10/20開催!Red Hat Forum Tokyo 2017 にて、Red Hat on Azure をアップデート【10/2 更新】


10 月 20 日に東京で開催される Red Hat Forum Tokyo 2017 にて、Red Hat on Azure のアップデート行います。セッションと展示がいくつか行われます。Red Hat on Azure の事例やソリューションの紹介も予定しております。満席まであとわずかなセッションもございますので、お早めにお申し込みをお待ちしています。

 

[ブレイクアウトセッション]

16:55-17:35 CT6: OpenShift on Azure – DevOpsを制約から解き放とう –

■ セッション概要

Red Hat OpenShift Container Platformを利用することでコンテナベースのDevOpsの効率化が図れる一方で、オンプレミス環境ではハードウェアの制約を受けてしまいます。OpenShiftMicrosoft Azure上で利用すれば、必要な時に必要なリソースを瞬時に割り当て、サービスの開発から提供に至るライフサイクルを短時間で回し、従業員や顧客の満足度を飛躍的に向上出来ます。本講演ではOpenShift on Azureの構築や顧客事例などをご紹介いたします。

■ こんな方にお勧め

Azure、RHELOpenShiftDevOpsContainerDockerKubernetes、マイクロサービスに取り組む方。

■ スピーカー

日本マイクロソフト株式会社 グローバルブラックベルトセールス部 OSS Japan Tech Lead 藤田 稜

 

 

[ミニシアター]

15:40-16:00 デジタルトランスフォーメーションを実現する Red Hat on Azure ソリューション

■ スピーカー

日本マイクロソフト株式会社 OSS戦略担当部長 新井 真一郎

 

 

[展示]

デジタルトランスフォーメーション実行基盤 “Microsoft + Open Source” デジタルの活用の幅が急速に広がった今、企業の皆様にとって、自社の顧客や取引先との関わり方、エンゲージメントを多角的に深めることが急務となっています。マイクロソフトではこのデジタルトランスフォーメーションへ一緒に取り組ませていただくクラウドプラットフォームとして、AIIoT、オープンソースをフル活用いただける Microsoft Azure をご提供しています。 今回のRed Hat Forumでは、その中でもデジタルトランスフォーメーションをクイックに進められるDevOpsの実行プラットフォームとして、Red Hat OpenShift on AzureRed Hat Ansible Tower on Azure の事例や活用施策をご紹介いたします。

 

 

 

Skip to main content