優れたカスタマー エクスペリエンス(CX) で差別化を図る【2/24 更新】

(この記事は2017年12月6日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Stand out from the crowd with amazing CX の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     カスタマー エクスペリエンス (CX) は、カスタマー ジャーニーの至る所で作り出されるものです。あらゆる要素が CX に含まれますが、最新の CX は顧客の頭の中を覗いて、カスタマー ジャーニーに対する「感情」を理解することに焦点を当てています。 カスタマー ジャーニー全体の満足度 (英語) は、顧客の行動を大きく左右します。Tempkin Group (英語) が実施した調査によると、CX に対する満足度が低かった顧客のうち、その企業から再び購入したのはわずか 13% でした。一方、満足度が高かった顧客は 86% の割合で再購入に至っています。  


スタートアップからグローバル パートナーまで: ISV のエンドツーエンドなエクスペリエンスを支援【2/20 更新】

(この記事は2018年2月12日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 From startup to global partner: An end-to-end experience for ISVs の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       皆様のフィードバックが形に マイクロソフトは、ISV パートナーの皆様からのフィードバックを真摯に受け止めています。起業したての小さな企業からイノベーションや拡大を考える老舗企業まで、あらゆる規模のビジネスにおいて、独自のアプリやソリューションを開発、拡張、販売し、新しいビジネス チャンスをつかむことが重要です。これを実現するために役立つ、優れたツールやリソースを求める声がこれまで多く寄せられていました。 このたび、他の大手クラウド ベンダーとは一線を画した新しいプログラム、Microsoft for Startups (英語) を開始いたします。これは、今後 2 年間で 5 億ドルを投資し、スタートアップに対して共同販売オプションを提供し、テクニカル面およびビジネス面を強力にサポートするという、大手クラウド プロバイダー初の取り組みです。


スマートワークの推進: カンバン方式【2/17 更新】

(この記事は2017年12月4日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Work smarter, not harder: The Kanban method の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   パートナー様がビジネスを構築するには、時間と労力を割き、人材を投じる必要があります。また、時代の移り変わりに伴う変化を受け入れ、適応する力も求められます。今、業界全体はクラウドへの移行が進んでいますが、そうした中、変更管理の重要性が改めて認識されています。業界をリードする企業の多くは、こうした変化に対応するためにカンバン方式を採用しています。


スマートワークの推進 :バレット ジャーナル 【2/15 更新】

(この記事は2017 年11月29日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Work smarter, not harder: the Bullet Journal の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   真の生産性は、単に忙しい状態を続けるだけで実現できるものではありません。やるべきことの意図を明確にして、効果的に遂行する必要があります。同様に、優れたクラウド ビジネスを構築するためには、多大な集中力と自制心が必要です。パートナー様がデジタル トランスフォーメーションを通じてお客様の成果達成を支援するにあたっては、デザイナーの Ryder Carroll 氏が生み出した、人気の手帳術「バレット ジャーナル (英語)」をお勧めします。


パートナー チャネルの強化 – その目的と具体策【2/8 更新】

(この記事は2017年11月17日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 The what, why, and how of channel enablement の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   皆様は、ほとんどのお客様が数種類の製品やサービスを業務に利用していることにお気付きでしょうか。お客様は常に、さまざまなアプリケーションやツールを組み合わせることで必要な機能を揃え、管理しやすく拡張しやすい統合ソリューションを実現しようとしています。これは口で言うほど簡単なことではありません。目的のアプリケーションやソリューションを寸分違わず実現することは、場合によっては「不可能ではない」でしょう。しかし、カスタムメイドの製品を作るには、開発や実装の時間とリソースが必要になるうえ、確実性と信頼性に関する問題が起こりがちです。このような問題は、リリースされたばかりの実績のないアプリケーションを採用する場合に特に顕著になります。


スマートワークの推進: 「GTD」の勧め 【2/7 更新】

(この記事は2017年11月17日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Work smarter, not harder: Getting Things Done の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   生産性の高さでは右に出る者がいない業界のリーダーたちでさえ、ビジネスが拡大するにつれて、多忙な仕事の管理に苦労することがあります。私たちは目の前のやらなくてはならない仕事をこなすのに精いっぱいで、ポートフォリオの拡充といったビジネスの重要な意思決定など、本当にやりたいことを後回しにしがちです。時間管理に行き詰まる一因は、多くの会議やメール返信などのタスクに追われるあまり、仕事が一向に終わらないと感じていることにあります。


次世代アプリの開発: Connect(); 2017 の発表【1/30 更新】

(この記事は2017年11月15日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  Building the apps of the future at Connect(); 2017 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   マイクロソフト パートナー様のすばらしいアイデアを実現する新たなテクノロジをご紹介することは、この上ない喜びです。パートナー様の画期的なソリューションには、いつも驚かされます。そのため今回も、ニューヨークで開催した Connect(); 2017 (英語) で発表されたテクノロジについてお伝えできることを非常に嬉しく思います。今回発表された新機能を活用すると、クラウドで開発作業を行うパートナー様は、さらにインテリジェントかつ革新的なアプリを開発してお客様に提供できるようになります。


注目市場に対応する新しい Azure のトレーニング リソースを追加【1/29 更新】

(この記事は2017年11月13日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  New Azure learning resources for a growing market の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) 今日のマイクロソフト パートナー様に 1 つアドバイスをするとしたら、お客様のデジタル トランスフォーメーションの推進を支援するために必要なスキルを身に付けることをお勧めします。そこで今回は、新しくなった Azure のトレーニング コースをご紹介します。より多彩な学習スタイルをサポートすることで、皆様 1 人ひとりに合った方法でスキルを向上できるようになりました。


今が決断のとき: GDPR への対応準備 【1/28更新】

(この記事は2018年1月3日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Your resolution: prepare for GDPR! の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   パートナー様が GDPR に対応していない場合、お客様にも影響が出ます 一般データ保護規則 (GDPR) の施行を 2018 年 5 月 25 日に控え、一刻も早い準備が必要となっています。IDC の試算によると、パートナー様やお客様が GDPR への準拠に取り組むにあたり、セキュリティ製品およびセキュリティ サービスの市場規模は 35 億ドルに達すると見込まれています。また、最近の調査では、GDPR への対応を最優先事項ととらえている米国企業の 75% が、準備に向けた予算として 100 万ドル以上を計上していると回答しています。一方、今年 Forrester が発表したレポート『Assess Your Data Privacy Practices with the Forrester Privacy and GDPR Maturity Model (Forrester のプライバシーおよび GDPR 成熟度モデルによるデータ プライバシー施策の評価)』には、欧州企業の予算額は組織の準備状況によるものの 10 万~数百万ユーロにも上ると書かれています。


スマートワークの推進 : ポモドーロ テクニック 【1/21 更新】

(この記事は2017年11月9日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Work smarter, not harder: The Pomodoro Technique  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   ビジネスを構築する過程では、生産性を向上させる機会が数多く生まれるものです。テクノロジ業界では、だれもが少ない労力で大きな成果を挙げることが求められていますが、これは、突き詰めて言えばスマートに働くということです。マイクロソフトは、まさにこの目標をパートナー様やお客様が達成できるように取り組んでおり、最終的な目標としてデジタル トランスフォーメーションとクラウド移行の実現を掲げています。