マイクロソフト 2017 パートナー オブ ザ イヤー アワードにぜひご応募ください【3/24 更新】


(この記事は  2017 年 2 月 22  日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Apply for the Microsoft Partner of the Year Awards Today の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

Dean%20Martin%20author%20blockv3

 

毎年恒例のマイクロソフト最大のパートナー様向けイベントでは、世界各国から数千にも上るパートナー様が一堂に会し、お互いの成功を称えると共に、その成功事例を今後の参考にしています。 Microsoft Inspire (旧WPC) では、こうした賞賛をさらに多くの皆様と共有するため、パートナー オブ ザ イヤー アワードの受賞企業と最終選考企業の表彰を行っています。

パートナー オブ ザ イヤー アワードでは、アライアンス、アプリケーション、シチズンシップ、コンピテンシーなどのカテゴリに基づいて、広範にわたるパートナーの皆様を表彰します。受賞企業や最終選考企業として選ばれているのは、業界で特に画期的な変革を実現し、地域社会の進歩に貢献する顧客向けのソリューションや製品を開発している企業です。この条件に該当するパートナー様は、ぜひアワードにご応募 (英語) ください。今年の Microsoft Inspire (英語) で受賞の機会が待っています。

日本のパートナー様向けMicrosoft Inspireツアーの詳細はこちらから

 

パートナー オブ ザ イヤーへの道のり

2016 年には、世界 119 か国より 2,500 件以上もの応募がありました。受賞企業や最終選考企業がそこに至るまでには、それぞれに異なるきわめて個人的な経緯があったと理解しています。パートナー オブ ザ イヤー アワード へのご応募と Microsoft Inspire へのご参加に向けて準備している皆様の参考になるように、昨年度の受賞企業と最終選考企業から、いくつかの事例をご紹介したいと思います。

 

Extend Solutions

メキシコに拠点を置く IT サービス パートナーの Extend Solutions は、パートナー オブ ザ イヤー アワード 2016「Data Analytics」部門の受賞企業です。同社の分析サービスと予測分析サービスは、過去のデータを分析し、将来的なビジネス ソリューションを予測するうえで役立ちます。昨年、メキシコ大蔵公債省と共同で行った、SQL Server、Azure、Power BI によって税務監査プロセスを刷新する取り組みが評価の決め手となりました。

Extend Solutions の CEO を務める Daniel Novelo Trujillo 氏は、3 つのことが受賞につながったと言います。それは、ソリューションの実現に向けてあくなき熱意を持って取り組んだこと、お客様のニーズやプロセスについて熟知したこと、分析対象となる情報を詳細に把握したことです。分析対象となる情報としては、メキシコでの徴税や脱税に関連する行為や市場の動向が挙げられます。

「国内の大手機関で成果を挙げたいと考えており、お客様のビジネスについて何年も掛けて勉強しました。国の徴税業務というテーマに真摯に向き合い、効果的なソリューションを実現できるよう、熱意を持って取り組んでいます」

Extend Solutions、Daniel Novelo Trujillo 氏

 

Black Marble

マイクロソフト パートナーの Black Marble は、パートナー オブ ザ イヤー アワード 2016「Developer Platform」部門の受賞企業です。Microsoft Gold パートナーの同社は、イギリスを拠点として国外でも事業を展開しています。受賞理由となったのは、開発テストと開発運用のプロセスを刷新し、お客様の開発部門および IT 部門における組織文化の大幅な変革を支援したことです。

Black Marble のマーケティング ディレクター兼マイクロソフト アライアンス ディレクターを務める Linda Hogg 氏は、この受賞がビジネスに多大な影響をもたらしたと言います。Black Marble は比較的小規模な企業であるものの、社内で有する技術知識やスキルはきわめて高度なため、同社のビジネス ソリューションや専門知識が評価されたことで、自社の強みをお客様に具体的に伝えられるようになったそうです。

 

「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー アワードは、履歴書に書ける有利な資格のようなものであり、各カテゴリで世界的に認知されます。世界各国の数千ものパートナーの中から選ばれるのですから、すばらしいことです。お客様に最高の成果をお届けできる当社の能力を証明するうえで、これ以上の評価はありません」

