ハイブリッド クラウドとマネージド サービスの時代: 451 Research による最新調査【5/12 更新】


(この記事は  2017 年  3  月 21  日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 The Era of Hybrid Cloud and Managed Services: New 451 Research Study の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

azizbenmalekab

 

本日マイクロソフトは、毎年開催している Microsoft Cloud and Hosting Summit (英語) において、451 Research に委託して実施した最新調査のサマリー レポート「Digital Transformation Opportunity for Service Providers: Beyond Infrastructure (デジタル変革がもたらすサービス プロバイダーのビジネス チャンス: インフラストラクチャのその先 (英語))」を公開しました。この調査では、お客様の次なるデジタル変革 (英語) を支援するにあたって、マイクロソフトのクラウド パートナー様にもたらされるハイブリッド クラウド展開とマネージド サービスに関する大きなビジネス チャンスが明らかになりました。

 

「変革に向けたマネージド サービスとハイブリッド展開の実装サービスを、信頼できるアドバイザー 1 社にまとめて依頼したいと考えるお客様が、これまで以上に増えています。お客様が望んでいるのは、IT 環境だけでなく、ビジネス全体に変革をもたらしてくれるサービス プロバイダーです。業務を妨げることなく、既存のアーキテクチャを刷新し、新しいニーズに対応してもらいたいと考えているのです」

– 451 Research、バイス プレジデント、Melanie Posey 氏

 

マイクロソフトのクラウド エコシステムとマネージド サービス プロバイダー (MSP) のパートナー様は、お客様のビジネス目標の達成に欠かせないマネージド サービスや機能を提供できる独自の地位を確立しています。

 

 

ハイブリッド展開と管理をサポートするサービス プロバイダーの役割

ガートナー (英語) の調査によると、2020 年までにハイブリッド (英語) がクラウドの最も一般的な利用形態となることが見込まれます。ただしそのためには、パブリック クラウドが全体的な戦略の一部に組み込まれる必要があります。デジタル変革の取り組みが進展する中、約 90% のお客様がサービス プロバイダーに高額の追加料金を払ってでも、ハイブリッド クラウド環境の展開と管理をサポートしてもらいたいと考えています。

また、同調査で最も多くのハイブリッド クラウド ユーザーに支持された IaaS プラットフォームは、3 年連続で Microsoft Azure という結果になりました。マイクロソフトは、数万社のパートナー様と共同で、ハイブリッド サービスだけでなく、クラウド サービスの包括的なポートフォリオを提供しています。この 5 年間、ホスティングおよびマネージド サービスの分野は 2 桁成長を続けており、その勢いは衰える気配を見せません。

 

「インフラストラクチャのその先」のビジネス チャンス

2016 年度の調査 (英語) では初めて、デジタル インフラストラクチャを採用している企業が物理インフラストラクチャを上回りました。この傾向は、今年度のお客様の回答にも表れており、サービス プロバイダーのビジネス チャンスが拡大していることを示しています。実際に「インフラストラクチャのその先」を目指す取り組みが続く中で、2017 年にはホスティングおよびクラウド関連の支出の 74% をサービスが占め、2016 年の 71% から増加する見込みです。

 

マネージド サービスの時代: 新たなスタンダード

調査対象企業の半数が、将来的なデジタル変革の取り組みにおいて、サービス プロバイダーの存在は欠かせないと考えています。さらに、そのうち 60% の企業が、現在の支出の 2 倍の費用がかかるとしても、デジタル変革に関連する調達、展開、管理のすべてのニーズに対応できる単一のソリューションを信頼できるアドバイザーから提供してもらいたいと答えています。

また、今回の調査では、ホスティングおよびクラウド インフラストラクチャへの支出の 62% に付加価値サービスが含まれるという結果になり、今後のホスティングおよびクラウド インフラストラクチャの契約についての予測では、この割合が 84% に増加しています。パートナー様はお客様とのやり取りを包括的に担当することで、顧客維持率の向上や競合他社との差別化を図れるような付加価値サービスを構築できます。

 

将来的なデジタル変革の取り組みにおける主なビジネス チャンス

垂直市場別の調査結果によると、今後 1 年間のデジタル変革の取り組みにおいて注目すべきビジネス チャンスの到来が期待されるのは、金融サービス、小売、医療業界です。

短期的には、バックアップと復元、障害復旧、サイト保護、アーカイブなど、データやサイトの保護に関連する包括的なサービスがお客様から必要とされます。これらの分野はすべて、2016 年から 2017 年にかけて計画されているものも含め、利用量が大幅に成長しています。

長期的には、クラウドおよびホスティング インフラストラクチャ環境の継続的な運用、管理、サポートを支援する次のような「スタック実行型」のサービスが、より戦略的な取り組みになります。

  • エンドツーエンドのアプリケーション管理
  • プロアクティブなキャパシティ プランニング
  • 電話での 24 時間 365 日体制の有料サポート
  • インシデント管理と修復
  • インフラストラクチャおよびアプリケーションの監視と通知

皆様は、既にクラウド サービスやマネージド サービスを展開していますか。お客様のビジネス成長を促し、パートナー様の成果にもつながる、この新しいビジネス チャンスについて、どのようにお考えでしょうか。ぜひご意見をお聞かせください。

 

ハイブリッドは順調に定着しつつあり、サービス プロバイダーにとってこれまで以上に大きなビジネス チャンスが広がっていることは明らかです。お客様やお客様のデジタル変革の取り組みにメリットをもたらすソリューションやサービスを提供しているパートナー様は、ぜひマイクロソフト パートナー ネットワークにご参加ください。Azure のビジネス チャンスを最大限に活かす方法や、クラウド ビジネスを新たなレベルへ引き上げる方法については、マイクロソフトが作成した包括的なクラウド プラクティス構築プレイブック (英語) をご覧ください。

 

 

 

Skip to main content