【ご注意】 TLS 1.0/1.1 廃止に伴う 10/31 までの Skype for Business 必須アップグレード【9/18 更新】


10/31 までの Skype for Business 必須アップグレード

 

Skype for Businessの各サービス(Skype for Business Server, Lync ServerおよびSkype for Business Online)利用に関し、TLS 1.0/1.1による接続につき2018年10月31日をもってサポート対象外になる事に伴い、TLS 1.2へ移行を促すために以下のSkype for Businessクライアントバージョン以降のクライアントを使用する旨の案内が出ています。

  • Lync 2013 (Skype for Business) デスクトップクライアント (MSI 形式またはClick to Run 形式)、Lync Basic も同様 ビルド0.5023.1000 以上
  • Skype for Business 2016 デスクトップクライアント (MSI 形式) ビルド 0.4678.1000 以上、 Skype for Business 2016 Basic も同様。
  • Skype for Business 2016 Click to Run 形式は下記の April 2018 更新プログラムが必要:
    • Monthly and Semi-Annual Targeted – ビルド16.0.9126.2152 以上
    • Semi-Annual and Deferred Channel – ビルド16.0.8431.2242 以上
  • Skype for Business on Mac 16.15 以上
  • Skype for Business for iOS または Android ビルド6.19 以上

2018年10月31日時点でTLS 1.2に対応していないクライアントを使用している場合に、2019年の早い段階で本格的に接続が出来なくなる可能性があります。当該バージョンを満たしていないクライアントを使用されているお客様へは、早期にバージョンアップを実施頂く旨お伝え頂けます様、よろしくお願いいたします。

 

詳細情報

 

Skip to main content