トランスフォーメーションの文化を育む方法【2/27 更新】

(この記事は2017年12月7日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 How to develop a culture of transformation の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     柔軟な姿勢でデジタル トランスフォーメーションに臨めば、イノベーションとビジネス チャンスを新たに切り拓くことができます。しかし、ビジネスを真に変革するには、まず自社の文化を変革する必要があります。デジタル リテラシーや新しいスキルは必須ですが、継続的かつ迅速なイノベーションを支える文化も同じくらい重要です。


Azure Antenna のご紹介~渋谷 ヒカリエ 8F で平日開催中【2/26 更新】

開発者の創造性を支援する発信基地~クラウドのワークショップや操作して体験するハンズオン等を平日毎日開催 いまヒカリエの8Fが熱い! 誰でも気軽に立ち寄れるオープンなイベントスペースの一角に、Azure のワークショップをはじめ、Surface Hub、Surface Studio や HoloLens などの最新デバイスやソリューションを体験できる発信基地が昨年 11 月末からオープンしています。平日午前中は Azure 利用の無料相談窓口を開催、平日午後は日替りでワークショップ、ハンズオン、もくもく会、ソリューション クラウド化相談会等を実施予定です。最新のデバイスに実際に触りながらアプリケーション開発も体験いただけます。またアイディアソン、ハッカソン、アプリケーション開発コンテスト等も実施予定です。  


[無料ダウンロード] 小売業のためのファクトシート(e-book)【2/25 更新】

優れたカスタマー エクスペリエンスの提供は、すべての小売企業にとって最大の関心事です。顧客は、オンライン ストアや実店舗を訪れるとき、一貫性の高い統合されたエクスペリエンスをシームレスに得られることを期待しています。どのようなスタイルでショッピングしている顧客に対しても、購入サイクルにおいてスムーズで満足度の高いエクスペリエンスを提供することは、重大な差別化要因となります。 Dynamics 365 for Finance and Operations の小売機能は、顧客がいつどのデバイスからでもショッピングできる環境作りに取り組んでいる小売企業にとって、きわめて有効なソリューションです。   ▼「 小売業のためのファクトシート」のダウンロードはこちらから  


優れたカスタマー エクスペリエンス(CX) で差別化を図る【2/24 更新】

(この記事は2017年12月6日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Stand out from the crowd with amazing CX の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     カスタマー エクスペリエンス (CX) は、カスタマー ジャーニーの至る所で作り出されるものです。あらゆる要素が CX に含まれますが、最新の CX は顧客の頭の中を覗いて、カスタマー ジャーニーに対する「感情」を理解することに焦点を当てています。 カスタマー ジャーニー全体の満足度 (英語) は、顧客の行動を大きく左右します。Tempkin Group (英語) が実施した調査によると、CX に対する満足度が低かった顧客のうち、その企業から再び購入したのはわずか 13% でした。一方、満足度が高かった顧客は 86% の割合で再購入に至っています。  


[無料ダウンロード] 新しいテクノロジをプロフェッショナルに展開する(e-book)【2/22 更新】

  Surface の導入で実現する 4 つのメリット 新たなハードウェアを導入するにあたっては、さまざまな疑問を解消しなければなりません。たとえば、既存のテクノロジと簡単に統合できるのか、エンド ユーザーが使い慣れるまでの時間をどうすれば短縮できるのか、ユーザーとデータの安全性を確保できるのか、などです。しかし、おそらく最も重要なのは、展開にどれだけ時間がかかり、どれだけ難しいことなのか、ではないでしょうか? Gartner 社によると、Windows 10 デバイスへの移行にかかるコストは他のオペレーティング システムよりも大幅に少なく、Windows 10 が 155 ~ 242 ドルであるのに対し、他のオペレーティング システムでは 256 ~ 445 ドルにもなると言います。


SAP on Azure クラウドワークショップ(パートナー様向け)のご案内 【2/21更新】

このたび、SAP on Azure パートナー様の技術者向けに協業ビジネスを一層推進すべく、下記の日程でクラウドワークショップを開催する運びとなりました。 グローバル ブラックベルト(GBB) アジア タイムゾーン SAP テクノロジーのメンバーによる1日のコースで、Azureインフラストラクチャ基礎からSAP をクラウド上に実装する上で必要となる知識、検討すべき制約と対応方法、SAP on Azureの具体的なアーキテクチャまで、深くご理解頂きSAPのクラウド化プロジェクトを進めるために必要なスキルを習得いただきます。


スタートアップからグローバル パートナーまで: ISV のエンドツーエンドなエクスペリエンスを支援【2/20 更新】

(この記事は2018年2月12日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 From startup to global partner: An end-to-end experience for ISVs の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)       皆様のフィードバックが形に マイクロソフトは、ISV パートナーの皆様からのフィードバックを真摯に受け止めています。起業したての小さな企業からイノベーションや拡大を考える老舗企業まで、あらゆる規模のビジネスにおいて、独自のアプリやソリューションを開発、拡張、販売し、新しいビジネス チャンスをつかむことが重要です。これを実現するために役立つ、優れたツールやリソースを求める声がこれまで多く寄せられていました。 このたび、他の大手クラウド ベンダーとは一線を画した新しいプログラム、Microsoft for Startups を開始いたします。これは、今後 2 年間で 5 億ドルを投資し、スタートアップに対して共同販売オプションを提供し、テクニカル面およびビジネス面を強力にサポートするという、大手クラウド プロバイダー初の取り組みです。