究極の選択 デジタル ビジネスを変革すべきか最適化すべきか【4/20 更新】


(この記事は2018年1月8日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 To transform or optimize your digital business? That is the question.  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

 

最適化と変革、それぞれのメリット

 

最近の Gartner レポート「Digital Business Ambition: Transform or Optimize? (デジタル ビジネスの展望: 変革か最適化か、英語)」は、既存のデジタル ビジネス モデルを最適化するか、まったく新しいモデルに変革するかを検討する際に、それぞれのメリットとデメリットの比較に役立ちます。適切な方法を選択するには、まず目標を明確にしましょう。

 

  • 変革が適しているケース: 業界の破壊的イノベーションを望んでいる場合や、業界の破壊的イノベーションに適応する必要がある場合。
  • 目標: 新しい収益源、製品やサービス、ビジネス モデルを実現すること。
  • 最適化が適しているケース: 近い将来に業界の破壊的イノベーションが起こる可能性がない場合。
  • 目標: 生産性の向上、既存の収入源による収益の拡大、カスタマー エクスペリエンスの強化を通じて、既存のビジネス モデルを大幅に改善すること。

どちらの方法にもリスクが伴います。変化に消極的な企業の多くは、変革よりも最適化を選びますが、それは長期的な目で見ると最適な戦略ではない可能性があります。

 

「企業が変革を選んでも、市場や組織の準備が整っていなければ、期待どおりの成果は得られません。もちろん収益は出ます。しかし、投資に見合った成長は期待できないということです。反対に、市場や競合他社が変革を進めている状況で最適化を選んでしまうと、いつまでも周囲に後れを取ることになります」

– Gartner レポート「Digital Business Ambition: Transform or Optimize?」

 

デジタル ビジネスの展望を見極める 3 つの方法

 

変革と最適化を検討するときには、ビジネス リーダーの皆様に以下の 3 つのステップを実施していただくことをお勧めします。

 

  1. 両方の選択肢を十分に調査し、それぞれの選択肢が自社にとってどのような意味を持つかを理解します。
  2. 業界や競合他社の変革のタイミングを確認します。他の業界と比べて進化が早い方でしょうか、遅い方でしょうか。
  3. 競合状況を検討します。業界が破壊的イノベーションを迎えようとしているなら、変革が最適なアプローチです。

 

「デジタル トランスフォーメーションは新しいパラダイムを生み出し、これまでのビジネス モデルは通用しなくなってしまいました。この状況においては、最適化戦略を選んでも、競争力を維持できません。短期的には効果が見られますが、やがて負債になるでしょう」

– Gartner レポート「Digital Business Ambition: Transform or Optimize?」

 

業界の性質とテクノロジの影響の大きさによって、変革のペースは異なります。たとえば、音楽業界は何度も大きな変革を経験しています。レコード店や CD ショップはごく短期間のうちにデジタル製品のダウンロード ストアに取って代わられ、現在ではデジタル ストリーミング サービスが主流になりました。一方で、旧態依然とした状態が長らく続いている業界もあります。ホテル業界は、Airbnb というゲーム チェンジャーが登場するまで何十年も変わりませんでした。こうして見てみると、ある程度の期間は最適化が功を奏すると言えるでしょう。しかし、非常に安定した業界にも、いずれは破壊的イノベーションが訪れます。

 

選択した戦略のサポート

 

戦略を決定したら、戦略をサポートするための計画を練り、予算を策定します。これは、特に変革を選択した企業にとって重要なプロセスです。多くの場合、企業が用意したイノベーション チームの規模や予算は、デジタル トランスフォーメーションという非常に大きな転換に取り組むには不十分です。

変革という取り組みの成果を最大限に高めることを真剣に考えているならば、新しい事業部門の立ち上げ、生産力の強化、新製品の投入、合併や買収などを行う必要があります。最初から十分な情報に基づいて意思決定を下し、成功を導くために必要なリソースを投入してこそ、変革は大きな成果を生み出すのです。

マイクロソフト パートナー コミュニティのページ (英語) をご覧になり、皆様のビジネスの変革にお役立てください。

 

 

Skip to main content