Microsoft de:code 2017 まとめ【6/13 更新】


 

日本マイクロソフトが 5 23 () 24 () に開催した、IT エンジニア向けイベント「de:code 2017」では、Kinect や HoloLens の父 アレックス・キップマンや、Build を機にディベロッパー エバンジェリズムから Microsoft AI & Research に転籍したスティーブ・グッケンハイマーが来日し、複合現実 (Mixed Reality、MR) と人工知能 (AI) 特に深層学習 (Deep Learning) が大きな 2 つのテーマとなりました。

de:code 2017 の Keynote では、マイクロソフトがすでに Bing や Office 365 などの製品の中にもふんだんに取り込んで利用している人工知能を、開発者が如何に使ってビジネスの世界で人工知能を利用していくかを大きく取り上げています。Build でも取り上げられた PowerPoint Translator のデモ、女子高生 Bot のりんなの新しいキャラ「りんお」で Bot の性格を変更するデモ、そして Preferred Networks との深層学習についてのグローバルな提携について触れられました。

続いて HoloLens のパートでは、22,000 人以上の開発者によって 7 万コンテンツが既に作成され、550 万時間起動されていること、そして HoloLens は世界のどこよりも日本が一番盛り上がっていることが紹介されました。事例として、医療分野で手術への応用を勧める HoloEyes 社や日本の小柳建設の例が紹介され、今後の MR の方向性やビジョンが解説されました。

より詳しい情報については、Keynote が動画として公開されていたり、関連記事が多数出ていますので、興味のあるところを掘り下げてご覧いただくことをお勧めします。

 

より詳細な情報

以下に主な記事やニュースをまとめました。

 

以下が日本マイクロソフトおよびパートナー様からのプレスリリースです。

 

ビデオ

日本語なので安心です。英語の部分は通訳付きです。

その他のビデオ

 

de:code 2017 見どころ解説動画、中継動画

 

セッション資料 @ Slide Share (6/14 追加!)

セッション資料が SlideShare に公開されました。 (一部非公開)

 

 

関連記事

 

 

Skip to main content