【セミナー】実例で学ぶ!ここまできているデジタル時代における製造業のグローバル経営【8/29更新】


2018年9月6日(木) 13:00-15:00(12:45開場)

日本マイクロソフト株式会社 品川本社 31F セミナールームA
東京都 港区 港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/branch/sgt.aspx

 

製造業を取り巻く環境はIoTに代表されるデジタル化の波によって大きな変革期を迎えており、とりわけ海外進出を展開、計画する企業にとっては、グローバル化や業務・意思決定のスピード化、コストの最適化などが喫緊の課題となり、基幹業務システムの抜本的な見直しや新規ERPシステム導入の検討が顕著に増えています。
本セミナーでは、〝ここまできている″製造業におけるデジタル時代の経営と基幹業務システムについて、成功事例を交えながら具体的にわかりやすくご紹介していきます。

 

 

キーノートセッション:  デジタル変革時代のグローバル経営管理

デジタル技術を活用したビジネスモデルの変革、経営の高度化が進展しています。自動車メーカーはMaasプロバイダーへ、小売業はプライベートブランド品を生産するメーカーへと本業を見直し、
あらたな 領域に進出をする流れが加速しています。こうした変化に対応するための敏捷さが経営に強く求められています。
特に、人事、財務・会計などバックオフィス業務がフロント業務(営業、マーケティングなど)の変化のスピードに対応することが競争力を左右しかねません。
バックオフィス業務の敏捷さをいかにして経営に取り込むか、事例をもとに成功のポイントを解説します。

スピーカー:KPMGコンサルティング株式会社
Advanced Innovative Technology統括
パートナー  林泰弘

 

パートナー事例セッション: グローバル展開事例に見る経営に寄与するERP導入の姿とは

成長企業は、新興国市場の開拓、新市場の創造と事業組換えを実施して競争優位を実現しています。今や海外複数拠点のITを同時並行的に立ち上げ、
組み替えることは、時代の要請です。当社のグローバルシステムの導入事例を元に経営に寄与するERP導入の進め方をご紹介いたします。

スピーカー: 日立ソリューションズ
産業イノベーション事業部
グローバルSCMソリューション第1部
技師 三田村 直子

 

マイクロソフトセッション: 製造業のための使えるクラウド ERP「Microsoft Dynamics 365」

昨今、あらゆる業種や業務でクラウドサービスを活用する企業が増えていますが、とりわけ企業活動の基盤となる基幹業務 ~ ERP へクラウドを採用する動きが加速しています。
このセッションでは、「使えるクラウドERP」の導入をご検討の製造業の方々を対象に、マイクロソフトの最新クラウド ビジネス アプリケーション
「Dynamics 365 for Finance and Operations」の概要をご紹介いたします。

スピーカー:  日本マイクロソフト
Dynamicsビジネス本部
斎藤広一

 

■マイクロソフト イベント・セミナー お問い合わせ窓口
TEL: 0120-37-0196 (9:00-17:30 土日祝を除く)
※お問い合わせの際は、必ずイベント・セミナー名と開催日をお知らせください。

 

このセミナーの参加登録はこちら

 

Skip to main content