【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 4 【1/6 更新】

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)   この記事では Azure と AWS を比較した際の 10 個の特長についてひとつひとつ見ていきます。   また、Azure の差別化ポイントをまとめたスライドをプレゼンにご利用いただけます。 プレゼンテーションテンプレート (PowerPoint 形式) はこちらからダウンロードできます。 (MPN アカウント必要)  


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 3 【2/22 更新】

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)   最も信頼性の高いクラウド Azure は、最も包括的にコンプライアンスに対応したクラウド サービスであり、50 件のコンプライアンス認定を取り揃えています。マイクロソフトの開発手法には、お客様を保護するためのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの施策が組み込まれています。お客様が利用する 18 の Azure サービスで FedRAMP (英語) のハイレベルな認定を取得するなど、米国政府機関 (英語) 向けの最も信頼できるクラウドとして評価されています。 「企業のコンプライアンスとは、わざわざお金を払って罰を受けるようなものだと思っていました。しかし当社は現在、マイクロソフト クラウドのスケーラブルな従量課金モデルのおかげで、世界水準のサービス、柔軟性、セキュリティを提供しながら、競争力を確保できています」 Dyrand Systems、マネージング ディレクター、Ed Anderson 氏


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 2 【 10/12 更新】

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)   より早く構築できる Azure の統合されたツールとサービスと実績のあるソリューションにより、あらゆるプラットフォームやデバイス向けのエンタープライズアプリ、モバイルアプリ、Web アプリ、モノのインターネット (IoT) アプリを素早く作ることができます。開発者は DevOps スキルや Windows での経験がなくても生産性を高めることができます。なぜなら、Azure は幅広いデバイス、オペレーティング システム、データベース、言語、フレームワーク、ツールをサポートしており、今の経験をそのまま活かせるからです。仮想インフラの管理が面倒ですか? Azure ではその必要がありません。一方、AWS では、いくつかの異なるサービスを統合させて管理する面倒くささがあります。 3M がモバイルアプリ開発を Azure で加速した方法を見る (英語)


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft と VMware の仮想マシン比較 【 2/6 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。)   Microsoft は競合他社と比べて、より信頼性があり、より完全なハイブリッド クラウド ビジョンを持ち、広いリーチとスケールを持ち、高い価値を提供します。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft SQL Server と Oracle のデータベース比較 【 1/30 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。)   プレミスとクラウドの両方で、ミッションクリティカルでデータ集約型の分野でも利用されている、マイクロソフトが提供しているパワフルでスケーラブル、信頼性のあるデータ プラットフォームをご覧ください。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Skype for Business と Cisco の比較 【 12/26 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) Microsoft Skype for Business は異種のソリューションの寄せ集めではない、生産性、相互運用性、そして柔軟性が高く、単純で拡張性のあるコミュニケーション インフラです。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Office 365 と OpenOffice の比較 【 12/19 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) 展開、管理、効率で高いツケを払わないようにしましょう。マイクロソフトを選択することで、使い慣れた、流れるようなエクスペリエンスを利用でき、より効率的な共同作業が可能に。成長する柔軟性を獲得できます。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Dynamics CRM と Salesforce.com の比較 【 12/12 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) マイクロソフトのセールス生産性ソリューションを活用して、素早く洞察を得て、案件をもっと生成して成約させましょう。SalesForce.com の古いユーザーインターフェイス、静的なダッシュボード、限られたライセンスアクセスモデル、高い費用では、現代の最新ツールの生産性、価値、イノベーションには及ばないのです。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 【 12/5 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) マイクロソフトは、あなたのビジネスに合うように、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッドソリューションの最適な組み合わせの自由度を提供します。Azure はお客様の既存のオンプレミスへの投資を無駄にすることなくパブリッククラウドに拡張し、インフラストラクチャまたはプラットフォームサービスを選択可能にし、お客様のニーズに合った最適なソリューションを選択する柔軟性を提供します。


【マイクロソフトを選ぶ理由】 Office 365 と Google Apps for Work の比較 【 11/28 更新】

(この記事は whymicrosoft.com の記事を一部翻訳したものです。最新情報、および追加情報については元の記事をご覧ください。) マイクロソフトのソリューションのほうが、より大きな価値、より高い柔軟性、より強固なセキュリティ、より良い管理性、より統合的なエクスペリエンスを提供することをご覧ください。Google が提供するサービスは一部の機能しか提供していませんが、マイクロソフトはお客様のビジネスに最適な Office スイートおよびグループウェアのフル機能を提供しています。