Microsoft Inspire での経験を実践に活かす 3 つの方法【9/23 更新】


(この記事は2017 年8 月11 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 3 Ways to Put Your Microsoft Inspire Experience into Practice の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   7月に開催された Microsoft Inspire (英語) は、大盛況のうちに幕を閉じました。コミュニティ メンバーの皆様が絶えずサポートしてくださるおかげで、この業界で最も活気のあるパートナー様向けイベントを今年も成功裡に終えることができました。改めて皆様に感謝申し上げます。 Microsoft Inspire の興奮が落ち着いてきたところで、多くのパートナー様から今回の経験をどのように活かせばよいかというご質問が寄せられています。学んだことを踏まえ、新しい人脈を通じて、長期的なビジネスの成功につなげるにはどうしたらよいでしょうか。 今回の記事では、イベントでの経験を最大限に活かし、ビジネスの実践に取り入れ、Microsoft Inspire の ROI を高める方法をいくつかご紹介します。  

人脈を広げる

Microsoft Inspire のようなイベントの最大のメリットは、他のパートナー様やマイクロソフト エキスパートとのつながりを構築できることです。しかし、単に名刺を配って回っただけでは不十分です。新たに生まれたつながりをイベント終了後もフォローアップして、このチャンスを維持する必要があります。見込み客やビジネス パートナーと知り合ったら、後日連絡を取り、自分のことを再度アピールすると共に、協力して優れた成果を挙げられることを伝えます。 まずは、LinkedIn を活用しましょう。ソーシャル ネットワークでつながると、自分や会社のプロフィール、市場に関する専門知識といった情報をアクセスしやすい形で提示できます。その後で、相手の連絡先を入手している場合はメールや電話で連絡を取ります。Microsoft Inspire のような一大イベントの後は、関係が疎遠になったり潜在顧客が減少したりすることも珍しくありません。せっかく手に入れたチャンスを有効活用するために、フォローアップを怠らないようにしましょう。

「Microsoft Inspire のようなイベントでビジネスの話をしたい相手を見つけたら、後日必ず LinkedIn でつながり、フォローアップ メールを送って、Skype 通話の約束を取り付けるようにしています」 – Accelerator AB、Per Werngren 氏

 

新しいリソースを活用する

Microsoft Inspire では、いくつかの重大な発表がありました。それらがマイクロソフト パートナー エコシステムにおけるビジネスのあり方に大きく影響することは間違いありません。今回発表された Microsoft 365、One Commercial Partner、GDPR に関連する新たなビジネス チャンスはどれも重要であり、パートナー様にとってはマイクロソフト、お客様、その他のパートナー様との関わり方に影響します。

「マイクロソフトの元社員として、またパートナー エコシステムに長年携わってきたパートナー アドボケイトとして、パートナーを重視する姿勢が再び前面に押し出されたことをたいへん嬉しく思います。今回の変更はとても意義深いもので、来年度のマイクロソフトとのパートナーシップや取引の方法が大幅に強化されます。しかし、何事も実際に体験してみなければわかりません。大きな意味のある変更だけに、ロールアウトされるまでしばらく楽しみに待ちたいと思います。それまで、私を含めたパートナー インフルエンサーは、これらの変更による影響を他のパートナー様が理解できるように支援し、スムーズに対応できるようにサポートすることが重要であると考えます」 – Pulsant、Stuart Nielsen-Marsh 氏

  常に最新情報を把握できるように、公開されているリソースをいち早く活用することをお勧めします。以下にその一部をご紹介します。

 

来年のイベントに向けて準備する

気が早いようにも思われますが、マイクロソフト最大のパートナー様向けイベントを最大限に活用するためには、できるだけ早くから来年のイベントに向けて計画を立てることが大切だというご意見をよく耳にします。つまり、早期に登録を済ませ、予算とリソースの計画を立て、来年のイベントで出会うビジネス チャンスに対して戦略を練ることが重要です。

「余裕を持って参加したいセッションを探し、厳選しましょう。特定のトピックに絞り込んでしまうと、参加した各セッションで何度も同じ情報を耳にすることになります。ですから、1 つのトピックの中でも取捨選択が必要です。また、同じ業界の人々とつながる時間も確保することをお勧めします。そうすれば、さまざまな人物や企業と有益なつながりを作ることができます。Microsoft Inspire は情報収集の場だけでなく、人々とつながる場でもあるのです」 – Open Line、Emile Stam 氏

  2018 年の Microsoft Inspire は、7 月 15 日から 7 月 19 日までネバダ州ラスベガスで開催されます。全日入場パスは 1,995 ドルでご購入いただけます。ぜひ今回の経験を活かして、来年も Microsoft Inspire にご参加ください。            

Skip to main content