Microsoft クラウドプラットフォーム ニュースまとめ 2017年5月【5/24 更新】

サーバー&クラウド関連の製品やサービスの発表をお伝えする、マイクロソフト マーケティングチームの公式ブログ「Cloud and Server Product Japan Blog」およびそのソースの英語版ブログ「Cloud Platform News Bytes Blog (英語)」から、最新情報をピックアップしてご紹介します。   ≪最近の更新≫ MS クラウド ニュースまとめ – Build カンファレンスにおける発表内容つづき (2017/05/11) Azure IoT Edge の最新情報 Visual Studio Mobile Center プレビューの UWP、Push、Test Frameworks と新しいリポジトリのサポート MS クラウド ニュースまとめ – Build カンファレンスにおける発表内容 (2017/05/10) 新しい .NET/iOS/Android/JavaScript 用 Microsoft Authentication Library (MSAL) のパブリック プレビュー Azure Batch の深層学習サービスの限定プレビュー Azure Batch の…


Microsoft Build 2017 の発表まとめ【5/21 更新】

去る 5 月 10 日から 12 日までの間、米国シアトルで開発者向けイベント Microsoft Build 2017 が行われました。Day 1/Day 2で最新の クラウド プラットフォーム、開発ツール、AI、IoT、データ分析からWindows 動向まで、実に様々なことが発表され共有されました。いままで Build はずっとサンフランシスコで開催されていましたが、今年はマイクロソフトや Amazon Web Service が本社を構えていることをはじめ、Google や Facebook もオフィスを構える「クラウドシティー」と呼ばれるシアトルで開催されたことも印象的でした。 Microsoft Build 2017 でどういう内容が発表されたかについては、すでに良質のまとめ記事がいくつかありますので、この記事では新たにまとめることはせずに、最も読むべき記事の一覧、発表された重要な数字、および追加情報へのリンク集を提供することにします。   読むべき 7 本の記事 以下の記事を読んでおけば、Microsoft Build 2017 で発表された内容について、だいたいの内容を把握することができますので、まず読んでおくことをお勧めします。Day 1 はクラウドと AI、Day 2 は Windows 10 と複合現実 (Mixed Reality) が中心でした。 Build 2017 Day1 プレスリリース:マイクロソフト、開発者向けアプリ開発の新ツールを発表 Build 2017 Day2 プレスリリース:マイクロソフト、Windows…


2017年4月度 人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP10 【5/17 更新】

2017 年 4 月度の人気の MCP/MTA 試験の上位 10 試験をご紹介します。興味のある試験がございましたら、ぜひチャレンジしてみてください!また、MCP についてのまとめ記事も併せてご参照ください。   人気 MCP/MTA 試験 月間ランキング TOP 10(2017/5/15更新) 順位 (試験番号) 試験名 1位 (70-410) Windows Server 2012 のインストールおよび構成 2位 (70-533) Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 3位 (70-411) Windows Server 2012 の管理 4位 (70-697) Configuring Windows Devices (日本語) 5位 (70-347) Office 365 サービスの有効化 6位 (70-412) 高度な Windows Server 2012 の構成 7位…


意外と知らない!? マイクロソフトはオープンソースに貢献しているトップ企業のうちの1社なんです【5/14 更新】

みなさんはマイクロソフトと聞くとどういう会社を思い浮かべますか。パソコン上で動く Windows や Microsoft Office を販売している会社というイメージをまだ持っていますか?Office 365、Microsoft Azure といったクラウドサービスを始めたり、iOS や Android 上で動く Office アプリなんかも配り始めたり、最近だと、つい先週行われた Microsoft Build 2017 カンファレンスで発表された Windows 10 の次期大型アップデートで Windows と iOS、Android との垣根がさらになくなるらしい、みたいな情報をご存知かもしれません。しかし、それだけではありませんよ。 Linux に代表されるオープンソース (OSS) は、かつてはマイクロソフトの宿敵といわれていました。しかし、いまや、マイクロソフトは世界で一番オープンソースに熱心な企業かもしれません。マイクロソフトでは、オープンソースへの貢献、開発環境の提供、そして運用環境の提供を積極的に行っています。そして、マイクロソフトはなんと Linux の普及をサポートする非営利のコンソーシアムである The Linux Foundation のプラチナメンバーです。 この記事では、マイクロソフトの最近のオープンソースに対する “本気の” 取り組みについて代表的なものをまとめてみました。   直近のニュース Microsoft Build 2017 (2017/5/10~12): Azure で MySQL、PostgreSQL を PaaS として提供、Windows 10 上でUbuntu に加えて OpenSUSE および…


