CSPで契約を自動管理できる仕組みを使って差別化しよう 【2/9 更新】


axlbit-1

 

クラウド時代に成功するパートナー重要要素にがクラウドサービス管理の自動化、省力化を可能な限り推進することが挙げられます。従来のオンプレミスライセンスでのビジネスと異なり、クラウドサービスはライセンス、サービスの追加、アップグレード、変更等がより容易であり、また、それがクラウドビジネスの大きな優位性でもあるのですが、結果として受発注やお客様のライセンス保有状況の変動がより高い頻度で発生することとなり、従来の仕組みでこれに対応すると結果的に大きなオペレーション負荷の増大となる可能性があります。

 

この状況を解決し、クラウドが一歩進んで他者との差別化、お客様への積極的なサービス提供を推進するには受注業務を含むサービス管理の自動化が必須となってきます。この自動化により、現場の営業担当者は従来から多くの時間を割いてきた契約、見積もり、受注等の煩雑な業務から解放され、お客様との時間をビジネスに資する会話に充てることが可能になります。また、バックエンドにおいては経理、顧客管理、販売分析等のシステム連携により一気通貫での業務最適化に向けた可能性を提供することになります。

 

こういったメリットの多いクラウド管理自動化について、この度ダイレクトCSPパートナーでもあるAXLBIT株式会社様が提供する契約自動管理ソリューション「AXLGEAR(アクセルギア)」を活用したCSPプログラムパートナー様向け事業支援「AXLGEAR for CSP」を開始されます。最初の事例として横河レンタ・リース株式会社様への導入が決定されました。

AXLGEAR for CSP

AXLGEAR特設サイト

 

「AXLGEAR for CSP」の特徴と主な機能

CSPパートナー様向け管理機能

・「Office365」「Microsoft Azure」の注文、契約管理
・「Office365」「Microsoft Azure」の顧客(Tenant)、契約(Subscription)の生成
・「Microsoft Azure」利用実績に基づく従量課金算出
・「Office365」「Microsoft Azure」の顧客への請求金額算出、および請求書の送付

 

上記CSPパートナー様向け管理機能とは別に
・ 顧客向け管理画面(申込受付、契約情報参照、料金参照…等)の提供

 

この機会にオペレーションの最適化、ライセンス管理の自動化についてご検討ください。

 

Skip to main content