[5/29 開催:ウェビナー] データは捨てずに「そのままの形」で貯めて生かす~ビッグデータストアの選択肢「Azure Data Lake」で変わるビジネスの世界【5/19 更新】


 

本ウェブセミナーのレベルは L100です。
L100…マイクロソフトの製品群やテクノロジ群の方向性を説明し、ビジネス判断のためにテーマを理解できることを目指したレベル

 

<概要>
2020 年までに、世界をめぐるデジタルデータ量は40ZB (ゼタバイト)超にもなるといわれています。
日々増大していくデータから知見を得るためには、データの母数が多いことが重要ですが、ハードウエアの保守もデータセンターにお任せ。データをためるときはそのまま、使うときに使い方に合わせて取り出す「データ レイク」は、画像や動画などこれまでリレーショナル データベースで処理が難しかったようなデータの蓄積・分析に適したソリューションです。
このセッションでは、データレイクを利用して、どのようにビジネスに活用できるのか、そのヒントをご紹介します。

 

[ウェビナー] データは捨てずに「そのままの形」で貯めて生かす~ビッグデータストアの選択肢「Azure Data Lake」で変わるビジネスの世界 参加登録はこちらから

 

 

 

Skip to main content