[海外事例] BCBG ~ デザインをクラウドで【1/22 更新】


0122

(この記事は Designing in the clouds の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

一歩先を行くファッションは先進的な IT から

 

ランウェイを彩る次のビッグ トレンドのインスピレーションはあらゆるところから得られる

モザイク タイルの複雑なパターンから、抽象画の鮮やかな色彩や、手織りラグのグラデーション パターンを生み出す特殊な染色法まで、アイデアは数えきれないほどあっても、それらを魅力的でファッショナブルな既製服のコレクションとして商品化するのは容易なことではありません。

この困難なチャレンジに毎シーズン取り組んでいるのが、BCBG Max Azria です。BCBG Max Azria は、最新のトレンドを繊細かつクールな方法で取り入れ、エッジーでありながら気負いのないモダンなデザインを実現していることで知られています。

 

流行のアイテムが生まれる舞台裏

 

BCBG は、数多くのセレブリティに支持されるアパレル メーカーであり、常に時代を先取りしています。世界 45 か国 550 店のショップには 19 のブランドが並び、10,000 人のスタッフが一丸となってトレンド感あふれるオリジナル デザインを開発、販売しています。商品のコンセプト化からランウェイ ショーの開催、店舗での販売に至るまで幅広いプロジェクトを手掛け、デザイナー、フォトグラファー、各ショップの担当者といったチーム全員がぴったりと息を合わせて取り組んでいます。

この完璧なプロジェクトを支えているのは、魔法ではありません。テクノロジです。

 

すべてを結び付ける 1 本の糸

 

BCBG の従業員に欠かせないもの――それはメールです。日常業務を遂行するために必要なあらゆる情報やイメージは、メールで伝達されます。BCBG 社内では、まるで流行のアイテムを形作るひと針ひと針の縫い目のように、メールが重要視されているのです。

しかし、これほどまでに重要なメール システムは、つい最近まで旧態依然としたもので、メールボックスの容量は小さく、写真やサイズの大きな添付ファイルを送ることはできませんでした。ビジュアルな要素を扱う企業にとって、美しく加工された生地のカットや、手の込んだ新しいデザイン パターンを目で見て確認することができないのは、致命的です。

そのため、従来のシステムを刷新し、BCBG が生み出すファッションと同じくらい新しく魅力的なものに変える必要がありました。

 

テクノロジの美

 

BCBG は、SADA Systems をパートナーに選び、古いメール システムを 3 週間で Office 365 に移行することに成功しました。その結果、ストレージ容量はもちろん、システムの使いやすさも大きく改善されました。

bcbg-quote-image-1600x360-2

移行後のシステムでは、新しく生み出されたデザインのハイクオリティな写真を、メールボックスの容量を心配することなくやり取りできます。しかも、場所に縛られることもありません。外出先でもスマートフォンかタブレットさえあれば、新しいファイルを作成したり、必要なファイルにアクセスしたりできます。

BCBG のエンタープライズ インフラストラクチャ サービス部門ディレクターを務める Kent Fuller 氏は「どこにいても、オフィスにいるときとまったく同じ環境で業務を進めることができるのです」と、胸を張ります。

 

コラボレーションの新しいかたち

 

テクノロジの美とファッションの美を融合させることによって、BCBG はシーズンごとにインスピレーションとトレンド感あふれるアイテムを生み出せるようになりました。BCBG のように世界各地で事業を展開するアパレル メーカーにとって、チーム メンバーが共通のシステムを使って互いに協力できることは大きなメリットです。新しいシステムでは、規模やサイズにかかわらず、あらゆるアイデアやあらゆる写真を自由に共有できます。これにより、デザイナーのスケッチから魅力的でモダンなファッション アイテムを次々と商品化することができるのです。

 

SADA Systems による Office 365 への移行

 

BCBG は、世界大手の女性向けアパレル メーカーです。約 20 ブランドを展開し、世界 5 大陸にわたる 45 か国の業者やショップを通して広く販売されています。10,000 人を超える BCBG の従業員を Office 365 に移行するプロジェクトは、エンタープライズ インフラストラクチャ サービス部門のディレクターを務める Kent Fuller 氏の指揮の下、パートナー企業 SADA Systems のサポートによって実現されました。

 

 

Skip to main content