最新情報: Microsoft Partner Network の 2017 年 9 月の情報まとめ【9/30 更新】

パートナー様必見の 9 月のアップデートが更新されていますのでお知らせします。お時間のある時にぜひご覧ください。 閲覧には MPN アカウントでログインが必要なものもありますのでご注意ください。   [イベント] … パートナー様向けイベント情報 [セミナー] … パートナー様向けセミナー情報 [トレーニング] … スキルアップ支援情報 [セールス] … 営業/マーケティングご担当者向け情報 [テクニカル] … 技術者向け情報 [サポート] … サポート情報 [製品] … 製品情報 [ライセンス] … ライセンスに関する情報 [プログラム] … パートナーネットワークに関する情報   9 月 [ニュース]テレキューブコンソーシアムへの参加について [ニュース]スチールケースと日本マイクロソフトが、働き方改革の推進に向けて協業 [ニュース]レノボ・ジャパンと日本マイクロソフト、Windows 10 搭載デバイスとクラウドによる多層的なセキュリティ ソリューションを展開 [ニュース]情報満載!「働き方改革 情報ポータル サイト」のご紹介 [イベント]Japan Partner Conference 2017 Tokyo セッション資料・動画公開! [イベント]2017/5/26開催の「Microsoft Japan Surface Event」 映像公開中…


【10/5 開催】日本Cassandra Community 主催イベントのご案内【9/29 更新】

  NoSQL データシステム「Cassandra」とマイクロソフト Microsoft Azure では、既に稼働している仮想マシンの3分の1がLinuxであり、いま新たにプロビジョニングされる仮想マシンは約半分がLinuxになっています。このLinux 仮想マシンで利用されている人気のオープンソースの1つとして、非構造データを扱うデータベースであるCassandraがあります。Cassandraは、NETFLIXやWalmart、UBS、macy’sなどのグローバル企業が利用している他、日本でもトライトゥルー様が空間検索エンジンのバックエンドデータベースとして Microsoft Azure 上で利用されてきました。 今日では、IoTのバックエンドデータベース、Customer 360やパーソナライゼーションといったデジタルマーケティングのバックエンドデータベースなど、企業がデジタルトランスフォーメーションに取り組む際に不可欠なオープンソースとなっています。マイクロソフトが提供している Office 365の新機能 ”MyAnalytics” のバックエンドシステムにおいてもCassandraが利用されており、毎秒40万件もの大量のデータベースへの書き込み処理を Microsoft Azure上で実行することで、MyAnalytics サービスのご提供を実現しています。


Azure CSP のドキュメント公開【9/28 更新】

  このたび、Azure の技術資料の一部として Azure CSP のドキュメントが公開されました。このドキュメントにアクセスするには、こちらの URL をご利用ください(英語)。 Azure CSP のドキュメントでは、以下に挙げるような、パートナーの皆様から特にお問い合わせが多い Cloud Solution Partner モデルにおける Azure 固有の質問にお答えします。


モダン マーケティングの世界におけるプロセスの変革【9/27 更新】

(この記事は 2017 年 8 月 7 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Transforming Processes in the World of Modern Marketing  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   マイクロソフトのパートナー企業 Mogrify のディレクターという立場から、この記事では重要かつ参考になるパートナーシップの成功事例をご紹介します。 オーストラリアに拠点を置く Bistech は、自社のマーケティング活動をより良い形に発展させたいと考えていました。同社は従来、単発のマーケティング キャンペーンを数多く実施するという戦術的なマーケティング アプローチに取り組んできました。こうしたキャンペーンは一定数のリード創出につながってはいたものの、同社が目指していたのは長期的に持続可能な成果です。そこで Bistech は、多くのパートナー企業の皆様がよくご存じのような、既存のマーケティング アプローチの完全な見直しに着手します。同社はこの取り組みのなかで、購買担当者によるテクノロジの調査方法や調達方法が根本的に変化していること、自社のマーケティング活動もこうした変化に合わせて再構成する必要があることを理解したのです。


顧客のクラウド移行のロードマップを作成する【9/26 更新】

(この記事は 2017 年 8 月 9日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Map Your Customer’s Journey to the Cloud の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   先日、Barry Briggs と私が共同執筆した『エンタープライズ クラウド戦略 (英語)』の第二版が公開されました。この無料の電子ブックは、これまでに何百社もの IT 環境と、そのクラウド移行プロセスを支援してきた経験をまとめたものです。この電子ブックでは、「どのように何から手を付ければよいのか」、「アプリケーション ポートフォリオのクラウド移行計画を立てるにはどうすればよいのか」、「移行による自社への影響はどのようなものか」といった一般的な疑問に答えながら、エンタープライズ ポートフォリオをクラウドに移行するにあたり、各 IT 部門が採用したアプローチ、戦略、ベスト プラクティス、プロセスを紹介しています。


