日本マイクロソフトの「AI for Media」への取り組み~最新パートナーソリューション を 国際放送機器展Inter BEE 2017 で紹介~ 【11/13 更新】


 

マイクロソフトは、お客様のデジタルトランスフォーメーションを推進するために、クラウドプラットフォームであるMicrosoft Azureを通じて様々な機能やサービスを提供してまいりました。メディア業界においても、オリンピックやワールドカップなど大きな国際イベント等でメディア配信機能であるAzure Media Servicesの利活用が進んでいます。国内では、クラウド化の流れと共にメディア市場におけるAzureの活用が加速しつつあります。この背景としてAzureが提供するAI (人工知能) 機能に対する期待感の高まりがあります。

 

 

メディアとAI のテクノロジーを融合させた「AI for Media」

_Windows 登場以来、マイクロソフトはメディア テクノロジーの可能性を信じ、近年はマルチデバイス環境の拡大に対応するため、MPEG-DASHなどHTML5を中心とした業界標準の策定とその普及を行ってまいりました。「AI for Media」 はそのメディア とAIのテクノロジーを融合させることで、映像業界の長年の課題解決と新しいビジネス創造に活用していこうとする取り組みです。AIで映像解析を行う事で、映像からメタデータと、別の映像を作り出します。一体これがどういう価値をもたらすのでしょうか?

_動画の管理においてメタデータの収集と管理は非常に重要です。動画は、それだけで検索する事が難しいため、メタデータを入力する必要があります。動画には時間軸があるため、多くの現場では、人が見て、手入力でメタデータ入力を行っています。また画と音は情報量も膨大であるため、必要な情報の欠落が起こりやすいのが現状です。また、動画の数が増えるほど、動画の編集者あるいはエンドユーザーである視聴者が見たい動画まで、いかに簡単に辿りやすくするのか、という課題が発生します。リコメンデーションエンジンでそれを解決したいのですが、そのエンジンも同じく質の良いメタデータが無いと期待した通り機能しません。

_マイクロソフト のAIソリューション は、動画から 映っているモノ・人・音声(字幕) ・翻訳・感情分析などをタイムコード付きの テキスト として抽出します。テキストであることで、検索精度が飛躍的に向上し、例えば公開禁止用語の検出など、コンプライアンス対策にも有効となります。またマイクロソフト のAIソリューションでは、映像のラフカット編集や、プライバシー/コンプライアンス上最低限必要なモザイク処理などの映像編集を自動的に同時並行で行うことも可能となり、映像制作のプロセス自身も大きく変わっていく可能性を秘めています。

_ただ、これまでこういった映像コンテンツ制作を支援するテクノロジー企業はそう多くありませんでした。そこで日本マイクロソフトは、今まで動画のエンコード・配信・マネタイズのための視聴分析と様々なメディア関連のソリューションを提供していたパートナー企業様と連携を強化し、下記の通り、マイクロソフトの AI を活用した新しいソリューションを次々にリリースいただいています。どのソリューションも、AI を活用し、メディア業界における新たな価値をユーザー企業様に提供するものです。
(※掲載順は五十音順となっています。)

 

 

「AI for Media 」パートナーソリューションのご紹介

株式会社エム・データ様
TV 番組や CM に含まれる映像や音声から AI が解析した結果を、人のノウハウで補完することにより、理想的なアウトプットとコスト バランスを兼ね備えたソリューションの共同実証実験「A Ideal (エイ・アイデアル) プロジェクト (仮称)」をスタートしました。
ニュース リリース:http://mdata.tv/release/20171109.html
企業ページ:http://mdata.tv

 

株式会社ユニゾンシステムズ様
クラウドでも動作するアセット管理システムにAI機能を追加いたします。Microsoft Cognitive Services を利用することで、すべての映像素材から人物、感情、テキスト、オブジェクトなどを AI が自動的に抽出し、解析することで、メタデータを充実させ、検索性も飛躍的に向上させたアセット管理を実現します。
ニュース リリース:https://www.unixon.co.jp/20171110
製品ページ:https://www.unixon.co.jp/products/joinview/

 

株式会社Jストリーム様
Microsoft Azure 上の動画配信技術「Azure Media Services」を活用した、フルクラウド (SaaS 型) の動画配信プラットフォームを提供します。動画のアップロード から、変換・配信までを、はじめて利用する方でも戸惑うことなく簡単な操作でライブとオンデマンド双方の形式での映像配信を行えます。さらに AI による Media Analytics を活用し、手軽にメタデータ付加価値 (字幕、ぼかし、手振れ補正、ビデオ要約、タイムラプス) をつけられる機能を搭載しています。
ニュース リリース:https://www.stream.co.jp/company/news/press/2017/11/13/5133/
企業ページ:https://www.stream.co.jp/company/

