SQL Server on Linux 事例~移行キャンペーン継続中【3/3 更新】


SQL Server on Linux の日本市場

SQL Server は RDBMS として、Windows 上での RDBMS シェアの過半数をマイクロソフトが占めていますが、Linux に関しては今まで非対応であったこともあり、Linux 分野においては複数の大手ベンダー企業で占められているのが現状です。

SQL Server on Linux 導入事例:株式会社ポイントラグ

既に SQL Server on Linux を採用頂いたお客様の事例として、株式会社ポイントラグ様の基幹システムにおいて採用頂きました。Microsoft Azure 上での SQL Server on Linux の構築となり、システムの拡張性、初期導入コスト及び運用管理の標準化などが、お客様による SQL Server on Linux/Azure 採用のポイントと伺っております。SQL Server のデータプラットフォームの観点で、Linux や Apache というオープンソースを得意とするパートナー企業様に SQL Server で構築・検証等を頂いたのは非常に大きな意味があります。

 

SQL Server on Linux 導入を検討されるお客様向けキャンペーン

日本マイクロソフトでは、SQL Server on Linux を対応可能なパートナー企業様との協業を加速してまいります。既に展開をしておりますマイクロソフト及びレッドハット株式会社様のサブスクリプションライセンスのディスカウントの他に、日本ヒューレット・パッカード株式会社様及び Attunity 社の日本代理店の株式会社インサイトテクノロジー様からも SQL Server on Linux 導入に関する協業キャンペーンを発表頂きました。導入コストを抑えることが出来る魅力的なキャンペーン内容になっておりますので、是非弊社営業及びコールセンターの ”SQL Direct” にお問い合わせください。

 

詳細は以下の記事をご覧ください。

▼ 日本マイクロソフト、SQL Server on Linux への取り組み

 

 

 

関連項目

 

 

Skip to main content