Japan Partner Conference 2018 Tokyo が開催されました【8/31 更新】


本日 8 月 31 日、東京赤羽橋のザ・プリンス パークタワー東京にて、FY19 のパートナーの皆様向けのキックオフイベントである Microsoft Japan Partner Conference 2018 Tokyo (以下 JPC 2018) が開催され、2,400 名を超える過去最大人数のビジネスパートナー各社の皆様にご来場いただきました。

JPC 2018 では、初めての試みとしてマイクロソフト米国本社の One Commercial Partner (OCP) コーポレートバイスプレジデントであるガブリエラ シュースターをキーノートに迎え、グローバルから見た日本におけるビジネス機会について述べた後、社長の平野より日本における Microsoft AI のモメンタムとそれにより日本の社会に貢献していくこと、続いて執行役員 常務 パートナー事業部長の高橋より、 関連するさまざまな事例をパートナー各社のご登壇とともにお知らせし、最後に西脇のデモをご覧いただきました。

 

キーノートセッションや各ブレイクアウトセッションの内容につきましては追っての記事でお伝えして行く予定です。

9/21 更新:
Japan Partner Conference 2018 関連の記事

 

また、前日の 8 月 30 日に、以下 3 つのソリューションとパートナーシップについて発表いたしました。

キーノートの中で平野から紹介されていた本年の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2018」受賞パートナーについては以下をご参照ください。

 

Microsoft Japan Partner Conference 2018 Tokyo で発表された主な数字

マイクロソフトのモメンタム

  • Azure 100%成長、CSP 225%成長、Office 365 36%成長、Dynamics 365 52%成長 (FY18)
  • FY18 の年間総売上が、初の1,000億ドル越え (1,104億ドル、前年比 14% 増)
    • コマーシャルクラウド売上高 230 億ドル (前年比 56% 増)
  • 世界に 54 の Azure リージョン (AWS+Google より多い) 、100 以上のデータセンター、数百万台のサーバーを所有し、ネットワークについては200 万km にわたる光ケーブル網も所有、1秒あたりの通信量は 72TBになる。
  • Microsoft AI
    • 物体検知精度が人間と同等に:  96%の検出率 RESNET ビジョンテスト、152 層のニューラルネットワーク (2016 年達成)
    • 音声認識精度が人間と同等に: 5.1% の誤検知率。Switchboard音声認識テスト (2017 年達成)
    • 機械読解精度が人間と同等に: 88.5% の認識率。SQuAD 読解力テスト(2018 年1月達成)
    • 機械翻訳精度が人間と同等に: 69.9% の精度。MT Research System (2018 年3月達成)
  • 日本マイクロソフトにおける数字
    • 新規に公開されたクラウドベースのビジネスアプリケーション: 865
    • 新たな領域でリリースされたソリューション: 123
    • CSP ビジネス対前年度比の売上: 392%
    • 新規に公開されたMicrosoft Azure ベースのビジネスアプリケーションが協業によって受注した案件数 : 391
    • IP Co-Sell Microsoft Azure ACV (Annual Contract Value): 350% 成長
      CSP パートナー数: 2,200 社

世界市場

  • マイクロソフトの売上 $1 に対して、パートナーは $9.64 の売上を上げている (IDC)
  • 4.5 兆ドルのデジタルトランスフォーメーション市場 (IDC by 2023)

日本市場

  • 26 兆円のデジタルトランスフォーメーション市場
  • 東京オリンピック 2020 の経済効果 3,000 億ドル、150万人の雇用機会
  • 2020 年までに、スマートデバイスは 200 億台に達し、人々は 1,5 GB/日、スマートホームは 50GB/日、自動運転車は 5TB/日、スマートオフィスは 150GB/日、スタジアムは 200TB/試合、スマートファクトリーは 1PB/日、スマートシティは 250PB/日のデータを生成するようになる。
  • AI 市場は 2020 年度には 9,000 億円を超える市場規模になる (富士キメラ)
    • 製造: 1,795 億円
    • 小売・卸売: 791 億円
    • 金融: 2,757 億円
    • 情報通信: 978 億円
    • 公共・教育: 759 億円
    • 社会インフラ: 627 億円
    • 医療・介護: 260 億円
    • その他業種: 1,064 億円

 

 

Skip to main content