【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 3 【2/22 更新】


azure-vs-aws

(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)

 

最も信頼性の高いクラウド

01-trustedAzure は、最も包括的にコンプライアンスに対応したクラウド サービスであり、50 件のコンプライアンス認定を取り揃えています。マイクロソフトの開発手法には、お客様を保護するためのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの施策が組み込まれています。お客様が利用する 18 の Azure サービスで FedRAMP (英語) のハイレベルな認定を取得するなど、米国政府機関 (英語) 向けの最も信頼できるクラウドとして評価されています。

1

「企業のコンプライアンスとは、わざわざお金を払って罰を受けるようなものだと思っていました。しかし当社は現在、マイクロソフト クラウドのスケーラブルな従量課金モデルのおかげで、世界水準のサービス、柔軟性、セキュリティを提供しながら、競争力を確保できています」

Dyrand Systems、マネージング ディレクター、Ed Anderson 氏

 


最もインテリジェントなクラウド

04-intelligentAzure は、開発者やデータ サイエンティスト向けに Cognitive Services API (英語)BotMachine LearningBlockchain as a Service (BaaS) を提供する唯一のパブリック クラウド サービスです。これらの機能が、Azure N シリーズ Virtual Machines での深層学習、HPC シミュレーション、リアルタイム データ分析を高速化する強力な GPU ベースのコンピューティングと組み合わさることで、大規模なインテリジェント ソリューションの構築を可能にします。

2

「当社のプラットフォームには、数千のドライバーが毎時間サインインします。Face API の応答時間が驚くほど短いため、認証処理でドライバーを待たせることはありません」

Uber、プロダクト マネージャー、Dina Kovalev 氏

 


 

どのクラウド プロバイダーよりも広い地域で提供

03-regions公表されている 38 の Azure リージョンで、グローバル展開を実現しています。パフォーマンスをさらに向上し、データの保存場所に対するお客様の要件に対応するために、提供地域の拡大は Azure の最優先事項となっています。

3

「マイクロソフトのグローバル データセンターを採用し、当社の主要アプリケーションと Web サイトのインフラストラクチャを、実際に利用するユーザーに近い場所で展開できました。はるか遠くの Callaway 独自のサーバーに同様のインフラストラクチャをセットアップしていたら、多くのコストと時間がかかり作業は困難を極めたでしょう」

Callaway Golf、ソリューション開発マネージャー、Dan Cowles 氏

 


 

比類ないハイブリッド機能

02-hybridAzure の真のハイブリッド機能は、ニーズに合わせてクラウドへ移行できる柔軟性を提供します。真のハイブリッドとは、単にインフラストラクチャと接続性を指すのではなく、お客様のインフラストラクチャアプリケーション (英語)IDデータのすべてにわたって一貫性を確保できるということです。Azure はオンプレミス、パブリック クラウド、さらには複数のパブリック クラウド間で一貫したセキュリティと運用管理を実現しています。

4

「一部のクラウド プロバイダーでは、インフラストラクチャをクラウドにするか、あきらめるかという究極の選択を迫られます。当社はマイクロソフトと連携し、お客様のニーズに基づいてエンドツーエンドのハイブリッド データ インフラストラクチャを提供しており、クラウドとオンプレミスの優れた部分の融合を実現しています」

OSIsoft、IoT 部門ワールドワイド ディレクター、Prabal Acharyya 氏

 


 

業界をリードするクラウド プラットフォーム

05-cloudマイクロソフトは、業界トップ クラスの IaaS、PaaS、SaaS ソリューションを取り揃えている唯一のクラウド プロバイダーです。Azure PaaS プラットフォーム サービスでは、お客様の生産性と ROI の向上を実現します。詳細は、Forrester 社の Total Economic Impact レポート (英語) をご覧ください。