次世代の CMO が果たすべき 5 つの重要な役割【9/25 更新】

(この記事は 2017 年 8 月 8 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  5 Key Roles for the CMO of Tomorrow の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   現在、マーケティングの分野では劇的な変化が起こっています。顧客の影響力がこれまで以上に強大になり、従来のマーケティング手法に頼っても顧客にリーチできなくなったことを各ブランドが認識しつつあるのです。 こうした変化のなか、企業の CMO は自社のマーケティング チームを統率し、この新たな未知の領域を切り拓いていくという、とてつもない重責を担っています。Deloitte の調査 (英語) によれば、CMO の 80% が要求の高まりを感じており、82% が個人的に新しいスキルを習得する必要があると考えています。 こうした背景を踏まえ、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でマーケティング学のクリニカル プロフェッサーを務める Mohanbir Sawhney 教授は、マーケティングの展望に関する最新のホワイトペーパー (英語) の中で、これからの CMO が果たすべき新しい役割について説明しています。


9月25日(月)夜、米国 Microsoft Ignite イベントの日本語解説付きライブ配信!【9/24 更新】

Microsoft Ignite は、IT リーダーとIT プロフェッショナルが、ビジネスを推進するために役立つ最新のマイクロソフトテクノロジーを学ぶための5 日間のカンファレンスで、今年は9月25日~29日(現地時間)にフロリダ オーランドで開催されます。 このMicrosoft Igniteの基調講演を、日本マイクロソフトのエバンジェリストやMVPの皆様による日本語の解説付きでライブ中継いたします。ぜひこのイベントにご参加ください。   ・日時 9月25日(月) 22:00~25:00 ・キャスト 井上 大輔(日本マイクロソフト㈱ デベロッパー エバンジェリズム統括本部 テクニカルエバンジェリスト) 佐藤 直生(日本マイクロソフト㈱ パートナー技術統括本部 テクニカルエバンジェリスト) 春日井 良隆(日本マイクロソフト㈱ Windows & デバイス ビジネス本部) 冨永 晶子(日本マイクロソフト㈱ クラウド&エンタープライズビジネス本部) 安東 沙織(MVP for Azure) 鈴木 可奈(MVP for Azure) 松本 典子(MVP for Azure) *キャストにつきましては、予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。  


Microsoft Inspire での経験を実践に活かす 3 つの方法【9/23 更新】

(この記事は2017 年8 月11 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 3 Ways to Put Your Microsoft Inspire Experience into Practice の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   7月に開催された Microsoft Inspire (英語) は、大盛況のうちに幕を閉じました。コミュニティ メンバーの皆様が絶えずサポートしてくださるおかげで、この業界で最も活気のあるパートナー様向けイベントを今年も成功裡に終えることができました。改めて皆様に感謝申し上げます。 Microsoft Inspire の興奮が落ち着いてきたところで、多くのパートナー様から今回の経験をどのように活かせばよいかというご質問が寄せられています。学んだことを踏まえ、新しい人脈を通じて、長期的なビジネスの成功につなげるにはどうしたらよいでしょうか。 今回の記事では、イベントでの経験を最大限に活かし、ビジネスの実践に取り入れ、Microsoft Inspire の ROI を高める方法をいくつかご紹介します。  


[無料ダウンロード] リモートワーカーの 6 つの一般的なタイプと、そのサポート方法【9/22 更新】

  リモートで働く社員には多種多様なニーズがあります。出張に出かけていたり、複数の場所で働いていたり、タイム ゾーンをまたいで移動している可能性もあります。 この e-Book では、以下の概要を説明します。 リモートワーカーの 6 つのタイプについて確認する リモートでのコラボレーションやその他のチーム連携を実現するツールを提供する セキュリティで保護された適応性のあるインフラストラクチャで、さまざまなリモートワーカーのチームをサポートする   ▼ e-bookの無料ダウンロードはこちらから  


Tech Summit 2017 続々セッション情報、公開中! (早期申込割引 10/13 まで) 【9/21 更新】

AI や Mixed Reality など目覚ましい進化により、私たちのライフ スタイルに新しい変化が生まれようとしています。それは同時にビジネスにおける新しい変化をも意味します。 これらを支えるクラウドやデータ プラットフォームに求められるものとは何か!? 80 以上のセッションの中にその答えやヒントが見つけられるはずです!   ▼ Tech Summit 2017のセッション情報はこちら ▼ Tech Summit 2017 の参加申込みはこちらから