【重要】2018 年 1 月 2 日より Azure IaaS 仮想マシンのメンテナンス期間が開始【12/26 更新】


Azure IaaS 仮想マシンの計画メンテナンスが近日予定されており、事前のお知らせとなります。

2018 年 1 月 9 日から Azure プラットフォームのホスト メンテナンスが予定されており、これによってお客様の仮想マシンが再起動されます。計画メンテナンスの正式な通知は、年初にサブスクリプションに設定されているサービス管理者、共同管理者への電子メールのほか、Azure Monitor を使って設定をいただいている各メール アドレスに対して行われます。

お使いの仮想マシンにメンテナンスが実施される際には、そのホスト環境がアップデートされる間に仮想マシンが再起動され、再起動中は仮想マシンをご利用いただけなくなります。この処理は通常数分間で完了いたします。可用性セットまたはスケールセットとして構成されている仮想マシンについては、Azure は更新ドメインを一つずつ順番に更新いたしますので、お客様の環境への影響は限定的にとどめられます。また、OS ディスク領域および一時ディスク領域の内容はメンテナンス後も保持されます。また、リージョン ペアも意識され、再起動スケジュール中にリージョン ペア上の VM が同時に再起動されないような制御が Azure データセンター内部にて行われます。

 

▼ さらなる詳細を Azure Technical Support Engineer ブログで見る

 

※ 更新 2017/12/27

Azureデータセンターにてセルフサービス期間をなるべく長く用意させていただくべく、尽力させていただきました結果、セルフサービス期間は日本時間の12/28 午前 9 時より開始し、予定通り 1/9 午後 9:00 までを設けさせていただくこととなりました。正式な開始通知メールは 12/28 に送信される予定です。

告知いたしました予定をもとに計画いただいているお客様におかれましても、当初の告知どおりの 1 月 2 日 ~ 1 月 9 日の期間はセルフサービス期間となることが確定しましたので、ご検討の一助となりましたら幸いです。

 

Skip to main content