– Black Marble、Linda Hogg 氏

 

Qorus

パートナー オブ ザ イヤー アワードの最終選考企業である Qorus は、「Application Development」と「Cloud Platform」の Gold コンピテンシーを取得しています。Azure を基盤とする同社のアプリでは、提案書、RFP、契約書をはじめ、個々のケースに合わせた正確なドキュメントを作成することができます。Qorus の Michelle Revsbec 氏は、パートナー オブ ザ イヤー アワードの最終選考企業として表彰されたことで、最新のマーケティング分野における名声を確立し、業界のソート リーダーとしての地位を高めることができたと言います。

 

「パートナー オブ ザ イヤー アワードの最終選考企業としてマイクロソフトから表彰されたことが大きな節目となりました。受賞によって認知度が高まり、これまで手の届かなかった新しい取り組みや関係の構築、ビジネス チャンスのきっかけが得られました。先進的な ISV である当社の全社的な成長戦略において、ターニング ポイントだったと確信しています」

– Qorus、Michelle Revsbech 氏

 

パートナー オブ ザ イヤー アワード 2017 に向けて

エントリーは、審査員が応募内容を評価するための唯一の資料であるため、その出来映えが選考に大きく影響します。Mercer-MacKay Solutions の Gail Mercer-MacKay 氏は、長年にわたり、数多くのパートナー様が受賞につながるエントリーを作成、提出するうえで支援してきました。そんな彼女に、説得力のあるエントリーを作成するためのヒントをいくつか教えてもらいました。

 

1.優れた導入事例を示す

パートナー オブ ザ イヤー アワードを受賞するには、優れた導入事例が必要であり、お客様のビジネスを完全に刷新した事例を示す必要があります。Mercer-MacKay 氏は、次のように言います。「パートナー様は、お客様のビジネスをいかに刷新し、いかに根本的に変革したかという点を強調する必要があります。パートナーの皆様は、すばらしいソリューションによって、世界の変革に貢献しています」エントリーは、そうした事例を共有する絶好のチャンスです。

 

2.他にはない卓越した取り組みを行う

Mercer-MacKay 氏は、とあるパートナー企業の事例を紹介してくれました。その企業は、堅実で優れたアプリ開発を行っていたものの、アプリ開発の分野で突出するような革新的な内容ではなかったため、受賞は難しいかと思われました。しかし、その企業が取り組んでいたのは、時間を割いて地元の病院に赴き、恵まれない境遇にある若い母親たちに医療、健康、住宅といった情報を提供するモバイル アプリを開発することでした。このアプリのおかげで、貴重な情報が活用されるようになり、地域の幼児死亡率が大幅に低下したのです。この卓越したシチズンシップが評価されて、この企業は見事パートナー オブ ザ イヤー アワードに輝きました。

 

3.最新テクノロジのみを活用する

たとえば Windows 8 や SQL Server 2012 といった古いテクノロジを利用してソリューションを開発していては、審査を通過することはできないだろうと Mercer-MacKay 氏は言います。パートナー オブ ザ イヤー アワードを受賞するには、最先端のテクノロジを利用することが肝心です。

 

4.お客様の理解を得て応募する

最後に、Mercer-MacKay 氏は、パートナーの皆様はお客様の名前を明らかにして、お客様の事例を説明する必要があると言います。応募事例にどれほどの説得力があるのかを審査員に具体的に示すために、パートナーの皆様はお客様の理解を得て応募する必要があります。

 

ぜひ、パートナー オブ ザ イヤー アワード ブログ記事にある資料と上記のヒントをご参考にしながら、効果的なエントリーを作成してください。7 月に開催される Microsoft Inspire のお祝いの席で皆様にお目にかかれることを楽しみにしています。

 

応募はアワード サブミッション ツールから英語でご提出ください。

応募締切: 2017 4 6 (木) 23:59  (太平洋標準時間、日本時間 2017 年 4 月 7 日 15:59 )まで

(All nominations must be in the tool by 11:59pm PST, April 6, 2017. No Exceptions.)

詳細はパートナー オブ ザ イヤー アワード ブログ記事よりご参照ください。

 

Skip to main content