ISV が課題を解決: Office 365 向けの写真一括アップロード アプリ【5/28 更新】

(この記事は 2017  年 4 月 3 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 ISV Problem Solving: Bulk Photo Uploads for Office 365 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)     当社 CodeTwo は、マイクロソフトのパートナーとして、また Office 365 向けのメールボックス移行ソリューション (英語) の開発を主な柱とする ISV として、これまで数千社のクラウド移行をお手伝いしてきました。Office 365 に移行してほどなくすると、お客様やパートナー様から、ほぼ例外なくある質問が寄せられてきます。それは「Office 365 にユーザーの写真をすばやくアップロードして手軽に管理するにはどうしたらよいですか」というものです。こうしたお問い合わせを受けて、CodeTwo は次のように取り組みました。   お客様の課題を把握 Office 365 でユーザー自身が写真をアップロードすることは、もちろん可能です。PowerShell を使用すれば、一括アップロードも実行できます。しかしそのためには、管理者がスクリプトを作成して、写真のアップロードや適切なサイズ調整、写真と Office 365 ユーザーの関連付けなどの処理を行えるようにしなければなりません。 このように、写真をインポートして管理するというプロセスは全体的に複雑なものでした。そこで当社は、簡単な手順で実行できるように、Microsoft Graph API を使用してアプリケーションを開発しようと決意しました。さらに、そのアプリケーションを Office 365 コミュニティのすべての皆様に無料で公開することにしたのです。 そうした経緯で生まれた CodeTwo User Photos for…


Microsoft Inspire が待ちきれない 4 つの理由【5/27 更新】

(この記事は 2017  年 4 月26 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 4 Reasons to Get Excited for Microsoft Inspire の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   Microsoft Inspire (英語) の開催がもう 2 か月後に迫っています。マイクロソフトでは、これまで以上に魅力的なコンテンツと交流の機会をご提供するべく準備を進めており、毎日のように刺激的なセッション (英語) を発表しています。今回の記事では、この年間最大のパートナー様向けイベントに対してどのような期待が寄せられているのか、マイクロソフトの幹部やたびたびブログに寄稿してくださっている方のコメントをご紹介します。私たちはなぜ、今年 7 月の Microsoft Inspire をこんなにも心待ちにしているのでしょうか。その魅力を 4 つのポイントにまとめてみたいと思います。 ※日本で企画している Microsoft Inspire  ツアーの募集は締め切りました Microsoft Inspire の魅力 幾多のビジネス チャンス Microsoft Inspire には、業界のリーダー企業、新しいパートナー企業やクライアント企業との出会いの場がいくつも設けられています。参考になる情報満載のパネル ディスカッションや生産性向上ワークショップに参加したり、数百ものスポンサーや出展企業によるソリューション展示を見て回ったり、さまざまな交流活動を通じてパートナー各社やマイクロソフトとつながりを築き、ビジネス成長に活かしていただけます。 「イベントでは、パートナー様の革新的ソリューションをお客様がどのように活用しているか、お話を伺いたいと考えています。パートナーの皆様は無限の創造力を発揮して、日々すばらしいアイデアを製品に変えています。事例を伺ってソリューションについて理解を深めれば、最適なお客様にご紹介できるようになります。また、パートナー様とパートナー エコシステムとをつなげることで、皆様の成長と拡大をお手伝いしています」 – マイクロソフト ワールドワイド チャネル & プログラム担当コーポレート バイス…


