クラウドのインフラストラクチャと管理に関連するビジネス チャンスを理解する【4/15 更新】


(この記事は  2017 年 2 月 23  日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Understanding the Cloud Infrastructure & Management Opportunity の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

eduardo-kassner-author-block

 

先日は、新しいプレイブック 成功するクラウド プラクティス構築についてご紹介しました。今回は、クラウドのインフラストラクチャと管理に関連するビジネス チャンスについて詳しくご説明すると共に、現在のクラウドの好況下でパートナー様が自社のクラウド ビジネスを特徴付ける方法についてご説明したいと思います。

クラウドの IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) および管理に関連する分野では、膨大なビジネス チャンスが広がっています。2015 年の市場成長率は 51% を超え、IDC の予測 (英語) によると、2017 年の年平均成長率は 41% 以上になると見込まれます。

お客様は、ハイブリッド IT インフラストラクチャへの移行を進めています。従来型の IT 環境では、俊敏性の向上やコスト削減のほか、限られたリソースで多くの成果を上げることが求められています。企業は、ニーズに応じてスケーリングできる柔軟なインフラストラクチャを必要としています。ハイブリッド クラウドなら、必要に応じて IT リソースを追加できるので、IT 部門は変化の激しいビジネス要件に対処することができます。

さらに、IDC の予測 (英語) によると、2017 年にはパブリック クラウド IaaS 市場全体で最適化およびハイブリッド クラウドへの移行が進むことが見込まれ、2018 年には企業の 80% がハイブリッド アーキテクチャを導入するものと見られます。このビジネス チャンスを十分に理解するために、ぜひクラウド インフラストラクチャおよび管理プレイブックをダウンロード (英語) して、インフラストラクチャの刷新、ハイブリッド クラウドの管理とセキュリティ、ハイブリッド クラウド インフラストラクチャの導入に関する調査結果やガイダンスをご確認ください。

0415

 

収益向上に向けて

プレイブックの作成にあたっては、クラウド ビジネスを展開している 1,100 社以上のパートナー様を対象に大規模な調査を行いました。この調査によれば、現時点においてクラウドを基盤とするビジネスの半数以上が事業開始後 2 年未満であり、パートナー様の 74% が新規ビジネスとして収益を上げるために 6 か月から 2 年を必要としています。

 

0415-2

さらに、多くのクラウド プロジェクトを進めるうえで障害となり、ビジネスを成功させるうえで対応が必要な点についても調査しました。

  • 回答者の 32% が、クラウドへの移行に否定的なお客様について、クラウドへの反発を払拭することが困難だと答えています。
  • 回答者の 31% が、技術スタッフに常に最新のテクノロジを習得させることが困難だと答えています。
  • 回答者の 29% が、リード パイプラインを継続的に生成することが困難だと答えています。

マイクロソフトではこうした主要な課題を踏まえ、数多くのソリューションをご提供しています。パートナー様のビジネスに取り入れて、収益向上にお役立てください。

 

リードの獲得

リードの獲得については、調査対象のパートナー様から以下のような回答が得られました。

  • リードの 83% は、営業活動を通じて獲得されたものです。
  • リードの 43% は、需要創出とマーケティング活動を通じて獲得されたものです。
  • リードの 20% は、自社の Web サイトを通じて獲得されたものです。

上記の結果から、Web サイトを更新する必要性が明らかになりました。Web サイトでは、クラウドの導入支援を求めている潜在顧客に対して、自社の専門知識、ソリューション、能力をアピールし、信頼を獲得することができます。

 

マイクロソフトの主要サービスの活用

パートナーの皆様によれば、クラウドのインフラストラクチャおよび管理プロジェクトで最も利用されている Microsoft Azure サービスは、Virtual Machines、Virtual Network、Azure Backup、Azure Site Recovery、Automation (テンプレートとスクリプト)、Operations Management Suite (OMS)、ExpressRoute です。

クラウドのインフラストラクチャおよび管理ビジネスを展開している企業において、お客様に最も多く導入しているサービスは以下のとおりです。

  • プロジェクト サービス: バックアップとストレージの導入、クラウド移行計画、仮想化の移行と導入、概念実証、システム統合、導入サービス
  • マネージド サービス: 仮想マシンの管理とアップグレード、構成管理、マイクロソフト サポート、ドメイン管理
  • 知的財産サービス: バックアップと障害復旧の自動化、監視/アラート/記録の自動化、Office への接続、その他のプラグインとアドオン

 

トレーニングと実務経験

0415-3クラウドのインフラストラクチャおよび管理に関連するビジネスを成功させるために、スタッフにどのようなスキルや経験が必要とされるかを分析した結果、パートナー様のビジネス全般を成功に導くうえでは経験を積んだスタッフが大きな役割を果たしていることがわかりました。クラウドのインフラストラクチャおよび管理サービスの提供によって成功を収めている企業では、スタッフの実務経験は平均 5 年に上ります。

継続的に追加される Azure 関連のトレーニングや大規模公開オンライン講座 (MOOC) をご利用いただき、引き続き技術スタッフのスキル向上に取り組むことをお勧めします

 

 

 

 

ビジネスの構築

パートナー様の支援に向けたマイクロソフトの取り組みは、提供しているリソースや、収支バランスへの影響度に表れています。たとえば、平均的なパートナー様は、販売または売上に貢献したマイクロソフト クラウド ソリューション 1 ドルにつき、4 ドル以上の自社サービスを販売していますが、クラウドに特化したパートナー様の場合は 6 ドル近くにまで跳ね上がります。

パートナー様への支援をさらに強化するために、新しいクラウド インフラストラクチャおよび管理プレイブック をご用意しています。このプレイブックでは、イノベーションを短期間で実現し、新しいハイブリッド クラウド機能を基盤とする最適な管理機能とセキュリティ機能を実装する方法についてご紹介します。市場の情報やガイダンスを通じて、パートナー様が今の時代に収益向上を目指すためのロードマップをわかりやすくご説明しています。

「プレイブックは、幅広く高度な内容を扱っており、想像をはるかに上回るものでした。クラウド ビジネス計画テンプレートは、2017 年度の売上目標や、営業、マーケティング、サービス提供に関する計画を策定するうえで非常に役立ちました。このビジネスで成長を重ねてきてはいるものの、今まで知らなかった情報や疑問点に気付き、ビジネスを違う角度から見られるようになりました」

– Perficient、クラウド プラットフォーム プラクティス ディレクター、Joe Crabtree 氏

 

皆様がクラウドのインフラストラクチャおよび管理ビジネスの収益性や持続可能性の向上、最適化を図るうえで、この新しいプレイブックがお役に立つことを願っています。

 

Skip to main content