[海外事例] ワーク ライフ バランスの実現を目指して【1/29 更新】


0129

(この記事は The battle for balance の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

テクノロジの刷新が中堅中小企業とそのスタッフにもたらしたもの

12 年間もテクノロジを更新せずに、事業を成功させることはできるのでしょうか。世の経営者はいつもテクノロジの問題に頭を抱えています。Guardian Strata を経営する Ossie Pisanu 氏も例外ではなく、日々格闘していました。

まず、Pisanu 氏が悩んでいたのは、職場のテクノロジ環境についてです。Guardian Strata では、古いソフトウェアとハードウェアを更新しないまま、競争力を維持して事業を拡大しようとしていましたが、その努力が報われることはありませんでした。

加えて、プライベート面でも悩んでいることがありました。彼には 2 人の自閉症の息子がいましたが、自宅でも仕事を進められるテクノロジ環境が整っておらず、子どもたちと十分と接する時間が取れていませんでした。

IT のサポート コストが約 3 倍にも増加したため、Ossie Pisanu 氏は事実上 IT マネージャーの役目も引き受けることになりました。IT 関連の問題が発生すれば、解決のために毎日でも子どもを連れて出社しなければなりません。その結果、会社の経営にも子どもたちの世話にも、十分に目を向けることができなくなっていました。

 

Guardian Strata の従業員も現状維持に必死

 

テクノロジの効率の悪さは Guardian Strata のチーム メンバー全員に影響を及ぼしており、朝一番に始めた仕事が日没後まで終わらないこともしばしばでした。終わりの見えない作業と、システム クラッシュ、セキュリティ侵害、長時間のデータ処理待ちなどのトラブルにより、チーム メンバーの勤務時間は 1 日 14 時間にも達していました。

 

「古いテクノロジが過剰なストレスを生み出し、職場の士気を低下させていました」Ossie Pisanu 氏

 

Ossie Pisanu 氏は、事業拡大とスタッフの作業環境の改善を実現したいと考えていました。それと同時に、自宅で息子たちと充実した時間を過ごしながら仕事ができることを切望していました。

ワーク ライフ バランスと自由を取り戻すには、IT の問題を徹底的に見直す必要がありました。

guardian-infographic

 

オーストラリアの中堅中小企業の 57% はサポート外のテクノロジを使用 – Guardian Strata の改善策とは

 

Guardian Strata は、必要なテクノロジ サービス、ハードウェア、サポートをまとめて提供する XCentral の力を借りて、Office 365Azure、Lenovo デバイスを使用するハイブリッド ソリューションを採用しました。その結果、年間の IT コストは一気に 11,000 ドルも縮小しました。さらに、十分なモビリティと信頼性も確保することができました。

Guardian Strata のスタッフはノート PC とモバイル デバイスを活用して、いつでもどこからでもクライアントにサービスを提供できるようになりました。たった 1 週間で、時代遅れのシステムが最先端のシステムに生まれ変わったのです。

 

0129-2

 

以前は 30 ~ 60 分もかかっていた作業が、今ではせいぜい 15 分で終わります。スタッフの労働時間も半分になりました。Guardian Strata は最新のテクノロジに加えて新たなビジネス チャンスも手にすることができました。文字どおり、新しい会社に生まれ変わったのです。

XCentral の 24 時間体制の IT サポートのおかげで、Ossie Pisanu 氏のところへ問題が転がり込んでくることもなくなりました。今では、自宅で息子たちと好きなことを楽しみながら、業務拡大に向けて指揮を執っています。

 

かつてテクノロジに泣かされた企業が、今ではテクノロジをうまく活用

 

XCentral のマルチレベルのソリューションは、理想的なワーク ライフ バランスを現実のものにしました。モビリティと最新システムのおかげで、Ossie Pisanu 氏もスタッフも家族や友人と過ごす時間が増えました。テクノロジの力で、Guardian Strata のスタッフ全員が以前よりもゆとりのある生活を送れるようになったのです。

Ossie Pisanu 氏は今も息子たちを職場に連れてくることがあります。しかし、それは IT の問題を解決するためではなく、スタッフに顔を見せに来るために過ぎません。彼は以前の情熱を取り戻し、スタッフの満足度も以前より高くなりました。長いこと抱えていた心労も解消しました。今の彼は息子たちと過ごしながら、どこにいても仕事とプライベートを完全に両立させています。

 

 

Skip to main content