中、日本企業には、他国にはない特徴的な課題があります。それは、ユーザー企業内の IT エンジニアの割合が低く、IT ベンダー企業に大きく依存しているということです。


効果的で優れたカスタマー エクスペリエンスを構築するための 3 つの秘訣【8/25更新】

(この記事は2018年7月11日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事three-keys-creating-powerful-effective-customer-experienceの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   今日の市場で競争力を維持しようと急ぐあまり、多くの企業がバズ マーケティングやブランディング、イノベーションにばかり気を取られています。どれも非常に重要ではありますが、他にも必要ながら見落とされがちな要素があります。それはカスタマー エクスペリエンス (CX) です。製品やサービスの使い勝手や、自社との取引について顧客に満足してもらえなければ、どれだけ派手な宣伝を打とうと意味はありません。


FY19 最新のマイクロソフト販売エコシステムとは【8/18 更新】

※ 上記の図、および本文中の人数、数は、特に注釈がない限りいずれもマイクロソフト世界全体の数字です。 マイクロソフトの使命は、地球上のすべての人や組織がより多くを達成できるようにすることです。マイクロソフトは間接販売を主体とする企業であるので、それを可能にするのは弊社のパートナーである貴社です。マイクロソフトは貴社がより簡単に弊社の顧客にリーチできるようにしたいと考えています。 マイクロソフトには 4 段階の共同販売の仕組みがあります。この記事では、それぞれの段階の仕組みの概要を解説しつつ、将来的な拡張の方向性についてもお知らせします。


ビジネスの成功は従業員の育成から【8/9 更新】

(この記事は2018年7月26日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Business success starts with empowered employees の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     ビジネスの成功と高い収益性を実現するための原動力となるのが従業員です。そして、ビジネスの変革にはイノベーションを生み出す企業文化の確立が欠かせません。 ビジネスの変革を真に達成したパートナー様は、まず従業員と企業文化の変革から取り組んでいます。企業文化は企業にとっての魂です。ビジネスの形態がタイム アンド マテリアル (T&M) 契約のプロジェクトから年間契約のサービス提供へとシフトするにつれて、企業文化には創造性やイノベーションが求められるようになり、従業員がビジネスの成長につながる画期的なアイデアを追及できるように支援する必要性が高まっています。


カスタマー エンゲージメント モデルの変革で差別化を図る【8/5 更新】

(この記事は2018年6月28日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Stand out by disrupting the customer engagement modelの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   クラウドの利用と最新テクノロジの導入により、ビジネス上のやり取りが様変わりしつつあることを、多くのお客様がはっきりと感じています。お客様は、競合他社がエコシステム内でのブランド差別化と関係構築のために、さまざまな手法を駆使している様子を目の当たりにしているのです。


ダーク マーケティングがビジネスに与える影響【8/4 更新】

(この記事は2018年6月25日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How can dark marketing impact your business?  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   ダーク マーケティングとは マーケティング活動で他社に対して優位を保つことは、並大抵の苦労ではありません。ところが、その苦労をいっそう激増させる新たなアプローチが登場しました。 それは「ダーク マーケティング」と呼ばれ、デジタル マーケティングの世界を一変させつつあります。このアプローチについて理解し、対抗策ではなく活用策を見つけ出すことが、ブランドの成功を収めるうえでは不可欠です。 この名称はマイクロソフト パートナーの BrandTotal が考案したもので、このデジタル マーケティングの手法が他社から見えないところで行われることから「ダーク」と呼ばれています。