最新情報: Microsoft Partner Network の 2018 年 10月の情報まとめ【10/31 更新】

パートナー様必見の 10 月のアップデートが更新されていますのでお知らせします。お時間のある時にぜひご覧ください。 閲覧には MPN アカウントでログインが必要なものもありますのでご注意ください。   [イベント] … パートナー様向けイベント情報 [セミナー] … パートナー様向けセミナー情報 [トレーニング] … スキルアップ支援情報 [セールス] … 営業/マーケティングご担当者向け情報 [テクニカル] … 技術者向け情報 [サポート] … サポート情報 [製品] … 製品情報 [ライセンス] … ライセンスに関する情報 [プログラム] … パートナーネットワークに関する情報


Ignite 2018 において、セキュリティの強化と AI の普及推進策を発表【10/30更新】

マイクロソフトは、年次 IT イベント Ignite 2018 において、IT セキュリティ強化の重要性を訴え、多様なセキュリティ関連プログラムと製品を発表しました。その 1 つが、Microsoft 365 の顧客の環境を評価し、推奨を行うレポートカードを作成する Microsoft Secure Score です。同製品により、セキュリティ被害を 30 分の 1 にまで削減可能です。そして、Microsoft Authenticator は、パスワード不要のログインなどの機能によって安全なサインオンを実現します。また、マイクロソフトは、AI for Humanitarian Action プログラムを新たに発表し、AI へのアクセスを民主化するというコミットメントをさらに前進させました。同プログラムは、災害対策、児童の支援、難民保護、人権の尊重などの目的に AI を活用することを目指しています。  


ビジネスで信頼を得る重要性【10/29更新】

(この記事は2018年10月12日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Business runs on trustの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) ビジネス成功の基本となるのは信頼です。お客様の信頼を獲得することにより、さらに成果を上げることができます。マイクロソフトはパートナー様と協力して誠実な運用に対する取り組みを進めており、ビジネスを正しく運用し、安全でコンプライアンスに準拠したソリューションを提供することを目指しています。コンプライアンスに準拠し倫理的に企業を運用するためには、よりいっそうの努力が必要となりますが、その分以下のメリットも得られます。


【お客様事例】MRがもたらす「驚き」と「体験」が、建設現場を変える。東急建設が Microsoft HoloLens を利用して建設生産システムの変革をすすめている理由【10/28更新】

建設産業における就業者の高齢化が加速しています。2016 年度の国土交通省統計によると、その年齢構成は 55 歳以上が約 34% を占めており、29 歳以下はわずか約 11%。55 歳以上の就業者が定年退職を迎える 10 年後には、3 割以上の労働生産人口の減少が見通されているのです。 その一方で、建設投資は長い冬の時代を乗り超え、2012 年度以降の需要は上昇の兆しを見せています。東京五輪・パラリンピックを機とした一時的な建設ブームとも分析されがちですが、たとえばみずほ総合研究所が 2017 年に作成した「建設投資需要の見通し」では、公共や民間商業施設を中心に 2020 年以後も潜在的な需要が期待されることが示唆されています。投資が継続される可能性は、十分に考えられるでしょう。いま、建設産業各社には、労働供給と建設需要との間で生まれているギャップを早期に解消していくことが求められているのです。 続きはこちら        


【お客様事例】空撮映像を学習モデルとした「架空送電線画像診断システム」によって、電線の点検に要する時間を大幅削減。166 日分の目視作業を AI で効率化した東電PG の取り組み【10/27更新】

電力自由化をはじめとする「電力システム改革」が、国を挙げてすすめられています。資源エネルギー庁の 2018 年報告によれば、2016 年から 2 年間で 568 万件の世帯、事業者が新電力への切り替えを選択し、468 の事業者があらたに電力小売事業に参入しています。激しさを増す競争下において、既存の電力事業者は、サービス価値の向上なくしてプレゼンスを維持することが困難になりつつあります。 こうした状況の中、東京電力ホールディングスのグループ会社で首都圏の送配電事業を担う東京電力パワーグリッド( 以下、東電PG )は、先進技術である AI の活用に取り組んでいます。同社では、これまで 1,000 時間以上かけて目視でおこなってきた電線の点検作業を、Microsoft Azure をプラットフォームにした AI システムによって自動化。工数およびコストを大幅に削減することで、「電力の安定供給」と「託送コストの低減」といったサービスの高価値化を加速させているのです。