 

 

 

国際放送機器展 Inter BEE 2017 における日本マイクロソフトとパートナー企業様のブース出展について

2017 年 11 月 15 から 17 日にかけて幕張メッセで開催される国際放送機器展 Inter BEE 2017( URL: www.inter-bee.com/ja/ )では、マイクロソフトブースにてMicrosoft Azure の AI 機能である Cognitive Servicesやメディア関連の事例をデモやセッションを交えてご紹介いたします。また、マイクロソフトの AI を活用した下記パートナー企業様のソリューションも併せて展示いたします。是非会場にお越しいただき、「 AI for Media 」をご体感ください。
(※掲載順は五十音順となっています。)

 

<マイクロソフト ブースにて共同出展予定のパートナー企業様>
プレスリリースを出された、株式会社エム・データ様、株式会社ユニゾンシステムズ様、株式会社Jストリーム様の他に下記パートナー様が出展され、それぞれのソリューションを紹介します。

 

株式会社EVC様
動画管理システム「Bizlat」とMicrosoft Azureを組み合わせたクラウド型動画管理・配信サービス「Bizlat on Azure」を展示・紹介予定です。Bizlat on Azureは、AI技術を活用した次世代の視聴体験を提供します。導入事例として、フジテレビジョン様のDREAM FACTORY (ドリファク) があります。
製品ページ:https://www.evc.jp/service/bizlat_vod_azure.html

 

deltatre様
スポーツに特化し、マルチストリーム映像やデーター、ソーシャルメディア等を組み合わせたビデオプラットフォーム「DIVA」を展示・紹介予定です。
製品ページ:http://www.deltatre.com/2017/09/deltatres-ott-live-streaming-solutions/

 

Ooyala様
OOYALA FLEX のメディア・ロジスティクス・プラットフォームに Cognitive Services の機能を連動することで、動画からメタデータを抽出する部分を自動化し、編集環境と効率化を実現します。
製品ページ:http://www.ooyala.com/products/media-logistics

 

<パートナー様自身でブース出展>

アビッド テクノロジー株式会社様
プロフェッショナル向けの映像制作ソリューションであるMedia Composer、そして、新しく刷新されたMedia Centralは、メディアの検索や閲覧から、ログ作成、編集、検証、承認、配信など、効率的なメディア制作に欠かせない機能を提供します。Microsoft Cognitive Services との統合によって、AI によるコンテンツのメタデータの自動作成とデータベースへの登録が行われ、メディア活用のシナリオが大幅に広がります。
ニュース リリース:http://www.avid.com/press-room/2017/09/next-generation-mediacentral
製品ページ:http://www.avid.com/products/mediacentral

 

株式会社ネクストスケープ様
Microsoft の DRM である Microsoft PlayReady を含む主要 DRM すべてに対応した「Multi DRM Kit」を展示・紹介予定です。「Multi DRM Kit」は、既存の動画配信システムに大きな変更を加えることなく、主要ブラウザや各種デバイスへのセキュアな動画配信を短期間かつ低コストで実現できます。
製品ページ:https://www.nextscape.net/solutions/multiDRM

 

 

■ 関連情報

Cognitive Servicesとは
Microsoft Cognitive Services は、数行のコードを追加するだけで、あなたのアプリケーションに人間の自然なコミュニケーション手段である「見る、聞く、話す、理解する、ニーズを解釈する」といった、認知的な (Cognitive) 機能を追加することが可能です。マイクロソフトが人工知能のコア機能となる部分を管理しているため、短い作業期間で高品質な人工知能を活用したアプリやマーケティング施策をリリースいただくことが可能です。またこの機能は、デバイスや iOS、Android、Windows といったプラットフォームを問わず機能し、マイクロソフトの人工知能のプロフェッショナル達によって継続的に改善されているため、常に最新かつ最善の機能を利用することができます。
詳細はこちら:https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/

 

Azure Media Servicesとは
Azure Media Services はクラウド ベースの動画配信プラットフォームです。スケーラブルな動画メディアの配信・管理が可能です。Media Services は、各種クライアント (TV、PC、モバイル デバイスなど) へのオンデマンドとライブ ストリーミングでの配信が可能で、配信されるビデオやオーディオ コンテンツの安全なアップロード、格納、エンコード、パッケージ化も可能です。
詳細はこちら:https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/media-services/

 

 

 

Skip to main content