Azureのスキルを習得するなら今!無料の日本語オンラインコース11タイトルを一挙リリース【4/27 更新】


azure

すぐそこまで迫っているクラウド活用の将来に向け、マイクロソフトは、前もってその準備ができるように支援したいと考えています。最近の IDC の調査 によると、IT 部門において、認定資格を持った従業員は平均で 15%、持たない従業員よりも収入が多いことがわかっています。スキルを備えた Azure プロフェッショナルは、雇用市場でも高い需要があります。クラウドテクノロジ関係の認定資格があれば、キャリアのステップアップ、高収入、さらにやりがいのある仕事へのチャンスが広がります。

今日、テクノロジを取り巻く環境はますます複雑さを増しており、Azure の最新スキルをすべて身に付けるのは決して容易ではありません。3 月に Azure の無料オンラインコースが英語でリリースされたことをお知らせしましたが、このたびマイクロソフトでは、Azure 関連の日本語の無料オンラインコース11タイトルをリリースいたしました。

また、あわせまして、英語版のオンラインコースなどをベースに英語で学習を進める力をつけていきたい、という方には、Facebook 上にそのためのコミュニティ「英語で Azure を勉強する会」をご用意しました。

どちらも、この機会にぜひご利用ください!

 

Azure日本語オンラインコースリスト(無料)

 

[クラウド管理]

 

Azure基礎

このコースでは、Azureに関する基礎知識を提供します。Azureの特徴、動作方法、提供されるサービス、最適な活用方法について学びたい人を対象としています。

Azureの紹介、すなわちAzureがどのようなものであり、サービスとしてどのように構成されているか、また、高い可用性、高いスケーラビリティ、高いセキュリティのクラウドプラットフォームであることを確実にするためにAzureがどのように動作するかについて説明します。

Azure仮想マシン、およびWindowsまたはLinux仮想マシンの展開方法について、またAzure Networkingについて、ならびにさまざまな状況で接続できる安全なネットワークを作成する方法や、さまざまなタイプのAzure Storageと、そのストレージを作成、管理、保護する方法について学習します。

 

AWS の専門家のための Microsoft Azure

このコースでは、Azure の仮想マシン、ストレージ、仮想ネットワーク、デプロイ オプションなど、Azure インフラストラクチャ サービス (IaaS) の詳細な説明と実践的なハンズオン トレーニングが提供されます。受講者は、実践的な実地トレーニングのほかに、自分の理解レベルを測定するためのいくつかの評価チェックポイントに参加します。このトレーニングは、Amazon Web Services (AWS) で使用されている IaaS テクノロジとAzure で使用されている IaaS テクノロジを関連付けるように設計されています。

 

Microsoft Azure Identity

このコースでは、Azure AD と オンプレミスの AD の違い、ユーザーの管理とグループの管理の違い、Azure AD 内のカスタム ドメインの実装などの、重要な概念を中心に学習します。ディレクトリやテナントのほか、ユーザーのサインインやトランザクションの認証に重要な第 2 のセキュリティ層を追加できる、Multi-Factor Authentication などの概念を紹介します。

受講者は、オンプレミスの Active Directory に対する基礎知識、サービスや利用モデルなどのクラウド コンピューティングについての基礎知識、Azure PowerShell を含め Azure サービスおよびコンポーネントについての基礎知識を擁している必要があります。

 

Microsoft Azure Virtual Machines (バーチャルマシン)

仮想マシンはAzure の基盤であり、プラットフォームで IaaS を実装するためのサポートを提供します。環境内にあるあらゆる種類の仮想マシンのデプロイを Azure Portal Azure PowerShell のどちらででも実行できることが重要です。仮想マシンをデプロイしたら、IP アドレス指定、可用性、スケーラビリティ、セキュリティなどの基本的な構成オプションを検討します。また、オペレーティング システム、データ、および一般的なストレージにはどの種類のディスクを使用するべきかを知っている必要があります。Azure には仮想マシンのライフサイクルを管理するツールがいくつかあり、仮想マシンを日常的に監視できます。

 

Microsoft Azure Virtual Networks (バーチャルネットワーク)

このコースでは、Azure Portal とネットワーク構成ファイルを通して、仮想ネットワークの構成を学習します。また、Azure DNS、ロード バランサー、Azure Traffic ManagerApplication Gateway などのツールを使用して、ネットワーク サービスによってネットワーク トラフィックを構成したり分散負荷したりする方法を学習します。また、ここではクラウドについて取り扱うため、オンプレミスのコンピュータを Azure 仮想ネットワークに接続する方法や、サイト間の接続を確立する方法も紹介します。

