【お客様事例】Microsoft 365 の包括的な機能を駆使し、セキュリティと生産性を両立する「セキュアドPC 」を実現。NTTコミュニケーションズが業務 PC をファット クライアントに移行した理由とは?【11/24更新】


情報技術や IT デバイスの普及、発展は、大きな利便性を世にもたらしました。しかし、これは一方で企業に対して「情報保護」という悩ましい経営課題を引き起こすこととなり、情報漏洩のリスクを考慮してネット接続や業務 PC の仕様を厳しく制限する職場も少なくありません。しかしそれは、業務効率を悪化させかねない対策でもあります。

NTTコミュニケーションズは従来、情報をサーバー側で全て処理するシン クライアントを業務 PC に用いてきました。一方のセキュアドPC は、オフラインでも作業ができるファット クライアントになります。同社は、Windows 10 Enterprise が標準搭載する高度なセキュリティ機能と、Office 365をベースとするクラウドベースの業務アプリケーション、そして NTTコミュニケーションズの SOC (セキュリティオペレーションセンター) によって、シン クライアントと同等のセキュリティ水準を担保しながら、通常の PC とほぼ同じ感覚で操作できる高い利便性をもった業務環境を提供しています。

続きはこちら

 

 

 

Skip to main content