次世代のインテリジェントなアプリとサービスを作る【7/17 更新】


(この記事は 2017 年 6 月 7 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Building the Next Generation of Intelligent Apps and Services の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

 

ソフトウェアは驚くような形で世界を変え続けており、開発者たちがその変化の中心を担っています。私にとっては、パートナー様がマイクロソフトの最新テクノロジを利用してお客様のために新しい製品やソリューションを開発しているようすを拝見するのが、いつも楽しみです。

 

開発者の皆様は今まさに、デジタル トランスフォーメーションの真っ只中にいます。そしてパートナー様は Microsoft Inspire (英語) などのイベントに参加することで、そうした画期的な最新テクノロジを活用して、最先端のインテリジェントなクラウド アプリや、シンプルなエンドツーエンドの DevOps エクスペリエンス、これまで想像もできなかったような AI を組み込んだアプリ (英語) など、さまざまなものを生み出す方法を学ぶことができます。

 

マイクロソフト パートナー様が成果を拡大中

実際に大きな成果を上げているマイクロソフト パートナー様として、Mirabeau (英語) をご紹介します。アムステルダムを拠点とする同社は、可能な限り優れたユーザー エクスペリエンスを実現するための戦略、デザイン、DevOps、インサイトを兼ね備えた企業です。適切なビジュアルを採用し、直観的なテクノロジを駆使し、将来を見据えた高い適応性を身に付けることで、デジタル トランスフォーメーションを推し進めています。私は Mirabeau がどのようにマイクロソフトとパートナーシップを結び、Microsoft Cognitive Services を活用してオランダのトランサヴィア航空のチャットボットを開発したかについて、同社のクライアント マネージャーを務める Peter Bakker 氏からお話を伺いました。

 

 

業界で独自のポジションを確立するには

Mirabeau にとっては優れたアイデアと実行力こそがすべてだと Bakker 氏は話します。「すばらしいアイデアを完璧に実行すること、専門知識を活かすこと、エンド ユーザーに寄り添った視点から世界を見ることを大切にしています。お客様に代わって最高のアイデアからソリューションを開発し、最短期間で市場に投入しているのです。Cognizant Digital Business の一員になったことで、サービスの幅が広がり、グローバルに事業を拡大できました」

 

お客様を知り、その課題に最適なソリューションを提供するには

Mirabeau のお客様は世界各国の大手企業です。競争力を維持するためには、お客様に寄り添う必要があります。刻々と変化するデジタルの世界で競合企業よりも常に一歩先を行こうとするなら、最新のテクノロジが欠かせません。そこで Mirabeau は、さまざまな専門分野にわたる「アジャイル」というチームを編成し、テクノロジの進歩とニーズの変化にすばやく対応できるように取り組んでいます。

トランサヴィア航空はエールフランス‐KLM グループの独立企業で、ヨーロッパでも有数の格安航空会社として知られています。トランサヴィア航空は顧客向けにチャット アプリを提供していましたが、顧客の使用パターンに大きな変化が生じていました。そんなとき休暇旅行に出ていた 1 人の幹部が、このアプリをベースとして、単なるヒューマン インターフェイスにとどまらない、新しいサービスを作り出す必要があると思い立ちました。こうしてチャットボットが誕生したのです。

 

ソリューションや製品を生み出すきっかけとは

Bakker 氏は次のように語っています。「デジタル メディアは非常に速いペースで開発されており、衰える兆しはありません。チャットは一般的なコミュニケーション手段 (英語) として、モバイル ユーザーの間に急速に浸透しています。会話型インターフェイスによって、顧客は WhatsApp や Facebook Messenger といったメッセンジャー プラットフォーム上から企業と直接やり取りすることができます。有名なシリコンバレーのベンチャーキャピタルである KPCB は、これまでの常識をくつがえすような進歩になるだろうと予測しています」

 

「Mirabeau の提案を初めて聞いたとき、すぐに気に入りました。チャットボットが次の大きな波を起こすことは私たちの目にも明らかでしたが、その流れに乗じてトランサヴィアのお客様に真の付加価値を提供するための方法を教えてくれたのです」

- トランサヴィア航空、イノベーション リード、Ines Verburgh 氏

 

変わりゆく産業界の今、そして未来

企業は顧客に寄り添わなければならない、Bakker 氏はそう考えます。最新テクノロジを駆使しつつ、個人と向き合うことが不可欠です。顧客 1 人ひとりと有意義な関係を築き、継続的に対話を重ねていく必要があります。そして何よりも、企業は顧客に約束したことを果たなければなりません。

「将来、デジタルは完全に個々のユーザーに寄り添ったものになるでしょう。そこで生き残れるのは、顧客についてきちんと理解し、そのニーズに応えられる企業だけです。Mirabeau はそうした企業を目指すことで業績を伸ばしてきました。当社は Web サイトやモバイル、ボット、機械学習、IoT、そしてオフライン チャネルなど、どのチャネルを経由するカスタマー ジャーニーであっても、隅々まで安全性を確保しています」(Bakker 氏)

 

次にアプローチを変えるとしたら

Bakker 氏によると、Mirabeau が Microsoft Cognitive Services の Language Understanding Intelligent Service を導入した当初、同サービスではまだオランダ語の追加サポートに向けて取り組んでいるところだったため、まず英語での会話に活用することにしました。「Mirabeau とトランサヴィア航空に寄せられたユーザーのご意見から、オランダ語での会話に対応することの重要性を強く認識しました。ちょうど最近 Language Understanding (Intelligent Service) でオランダ語がサポートされたので、トランサヴィア航空のチャットボットはオランダ語でもスムーズにやり取りできるようになりました。現在はさらに他のお客様向けにもチャットボットの開発を進めており、数か月後には運用が開始される予定です」(Bakker 氏)

 

このように Mirabeau では、次世代のインテリジェント アプリを開発したことで、カスタマー エクスペリエンスに革命をもたらしており、大いに刺激をもらえる事例だと思います。今後も、Microsoft Azure を活用してテクノロジとビジネスの未来を形作っていくパートナー様の事例をご紹介していく予定です。次回をお楽しみに。

 

皆様はどのようにマイクロソフトとパートナーシップを結び、お客様のための新しいテクノロジを開発していますか。また、今後はマイクロソフトとどのようなパートナーシップを築いていきたいですか。ぜひご意見をお寄せください。

 

 

Skip to main content