クラウド アプリケーション開発のビジネス チャンスをつかむ【4/29 更新】


(この記事は 2017 年 3 月 14 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Capturing the Cloud Application Development Opportunity の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

eduardo-kassner-author-block

 

クラウド プラクティス構築プレイブックの新シリーズの公開に伴い、クラウド アプリケーション開発におけるビジネス チャンスについてのインサイトや調査結果をさらにご紹介したいと思います。特にこの記事では、あらゆる開発者、あらゆるプラットフォーム向けのオープンで包括的なソリューションを使用してパートナーの皆様が次世代のインテリジェント アプリを開発する方法について取り上げます。

企業は続々とクラウドへの投資に乗り出しており、世界のクラウド サービスへの支出額は 22.1% の年平均成長率 (CAGR) で拡大し、2017 年には 1,072 億ドルに達すると予測されています。開発者は、IaaS や SaaS よりも PaaS での構築作業によって大きな利益を得ています。IDC が発行した世界におけるパブリック クラウド サービスへの支出についてのレポート (英語) の最新版によると、PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) は IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) や SaaS (サービスとしてのソフトウェア) よりもかなり速いペースで成長し、今後 5 年間の CAGR は 30.6% にのぼる見込みです。また「DevOps による迅速なアプリケーション開発やモバイル アプリ開発の面で、多くの企業が PaaS を重視している」とも書かれています。

さらに、あらゆる規模の企業の意思決定者の過半数 (59%) が、クラウド ベースのソフトウェアやアプリケーションは、ビジネス目標を達成するうえで今後 5 年間の最も重要な投資対象になると予想しています。

 

0429

こうしたビジネス チャンスについて十分にご理解いただけるように、マイクロソフトはパートナー様向けにクラウド アプリケーション開発プレイブック (英語) という新しい資料を作成しました。このプレイブックでは、お客様のデジタル変革を支援するうえで役に立つ調査結果やガイダンスを提供しています。また、アプリケーション開発、DevOps、デジタル メディアの無限の可能性についても説明しています。

 

DevOps のビジネス チャンス

DevOps でビジネス チャンスが広がることは明らかです。最新の調査によると、クラウド アプリケーションとその開発は、パートナー様が取り扱う業務の 53% を占めており、そのうちの 33% が 2 年以内に立ち上げられたものです。

長期的に利益を生み出すビジネスを実現するためには、自動化とオーケストレーションによって Azure 関連の業務を順調に進めることがきわめて重要です。定型的な作業を自動化できれば、配信コストを抑えたり優れた SLA を提供したりできるため、効率化やリピート客の確保といった好循環が生まれます。自動化は、コスト、信頼性、速度、市場投入までの期間の最適なバランスを実現するうえで鍵となります。また、自動化により Azure のコストを最適化し、さまざまなリソース要件を持つワークロードの信頼性を向上させることができるため、お客様にも大きなメリットを提供できます。ビジネスの自動化を進めることで効率化とコスト削減が可能になり、収益性が向上します。

 

0429-1

 

マイクロソフトの主要サービスを活用する

クラウド アプリケーション開発プロジェクトでよく使用される Microsoft Azure サービスとしては、SQL Database、Web Apps、Azure Active Directory、API Apps、Mobile Apps などがあります。

クラウド アプリケーション開発を行う企業では、特に以下のようなサービスが広く展開されています。

  • プロジェクト サービス: カスタム アプリケーション開発、概念実証、システム統合
  • マネージド サービス: アプリケーションのライフサイクル管理とサポート、アプリケーションのサポート/ヘルプ デスク、構成管理
  • 知的財産サービス: 業界に特化したワークフロー、ユーザー向けセルフサービス ポータル、業界に特化した機能

お客様の課題を評価する際には、DevOps で自動化をサポートしながら、構成管理システムの提供、自動化のコストの削減、業界特有のワークフローを考慮した統合管理プランを提供できます。

 

 

トレーニングとエクスペリエンス

0429-3

 

効果的なクラウド アプリケーション開発プラクティスを実現するために必要なスキルや経験を分析した結果、パートナー様の成功には経験豊富なスタッフが大きく貢献していることがわかりました。クラウド アプリケーション開発サービスを順調に運営している企業では、従業員の経験年数が平均 5 年にのぼります。

マイクロソフトでは、Azure に特化したトレーニングや Massively Open Online Courses (MOOC) を提供し、継続的に拡充しています。それらを活用して、テクニカル エキスパートへの投資を継続することをお勧めします。

 

プラクティスの構築

パートナー様のためにマイクロソフトが取り組んでいる姿勢は、公開されているリソースや収益バランスからもおわかりいただけるかと思います。また、マイクロソフトのクラウド プラットフォーム ロードマップでは、今後の予定をお伝えしています。パートナー様やそのお客様は、新しいテクノロジのリリース予定を把握できるので、マイクロソフト クラウドの新機能と一緒に革新的なソリューションを提供できるように準備を整えることができます。

 

パートナー様をさらにサポートするべく、マイクロソフトは新たにクラウド アプリケーション開発プレイブックを公開しました。長続きする効果的なクラウド プラクティスを開発、分析、管理、保護するために不可欠なヒントやツールを提供しています。

 

「Atea Global Services では、Microsoft Azure 上でのクラウド サービスの研究開発に 100% 注力しています。これにより、Azure の技術的な機能について高度な専門スキルを身に付け、当社の強みとしてアピールできるだけでなく、マネージド サービスの品質と効率を最大限に高め、お客様にお届けすることができます」

– Atea Global Services、CTO、Mareks Zirdzins 氏

 

収益性と持続性が高く、最適化されたクラウド アプリケーション開発プラクティスを構築するうえで、この新しいプレイブックがお役に立てば幸いです。皆様のご質問やご意見をお待ちしております。

皆様は独自のクラウド アプリケーション開発プラクティスでどのようにクラウドのビジネス チャンスを活かしていますか。ご経験やアイデアがありましたら、ぜひお聞かせください。

 

 

Skip to main content