デジタル バッジの申請方法と活用すべき理由 (更新)【11/14更新】


(この記事は2018年1017日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事How to Claim Your Digital Badge—and Why (updated)の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

: Acclaim プラットフォームは現在 Credly から提供されています。

マイクロソフト認定試験に合格された方や、技術認定資格を取得された方には、デジタル バッジをご利用いただけます。マイクロソフト (mscert@microsoft.com) またはバッジ サービスを提供する Credly Acclaim プラットフォームからメールをお送りしますのでご覧ください。このメールには、Acclaim プラットフォームでアカウントを作成して、バッジを受け取るためのリンクを記載しています。メールが見当たらない場合は、Acclaim プラットフォームのサイト (英語) にアクセスし、以前にマイクロソフトに登録したメール アドレスを使用してアカウントを作成してください。

Microsoft バッジのメリットは以下のとおりです。

  • 認定資格や試験の結果を LinkedIn などのプロフェッショナル向け SNS チャネルやメールで簡単に公開できます。マイクロソフト バッジにはユーザーにリンクされた一意のメタデータが含まれるため、たとえば LinkedIn で採用担当者などがバッジを見た場合に、スキルの詳細を知ってもらえるうえ、信頼性も証明できます。自分のスキルを確実にアピールできるのです。
  • 認定資格に関連する新しい求人情報 (給与の目安も) を検索し、数回のクリック操作で応募できます。Acclaim アカウントでバッジを受け取ると、求人データを閲覧できるようになります。求人データはバッジを取得したユーザーにのみ表示されます。Acclaim プラットフォームの求人データの詳細については、こちら (英語) でご覧いただけます。

ぜひ今すぐご利用ください。

Acclaim プラットフォームで受け取れるマイクロソフト バッジの一覧は、こちらのページ (英語) をご覧ください。詳細とよくあるご質問については、デジタル バッジのページをご覧ください。バッジの対象となる実施中の試験と認定資格の一覧もご確認いただけます。既にバッジを取得した試験や認定資格が以前にデジタル バッジ プログラムの対象となっていれば、その後終了した場合でも、Acclaim プラットフォームからバッジを発行して、他のバッジと同様に他のプラットフォームやメールで共有できます。

 

 

Skip to main content