[mstep] 2017年5月~6月 おすすめコースご案内~Windows 10 セキュリティと管理 (セッション)、MCP 70-741 受験対策セミナー他【5/11 更新】

mstep は、マイクロソフト パートナー ネットワークへご参加のパートナー様がご利用いただける本格的なクラスルーム/オンライン トレーニングです。 お申し込みは先着順となり、定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。 mstepはMPNパートナー様の受講は無償となっておりますので、ぜひご活用ください。   ****************************************************************************************************** 5/16(火) Microsoft Operations Management Suite 基礎から応用まで <概要> このコースでは、ITPro 向けに管理スイート、Microsoft Operations Management Suite (OMS) の導入から、活用までを紹介します。   ****************************************************************************************************** 5/16(火) Windows 10 セキュリティと管理 (セッション) – Anniversary Update 対応 <概要> Windows 10 のセキュリティおよび管理に関する機能をご説明し、幾つかの機能はデモ形式でご紹介します。   ****************************************************************************************************** 5/18(木) Dynamics 365 管理系機能 概説 <概要> 本セミナーでは、Dynamics 365 Enterprise エディション Plan 1 及び その Plan…


[海外事例] 目を見張るビジネス チャンスの広がり【5/10 更新】

(この記事は海外事例: Eye-opening opportunities の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   Samba Tech、単なる支援ソリューションとしてではなく、成長促進のために Azure を活用   Gustavo Caetano 氏は Amazon Web Services に完全に満足していました――Microsoft Azure を目にするまでは。Azure のメディア テクノロジは Amazon よりも「数年進んでいる」と同氏は言います。それに加えて、Azure によってまったく新しいビジネス チャンスがもたらされることが、ソリューション移行の決め手となりました。現在では、合計 300 万米ドルの資金を調達して米国市場に進出し、年間 100% の成長率を達成しようとしています。Caetano 氏にとって Azure への移行は「人生の転機」、この一言に尽きるでしょう。   “予定外の” 成功   Caetano 氏は起業を目指していたわけではありません。ラテン アメリカ随一のオンライン ビデオ プラットフォームを実現しようと、計画を練っていたわけでもありません。マイクロソフトのテクノロジを採用するつもりだったわけでも、またここ最近のように、米国市場で躍進を遂げようと考えていたわけでもありませんでした。 それにもかかわらず、彼はそのすべてを実現してきました。今や同氏の経営する Samba Tech は、年間 100% の成長を見込むまでになっています。南北アメリカ大陸全土を網羅する一大メディア配信企業となりつつあることは、この 33 歳の起業家にとって、まったくの “予定外” であったように見えます。 どうやって、これだけのことを成し遂げたのでしょうか。このまれに見る成功の重要な要素は、彼のチャンスを見極めるずば抜けた才能と、そのチャンスを活用する能力です。そのことは、ビジネスを始めたきっかけからもうかがえます。Caetano 氏はずっと、生まれ育ったブラジルで就職するつもりでした。ところが 2005 年のある日のこと、新しい携帯電話を買った彼は何かゲームをダウンロードしようとして気付きます。選択肢がほとんどなかったのです。 大多数の人はイライラするだけでおしまいでしょう。一方、彼はそこに可能性を感じ「この問題を解決しなくては」と考えました。ブラジルのモバイル…


Microsoft Azure と Office 365 でのアプリケーション開発【5/5 更新】

(この記事は 2017 年 3 月 13 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Developing Applications on Microsoft Azure and Office 365 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     クラウド アプリケーション開発のビジネス チャンスは急速に拡大しています。先日公開されたクラウド プラクティス開発プレイブック (英語) によると、IDC は世界全体のパブリック IT クラウド サービス (SaaS、PaaS、IaaS など) の売上が 2019 年には 1,412 億米ドルに達すると予測しています。これは、IT 全体の支出総額の伸びと比較すると約 6 倍もの成長率です。今こそ、皆様のマイクロソフト関連事業にアプリケーション開発を加えて、他社のビジネスと差を付ける (英語) には絶好のタイミングです。マイクロソフトなら、皆様がアプリケーションを世に送り出せるようにお手伝いすることができます。 このたび、ISV やパートナーの皆様に向けて、Microsoft Azure および Office 365 でのアプリケーション開発に関する技術サポートを提供することになりました。このサービスでは、パートナー テクニカル サービス チームが以下のようなサポートを提供します。   Dev Chat –…


