マイクロソフトクラウドで成功するためのビジネスモデル考察まとめ【6/12 更新】


クラウド ビジネスモデルの収益性に関する考察

 

企業がクラウドの世界で儲かるビジネスを行おうとしたときに、従来の IT 市場で成り立っていた単純な「再販 (リセール)」は、今後差別化が難しくなり利益率が低下していくため、企業は何らかの継続的な付加価値、つまり「マネージド サービス (運用管理)」や「知的財産のサービス化」(クラウド プラクティス) を実装する必要が出てきます。

どういう業種、どういう顧客セグメントでどういった種類のクラウド プラクティスが作られているか、それらがどのような仕組みで実装されているか、そしてどれくらいの期間で利益を出しているか、など、マイクロソフトでは多くのパートナー企業の例を調査したものをホワイトペーパーとして公開しています。

この記事では、様々な場所に掲載されているクラウド ビジネスモデル関連のドキュメントや調査を一か所にまとめてみました。クラウド プラクティスを実装する際に参考になれば幸いです。

また、あわせて、タグ「ビジネスモデル」で連載されているブログ記事や、パートナー マーケティング センターの「クラウドパートナー施策」キャンペーン資料もあわせてご覧ください。

 

クラウドビジネス一般論

 

Microsoft Azure でクラウド プラクティス構築

 

調査

 

 

 

 

Skip to main content