 

Azureワークロードの自動化

Azure Automationは、一般にクラウドと企業の環境で実行される手動、長時間実行、エラー傾向の、また頻繁に反復されるタスクをユーザーが自動化する方法を提供します。それは時間を節約し、定期的な管理上のタスクの信頼性を向上させ、自動的に一定間隔で実行されるようにスケジュール化することまで行います。本コースでは、Azure Resource ManagerAzure RunbookおよびAzure Automation DSCに重点が置かれています。様々な応用問題は、ARMテンプレート、テキスト形式およびグラフィックのRunbook、ワークフローおよびオートメーションDSC構成の作成を段階的に学習できるようにします。

 

Azureワークロードの管理

ITプロフェッショナルがAzureワークロードの管理に使用できるツールの一部を理解するのに役立ちます。

このコースでは、まずログ解析を見ていきます。Log Analyticsは、クラウド環境とオンプレミス環境のリソースによって生成されたデータを収集および分析するのに役立つOperations Management SuiteOMS)のサービスです。あなたにリアルタイムの洞察を与え、統合された検索ダッシュボードとカスタムダッシュボードを使用して、物理的な場所に関係なく、すべてのワークロードとサーバーで数百万のレコードを簡単に分析できます。

 

Azureのセキュリティとコンプライアンス

セキュリティはいかなる組織のためのクラウドコンピューティングであろうとも最上位レベルの問題です。このコースでは、Azureのセキュリティとコンプライアンスについてご紹介いたします。Azure Trust センター、Azure キーボールト 、Azureセキュリティセンターに焦点を当てます。このコースでは、Azureストレージキーや共有アクセス署名、ネットワークセキュリティグループ、ID管理戦略などの仕組みセキュリティ機能についても簡単にご説明いたします。

 

Microsoft Azure Storage

Microsoft Azure Storage は、顧客のニーズを満たすための、耐久性、可用性、柔軟性に依存する近代アプリケーションのためのクラウド ストレージ ソリューションです。Azure Storage は高い柔軟性、弾力性、グローバルなアクセス性を持ち、トラフィックに基づいてデータの負荷分散を自動的に行います。このコースでは、各種ストレージ、構成オプション、管理ツールについて学習します。本コースでは、仮想マシン ストレージ、非構造化ストレージ (blob)、構造化ストレージ (テーブルおよびキュー) を対象としています。また、バックアップ、サイト復旧、ストレージ分析など、日々の管理タスクについても触れていきます。

 

[データと分析]

Azureのデータベース

MicrosoftはSQLサーバーテクノロジーを使用してリレーショナルデータベースを提供し、顧客がそのクラウド上のSQLデータベースまたは仮想マシン上のホストされたSQLサーバーインスタンスのいずれかにアクセスできるようにします。このコースでは、Azureにおいて利用できる様々な種類のデータベースサービスおよびそれらのサービスをプロビジョン、管理および監視するツールについて学習します。本コースは、DocumentDBなど他のデータベースサービス製品およびサービスが含まれられていますが、は主としてAzure SQL Databaseに重点を置きます。さらに、本コースは、ビッグデータを処理するクラウドベースのデータベース管理システムとしてのAzure SQL Data Warehouseの一般的な紹介を行います。

 

 

[DevOps]

Azure Paas上のDevOps

このコースでは、一般的なデブオプスの原則と実践だけでなく、Azureプラットフォームでのデブオプスソリューションのエンドツーエンド実装についても説明します。組織内のソフトウェアの開発と提供に関与し、Azureでデブオプスの練習を学び、採用することに関心を持つすべての人のためのコースです。

受講者は、ソフトウェアを提供する組織内での経験があり、Azureの基礎知識とバージョン管理とアジャイルソフトウェア開発プロセスの基本的な理解があり、マイクロソフトのツールを使用したソフトウェア開発の経験と、コア開発原則の理解があることが必要となります。

 

▼ 英語も含むその他の Azure MOOC コース一覧はこちら

 

Microsoft Azure の初級/中級コースについては、無料の mstep コースでも取り扱っています。オンラインのコースとクラスルームがあります。

▼ mstep オンラインの Microsoft Azure 無料コース一覧はこちら (MPN ログインが必要)

▼ mstep クラスルームの開催予定はこちら

 

 

 

 

 

 

Skip to main content