Cloud and Server Product Japan Blog 最近のアップデートのご紹介【6/23 更新】

  サーバー&クラウド関連の製品やサービスの発表をお伝えする、マイクロソフト マーケティングチームの公式ブログより、最近の更新をご紹介します。 ぜひブログをブックマークして最新情報をご入手ください。   ▼ Cloud and Server Product Japan Blog はこちらから   [最近の更新] MS クラウド ニュースまとめ – Azure Kubernetes Service の一般提供 他 (2018 年 6 月 15 日) Microsoft Azure Stack の提供地域を 92 か国に拡大 スマート ビルディング、Azure IoT を基盤として構築 MS クラウド ニュースまとめ – GDPR 関連機能の一般提供 他 (2018 年 5 月 30 日) マイクロソフトが今年も Gartner…


Microsoft Build 2018 で発表されたパートナー様向けの最新情報【6/15 更新】

(この記事は2018年5月23日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Microsoft Build 2018 news and announcements for partners の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   先日開催された Microsoft Build 2018 (英語) では、パートナー様を支援する新しいツール、サービス、機能が数多く発表されました。その中でも特に注目していただきたいものをご紹介いたします。


[6/21開催: オンサイトイベント]企業価値を支える社員の「人間力」を最大化するための AI 活用塾【6/6 更新】

<開催概要> 日時:2018年6月21日(木) 13:00-15:00(12:45開場) 会場:日本マイクロソフト株式会社 品川本社 31F セミナールームA 東京都 港区 港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー   <イベント概要> ”2025 年問題” など、労働人口の減少からますます効率化を図らねばならないというジレンマと、社会情勢の不安の中でも成長を継続できるような強い組織を作るためには、極力効率化できる部分は AI など IT の力で解決し、社員は人でないと解決できないような仕事にフォーカスできるようになることが重要です。 このセッションでは、こうしたお悩みに役立つソリューションを実際に導入されたお客様がどう変わったか、実例を交えご紹介します。   ▼ アジェンダ及び参加登録はこちらから    


[オンサイトイベント 東京/大阪開催]データドリブン経営のための柔軟・高速なデータ準備 ~インテリジェント・データマネジメントの実践~【5/15 更新】

「Paxata」とクラウドサービスで実現する柔軟で高速なデータ準備のサイクルを、BIやAI/機械学習へのデータ展開のデモと共にご紹介します。 “ユーザ部門からデータ準備の依頼が増えて、データ作成が負荷になっている” “データ準備に時間が掛かって、本来やりたいBIやAI/機械学習の活用がうまく進まない。” “DWHやデータマートのデータに加え、他のデータも使いたいがアドホックに準備できない。” このような課題をインテリジェント・データマネジメントで解決し、高度なデータドリブン経営の実現をご提案します。


【ウェブ セミナー】 0 円から始める AI 活用。”人工知能パーツ” Microsoft Cognitive Services [ 概要&アップデート編 ]【5/14 更新】

“人工知能パーツ” Microsoft Cognitive Services は、人間の認知機能を (部分的に) コンピューターで代替する人工知能 (AI) を手軽に Web API 経由で利用できます。発表されて早 1年が経ち、2017 年 5 月に米国で開催された Build 2017 でも新たな API/機能が追加されて、利用できる API も 28 個となりました。 こちらのセッションでは、Cognitive Services の全体概要と代表的な API の利用方法について、新機能を含めてご紹介いたします。 Cognitive Services のより詳しい利用方法については、[ 開発&活用方法編 ] をご覧ください。   【オンデマンド内容】 •プレゼンテーション (約45分) •Q&A (約15分)   ▼ 【ウェブ セミナー】 0 円から始める AI 活用。”人工知能パーツ” Microsoft Cognitive Services [ 概要&アップデート編 ]のお申込みはこちらから  


[ウェブ セミナー]今取り組むべきロボティクスと Azure Cognitive Services【5/5 更新】

  人工知能やロボットを業務にどう活用していくか関心が高まっていますが、いざ取り組もうとすると大掛かりな話になるのでは? と心配される方もいらっしゃると思います。 このセッションでは、人工知能とロボットをどんな形でどう活用できるか紹介します。   【オンデマンド内容】 プレゼンテーション (45 分) Q&A (15 分)   ▼ 【ウェブ セミナー】今取り組むべきロボティクスと Azure Cognitive Services の視聴登録はこちらから    


パートナー ビジネスの今後: トランスフォーメーション、推進力、ビジネス チャンス 【5/2更新】

(この記事は2018年1月24日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Transformation, momentum, and unprecedented opportunity ahead for Microsoft partners の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   デジタル トランスフォーメーションが生み出す空前のビジネス チャンス 「20 兆」ドル。全世界の国内総生産の 20% 以上に相当するこの数字は、IDC が見積もった今後 5 年間のデジタル トランスフォーメーションによる経済効果です。そしてこれは、クラウド テクノロジを基盤としたビジネス イノベーションを始めようとしている企業にとって、大きなビジネス チャンスをつかめる可能性があることを意味しています。マイクロソフトは、新たなビジネス アプローチを考案し、パートナー様とのかかわり方を刷新することで、パートナー様がこの絶好のチャンスを最大限に活用できるよう支援します。


インテリジェントな手法で AI プラクティスを構築する【4/27 更新】

(この記事は2018年1月24日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 An intelligent approach to building your AI practice  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     さまざまなテクノロジを活用して、独自のソリューションを構築したりカスタマイズしたりしているパートナー様の事例は、どれも興味深いものです。その中でも特に目を引くのは、ビジネス トランスフォーメーションに AI を活用している例です。マイクロソフトの AI プラットフォーム上で構築される多くのソリューションは、ビジネスを大きく成長させるだけでなく、私たちの暮らしをより安全で、健康的で、豊かにしてくれます。


Harvard Business Review Online ~AI SHIFT~公開【3/21更新】

Harvard Business Review Onlineの特設サイト「AI SHIFT」を公開しました。 AIエリアの有識者を取材した特集記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。   日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者(CTO)兼 マイクロソフト ディベロップメント 代表取締役 社長 榊原彰 のインタビュー 「AIを自社のビジネスに生かすために経営者は何をすべきか」     日本マイクロソフト 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波のインタビュー 「みんなのAI」は企業のビジネスをどう支援するのか    


AI で私たちの生活をもっと良くする【3/15 更新】

(この記事は2017年12月13日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Making our lives better with AI  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       Microsoft AI プラットフォームと Cognitive Services が生み出す可能性は、高度な医療研究、診断、治療から、農作物の収穫量増加といった幅広い分野で私たちを魅了し続けています。コンピューターと自然な言葉でやり取りし、確率に基づいて物事を判断したり、データからソリューションを生み出せるようになってきたことで、ソフトウェア開発は大きな変化を遂げ、今では世界中の組織が AI への投資に価値を見出すようになっています。