5

「当社では、データセンターを社内の物理サーバーから Azure の IaaS、PaaS、SaaS に移行したおかげで、ビジネスに欠かせないアプリケーションを維持したまま、サポートとメンテナンスが必要な仮想サーバーの台数を削減することができました。Azure PaaS に移行したことで、カスタム アプリケーションの回復性が増し、サーバー メンテナンスの必要もなくなりました」

Dillon Gage Inc. Of Dallas、CIO、Tom Grounds 氏

 


 

オープン ソースにおけるリーダーシップ

06-open-sourceAzure では、ツール、アプリケーション、フレームワークを自由に選択して思いどおりに開発、構築することができます。マイクロソフトは熱心なオープン ソースの貢献者 (英語) として、GitHub のオープン ソース コミュニティを積極的に支援しています。

6

「私たちは、PHP、MySQL、Linux VM など、さまざまなオープン ソース テクノロジを活用していました。Azure で Linux VM やオープン ソースが簡単に利用できることを知って驚きました」

エジプト青年・スポーツ省、IT マネージャー、Tarek Emam 氏

 


 

完全なビッグ データおよびビジネス分析ソリューション

07-big-data需要予測、在庫最適化といったビジネス分析ソリューション (英語) を活用することで、他社のビジネスに差を付けることができます。ソリューション テンプレート (英語) や Cortana Intelligence Suite を利用すれば、ベスト プラクティスに沿ってすばやく構築、カスタマイズ、展開が可能です。

7

「Microsoft Cortana Intelligence Suite では、大量のデータ セットをふるいにかけられるので、私たちはデータの中から真の価値を見つけることに専念できます。未来のデジタル機能にまつわる当社のビジョンを実現するためには、多くのデータソースを集約してお客様とコラボレーションできるプラットフォームを提供することが欠かせません」

Rolls-Royce、シニア バイス プレジデント、Nick Farrant 氏

 


 

IoT 対応

08-iotAzure IoT Suite の事前に構成されたソリューションは、リモート監視、予測的なメンテナンスなどのごく一般的な IoT シナリオに対応しています。Azure IoT Suite はオープンなサービスであり、Linux、Android、その他のオープン ソース テクノロジを搭載する Azure Certified for IoT デバイスの 46% でカスタマイズが可能です。

8

「石油ガス業界では前代未聞のコラボレーションと可視性が実現されることになります。センサー、ソフトウェア、クラウドという異なる資産が、リッチなデータを活用するコネクテッド エンタープライズの一部となるのです」

Rockwell Automation、ビジネス マネージャー、Doug Weber 氏

 


 

マイクロソフト クラウドに欠かせないパーツ

09-integralOffice 365Dynamics 365Enterprise Mobility + Security といった、業界をリードするマイクロソフトの SaaS サービスを選択して組み合わせることによって、お客様の Azure への投資をさらに活かすことができます。Azure Active Directory で ID を管理したり、Intune (英語) でモバイル デバイスを管理するなど、Azure は多くのサービスと基本機能を共有しています。

9

「デジタル変革に終わりはありません。常に改善あるのみです。当社では Azure のクラウド分析機能を使用して、運用やお客様に関するインサイトを収集しており、その情報を Office 365 で共有して、ビジネス価値を高めています。マイクロソフト クラウド ソリューションのおかげで、今後 Hershey は自らデジタル化を進め、すべてのスタッフがつながり、スムーズに連携して有益な情報を共有できるようになります」

The Hershey Company、最高情報責任者、Carlos Amesquita 氏

 

 


Azure と AWS を 8 つのポイントでの徹底比較と、日本のお客様/パートナー様の Microsoft Azure 活用事例は、以下の記事をご覧ください。

 

アクション パックを申し込んで
Visual Studio と Azure の利用権を
安価に手に入れよう

パートナーの皆さま向けには、標準で年間約 4 万円というかなりお安いお値段で、Office や Windows などのソフトウェア ライセンスをはじめ Office 365、Microsoft Azure、Visual Studio などのクラウドや開発に必要なサブスクリプションを手に入れることができます。

 

 

Skip to main content