コンピテンシー取得条件になっているオンラインアセスメント日本語版の一覧【5/2 更新】

Microsoft Partner Network のコンピテンシーを取得するための要件として、オンラインアセスメントが設定されている場合があります。コンピテンシーのご紹介ページの「コンピテンシー取得条件」で紹介されているオンラインアセスメントは英語になっている場合がありますが、対応する日本語版がある場合もあります。以下に、各コンピテンシー毎の取得条件の一部になっているオンラインアセスメント一覧 (日本語版、日本語がない場合は英語版)をまとめましたので、ご活用ください。(2017 年 5 月 1 日現在)   利用方法 「日本語アセスメント」からリンクがある場合はクリックして、表示される「コース案内」の一番下のセクションの「Assessment」から、「開始ボタン ()」をクリックしてアセスメントを開始してください。 ※ オンラインアセスメントオプションがあり、かつ終了予定になっているコンピテンシーではないコンピテンシーのみリストされています。 コンピテンシー 取得オプション レベル 日本語アセスメント 英語アセスメント Application Development すべて シルバー (なし) Technical Assessment for Using Microsoft Azure for Application Development (Expiring 2017/6/30) Application Integration すべて シルバー/ゴールド (なし) BizTalk Technical Competency Assessment for Application Integration (BizTalk Server 2013) Cloud Platform すべて…


Azureのスキルを習得するなら今!無料の日本語オンラインコース11タイトルを一挙リリース【4/27 更新】

すぐそこまで迫っているクラウド活用の将来に向け、マイクロソフトは、前もってその準備ができるように支援したいと考えています。最近の IDC の調査 によると、IT 部門において、認定資格を持った従業員は平均で 15%、持たない従業員よりも収入が多いことがわかっています。スキルを備えた Azure プロフェッショナルは、雇用市場でも高い需要があります。クラウドテクノロジ関係の認定資格があれば、キャリアのステップアップ、高収入、さらにやりがいのある仕事へのチャンスが広がります。 今日、テクノロジを取り巻く環境はますます複雑さを増しており、Azure の最新スキルをすべて身に付けるのは決して容易ではありません。3 月に Azure の無料オンラインコースが英語でリリースされたことをお知らせしましたが、このたびマイクロソフトでは、Azure 関連の日本語の無料オンラインコース11タイトルをリリースいたしました。 また、あわせまして、英語版のオンラインコースなどをベースに英語で学習を進める力をつけていきたい、という方には、Facebook 上にそのためのコミュニティ「英語で Azure を勉強する会」をご用意しました。 どちらも、この機会にぜひご利用ください!   Azure日本語オンラインコースリスト(無料)   [クラウド管理]   Azure基礎 このコースでは、Azureに関する基礎知識を提供します。Azureの特徴、動作方法、提供されるサービス、最適な活用方法について学びたい人を対象としています。 Azureの紹介、すなわちAzureがどのようなものであり、サービスとしてどのように構成されているか、また、高い可用性、高いスケーラビリティ、高いセキュリティのクラウドプラットフォームであることを確実にするためにAzureがどのように動作するかについて説明します。 Azure仮想マシン、およびWindowsまたはLinux仮想マシンの展開方法について、またAzure Networkingについて、ならびにさまざまな状況で接続できる安全なネットワークを作成する方法や、さまざまなタイプのAzure Storageと、そのストレージを作成、管理、保護する方法について学習します。   AWS の専門家のための Microsoft Azure このコースでは、Azure の仮想マシン、ストレージ、仮想ネットワーク、デプロイ オプションなど、Azure インフラストラクチャ サービス (IaaS) の詳細な説明と実践的なハンズオン トレーニングが提供されます。受講者は、実践的な実地トレーニングのほかに、自分の理解レベルを測定するためのいくつかの評価チェックポイントに参加します。このトレーニングは、Amazon Web Services (AWS) で使用されている IaaS テクノロジとAzure で使用されている IaaS テクノロジを関連付けるように設計されています。   Microsoft Azure Identity…


Microsoft クラウドプラットフォーム ニュースまとめ 2017年3月~4月【4/25 更新】

サーバー&クラウド関連の製品やサービスの発表をお伝えする、マイクロソフト マーケティングチームの公式ブログ「Cloud and Server Product Japan Blog」およびそのソースの英語版ブログ「Cloud Platform News Bytes Blog (英語)」から、最新情報をピックアップしてご紹介します。   ≪最近の更新≫ Cloud Platform Release Announcements for April 19, 2017 Azure AD B2B Collaboration | GA Azure AD B2C EU availability | GA Azure Analysis Services | GA Microsoft R Server V9.1 & SQL R Services ( Python Preview) | Microsoft R Server…