IoT の実践: 未来はすぐそこに~ 2018 年 1 月開催の IoT In Action Tokyo イベントのご案内【11/23 更新】

(この記事は2017年10月4日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 IoT in Action: The future is now  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     デジタル トランスフォーメーションのメリットとして特に注目したいのが、IoT (モノのインターネット) です。企業がビジネスの刷新に乗り出す中、IoT は大きなビジネス チャンスとなっています。マイクロソフトでは、IoT テクノロジに関心のあるパートナー様を対象に「IoT in Action」と題したイベントを各地で開催しています。東京では 2018年1月25日~26日に開催されますので、ぜひ登録 してご参加ください。   IoT が企業にもたらす 4 つのメリット この注目のテクノロジは、具体的にどのような変革を企業にもたらしているのでしょうか。この記事では、マイクロソフトの IoT によって、業界を問わず、企業の成長や発展を可能にする 4 つの方法をご紹介します。    


クラウド移行の成果を最大限に高める方法【11/22 更新】

(この記事は2017年10月10日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Get the most out of your cloud migration の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     前回の記事 では、マイクロソフトの IT 部門がクラウド移行に取り組む中で、その戦略が数回にわたって進化した経緯と、最終的にはハイブリッドのアプローチが功を奏した理由についてお伝えしました。   移行の結果、マイクロソフトではアプリケーション開発の迅速化、運用効率の向上、コスト削減を達成できましたが、そうした成果は 1 つひとつのケースで異なり、一定のトレードオフを伴います。マイクロソフトにおけるクラウド移行の取り組みを紹介するビデオ シリーズ「Expedition Cloud」から着想を得て、私もマイクロソフトの戦略の中から効率化、簡素化、コスト削減に関するヒントをいくつかご紹介したいと思います。  


Microsoft x AI の最新情報を入手~みんなの AI ブログのご紹介【11/21 更新】

テレビや新聞、インターネットなどで毎日のように報道されている人工知能 (AI) に関連するデバイス、ロボット、サービス、スピーカーなど、人工知能についてのことが身近になってきている今日この頃です。マイクロソフトもこの流れに一役買っており、さまざまな企業やパートナー、または学会と一緒に人工知能に関するサービス、デバイス、研究を行っています。


Windows 10 S から Windows 10 Pro への無料移行期間を 2018 年 3 月 31 日まで延長【11/20 更新】

  日本マイクロソフトは、安全性と優れたパフォーマンスを追求したセキュアな OS、 Windows 10 S を Windows 10 Pro に無料で移行いただける期間を延長し、2018 年 3 月 31 日までといたしました。Windows 10 S をご利用中の方で Windows ストア で取扱いがないアプリケーションが必要な場合には Widows 10 Pro に移行していただくことで、インストールが可能です。   ▼ 詳細はこちらから    


パートナー マーケティング センター人気コンテンツランキング 2017 年 5 月~10 月【11/19 更新】

マイクロソフトのパートナー マーケティング センターでは、パートナー様向けに、カスタマイズ可能なマーケティング資料と潜在顧客獲得サービスを提供しており、収益の増加、顧客層の拡大、時間の節約にお役立ていただけます。 以下は 2017 年 5~10 月の人気資料です。無償トレーニング「mstep」の資料が多く上位に入っていますが、その他のキャンペーン資料や説明資料も多数アップロードされていますので、ぜひご利用ください。ご利用は無償です。(資料のダウンロードには MPN アカウントでのサインインが必要なものがあります)


ランサムウェアの遭遇率が最も低いのは日本: 最新マイクロソフト セキュリティ インテリジェント レポートから【11/18 更新】

マイクロソフトでは、年に 2 回「セキュリティ インテリジェント レポート」を発行し、ソフトウェアの脆弱性、エクスプロイト、マルウェア、そして、ウェブベースの攻撃を中心とした、世界の脅威の現状に関する詳細なデータと洞察を提供しています。最新版では、エンドポイントとクラウドの両面における脅威のデータを分析し、100 カ国以上の市場のプロファイリングを行いました。   ▼ 詳細はこちらから  


マイクロソフトのマーケティング リソースを活用【11/17 更新】

(この記事は2017 年10 月3日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  Lean on Microsoft marketing resources の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   マイクロソフトが提供している情報の中から、必要なときに必要な情報を探し出すのは、パートナーの皆様でも手間取ることがあるでしょう。便利なリソースをマイクロソフトの Web サイト上で見つけたとしても、次回訪問したときにはアクセスできなくなっているというケースもあります (社内の私たちにさえ、ときどき同じ事態が発生します)。マイクロソフトはこうした状況を改善してほしいというご要望を受け、提供するリソースの整理と合理化に努めています。 ビジネス成長を遂げるためのアプローチを模索しているなら、マイクロソフトのリソースがきっと参考になります。今回は、マーケティング活動を構築するうえで簡単に見つけてご利用いただける有用なリソースをご紹介します。


マイクロソフトの IT 部門のクラウド移行から得た 3 つの教訓【11/16 更新】

(この記事は2017 年 10 月 3 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Three lessons learned from Microsoft IT’s cloud migration の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     マイクロソフトがクラウド移行を進める中で、IT 部門は移行を成功させるための課題と戦略について、さまざまなことを学びました。社内で定めた「First and Best (最初から最高の結果を出す)」ルールは、マイクロソフトのすべてのリリースは最初からエンタープライズ環境に展開してテストしなくてはならないという信念を示したもので、パートナー様とお客様の両方にとって貴重な教訓となります。 この移行の第一歩として、クラウド戦略チームが結成されました。このチームの任務は、分析とテストの段階を主導し、新しいクラウド アプリやサービスを展開するためのアーキテクチャとガイダンスを構築することです。このチームが始動してほどなく、私たちは独自のクラウド移行戦略を進化させる必要がある (英語) ことに気付きました。


Microsoft パートナーセンターとは【11/15 更新】

マイクロソフトでは、パートナー様のビジネス拡大のご支援を行うために様々なツールを提供していますが、これらをより使いやすくし、かつリード管理など洗練された最新ツールを提供するため、すべてのツールを1か所にまとめた「パートナーセンター」の提供を 2015 年より順次始めています。(CSP参加パートナー様より始まり、最終的にすべてのツールが集約される予定です) 新しいパートナー エクスペリエンスでは、クラウド ソリューション プロバイダー プログラム、紹介、インセンティブ、特典、メンバーシップ管理を統合プラットフォームで実施できるようになり、エンドツーエンドの管理がマイクロソフト エコシステム全体で効率化されます。パートナー センターの目的は、パートナー様のビジネス管理を簡素化することにあります。 この記事では現在、または今後マイクロソフトからパートナー様に対してサインアップをお願いするパートナーセンターについての全体像をご説明します。


Surface Hub の新しい販売パートナー制度「Surface Hub 取次リセラー」を開始 【11/14 更新】

Surface Hub をより多くのお客様にお届けできるよう、日本マイクロソフトは Surface Hub 認定ディストリビューターであるシネックスインフォテック株式会社と連携し、新たな販売パートナー制度「Surface Hub 取次リセラー」を通じた販売を開始しております。 新たな「Surface Hub 取次リセラー」を通じて、ファシリティや設計関連企業、SI パートナー、特定業種に特化したパートナーなど、多種多様なパートナー企業を募集し、今後1年以内に約 40 社まで販売パートナーを増やす計画です。   ▼ 詳細はこちら