【お客様事例】スポーツ界の発展を通して、日本の社会全体を明るく元気に!スポーツ観戦の楽しみを大きく拡張させる映像配信サービスを、Azure 活用で実現【10/26更新】

  プロ野球のパシフィック・リーグ加盟 6 球団により設立された合弁企業であるパシフィックリーグマーケティング株式会社の使命は、「プロ野球の新しいファンを増やすこと」。この使命を果たすために、同社では 2012 年から、PC だけでなく、独自の有料動画配信サービス「パ・リーグTV」を運用してきました。そして 2018 年3 月 30 日のシーズン開幕を前にして、「パ・リーグTV」のシステム、サービスを刷新。さらに、「パ・リーグ.com」という新たな情報プラットフォームとなるアプリケーションも併せてリリースするなど、いつでも、どこでも、プロ野球をより深く楽しむことができる環境を、一気に整えています。この大きな変化を支えているのが、株式会社 EVCの提供する Bizlat であり、EVC のコンサルティングによって導入されたマイクロソフトのパブリック クラウド サービス、Microsoft Azure です。


10/31 開催! Azure CycleCloud で構成管理する HPC クラスタ [セミナー] 東京開催【10/25更新】

2018年10月31日(水) 13:00-15:00(12:45開場) 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 31F セミナールームA 東京都 港区 港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー <概要> CAE/HPCで利用されるクラスタを簡単に構成管理できるAzure CycleCloudについて、その背景からデモ実施まで、ソリューションをご紹介します。   登録はこちら        


マイクロソフト認定の取得を簡素化【10/24更新】

(この記事は2018年10月1日にMicrosoft Learning blogに掲載された記事Microsoft Certification: Simplifying the Journeyの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) マイクロソフト認定コミュニティの皆様は、認定を取得することで、習得したスキルを証明できるほか、業界での評価や就職のチャンス、採用マネージャーの関心 (と感心) が得られるなど、さまざまなメリットがあることをよくご存じかと思います。それに加え、マイクロソフト認定を取得した何万人もの方々が、その実績、トランスクリプト、資格を同僚や雇用主と共有したり、求人に応募したりしてキャリアの成功を収め、収入の増加につなげています。しかし、何にでも言えることですが、改善に終わりはありません。


【お客様事例】セキュリティに傾倒した運用方針は、かえってリス クを増やすこととなる。高生産性と強固なセキュ リティを両立すべく、Surface Pro を含むファット クライアント環境の提供を開始した日立製作所【10/23更新】

あらゆる業務 IT のフロントを担う背景から、エンドポイントは日々、セキュリティ リスクと接しています。セキュリティに対する社会的責任が高まりをみせている中、いかにしてクライアント環境をセキュアに運用するかが、事業の継続性を左右することとなります。しかし、一般的にセキュリティと業務効率とは、トレード オフの関係にあります。そして悩ましいことに、この業務効率の低下は、利便性を求めてユーザー部門が会社の許可のない IT を利用する「シャドー IT」の進行のようなあらたなセキュリティリスクを引き起こすトリガーにもなります。


お客様と共に進化するソリューションを構築【10/22更新】

(この記事は2018年9月25日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Build solutions that evolve with your customersの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) パートナー様の競合他社、パートナー、お客様は、経営戦略や市場投入戦略だけでなく、販売する製品やサービスも変革しています。インテリジェントなデジタル テクノロジとクラウドを活用すれば、パートナー様の製品やサービスと専門知識を組み合わせて、データを戦略上の資産に変え、成長機会の獲得と新しい市場の開拓を実現できるという、すばらしい価値を新たに提供できるようになります。