Windows 10 のマイクロソフト認定資格を取得してチャンスをものにしよう【5/26 更新】

  マイクロソフトの認定資格は、世界的に認識されている業界に支持されたスキルを習得している証を提供し、あなたの能力を実証、新しい技術を受け入れる意欲がある事を示してくれます。 マイクロソフト認定資格を取得して、チャンスをものにしよう。   現在、マイクロソフトロゴグッズ、資格ロゴグッズが貰えるスキルアップキャンペーンを実施中です   Windows10関連の認定資格には、MCSA: Windows 10とMCSE: Mobilityがあります。   MCSA: Windows 10 Windows 10 のエンタープライズ システムを構成、管理、およびサポートするための専門知識があることを証明します(IT 関連の経験が浅い方は、入門者レベルの MTA 認定資格の取得を目指しましょう)。 MCSA: Windows 10 認定資格を取得すると、コンピューター サポート スペシャリストとしての職務に適格であることが示されます。   必須試験科目: 70-698 Installing and Configuring Windows 10 70-697 Configuring Windows Devices   公式ハンズオントレーニング 23697-1B Windows 10 のインストールと構成 グローバルナレッジ、NECマネジメントパートナーにて実施中 エンタープライズ サービスによる Windows 10 の展開と管理 グローバルナレッジにて実施中   書籍 徹底攻略MCP問題集Windows…


Office ブログまとめ (2017 年 5 月) 【5/25 更新】

Office Blogs  や、元ネタの英語版の Office Blogs (英語) は、 新製品情報から、新機能や製品開発の背景まで、Microsoft Officeに関するさまざまな情報をお届けするブログです。ぜひブックマークして定期的にご参照ください!   ≪最近の更新≫ Office 365 5 月のニュース—New Surface Pro と一緒にもたらされる新しい価値 (英語) 素早く滑らかで表現力が向上したペン、1,024 段階から 4,096 段階の筆圧感知 ホワイトボードによる共同作業 デジタル筆箱 Office 365 管理センターの Power BI による活用促進パック (adoption content pack) のパブリックプレビュー (英語) Excel 2016 と Power Query アドインの 2017 年 5 月の更新 (英語) Windows 10、Mac、iOS、Android 用の OneNote および OneNote Online の新しいデザイン…


Microsoft クラウドプラットフォーム ニュースまとめ 2017年5月【5/24 更新】

サーバー&クラウド関連の製品やサービスの発表をお伝えする、マイクロソフト マーケティングチームの公式ブログ「Cloud and Server Product Japan Blog」およびそのソースの英語版ブログ「Cloud Platform News Bytes Blog (英語)」から、最新情報をピックアップしてご紹介します。   ≪最近の更新≫ MS クラウド ニュースまとめ – Build カンファレンスにおける発表内容つづき (2017/05/11) Azure IoT Edge の最新情報 Visual Studio Mobile Center プレビューの UWP、Push、Test Frameworks と新しいリポジトリのサポート MS クラウド ニュースまとめ – Build カンファレンスにおける発表内容 (2017/05/10) 新しい .NET/iOS/Android/JavaScript 用 Microsoft Authentication Library (MSAL) のパブリック プレビュー Azure Batch の深層学習サービスの限定プレビュー Azure Batch の…


マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2017 のご案内【5/23 更新】

本アワード プログラムは、マイクロソフト パートナーネットワーク参加パートナー企業様を対象とし、20分野のアワードにおいて優れた実績をおさめられたパートナー企業様を選出させていただくものです。 各アワードを受賞されたパートナー企業様につきましては、2017 年 9 月1日開催の Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan! にて発表いたします。 また、弊社ウェブサイト等を介して広くご紹介し、皆様の活動を広くアピールいたします。 応募いただけるアワード カテゴリや、応募条件、選考基準などをご確認の上、ぜひ応募をご検討ください。パートナー企業の皆様より多くの応募をお待ちしております。 応募締切日: 2017 年 7 月 3 日(月) 17:00 まで   【アワード特典】 2017 年 9 月1日開催の Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan!  にて発表、会場内での告知および掲示 表彰盾の授与・Japan Partner Conference 2017~Inspire Japan!  会場にて記念写真撮影 2017 アワードロゴの利用 Microsoft Inspire 2018 参加の際のレジストレーション費用 1 名分をご招待 ($2,195 相当 ※2017年のレジストレーション費用)   【アワード選考および結果発表】 マイクロソフト パートナーネットワークに参加しているパートナー様を対象に広く公募いたします。ご応募いただいた中から、厳正なる審査の上、最も優れた事例を選出いたします。…


登録締め切り迫る!CSPリセラーの皆様へ期間限定インセンティブキャンペーンのご案内 ~マイクロソフトCSPパートナー企業様はどなたでもご参加可能!~【5/22 更新】

  先日Blogでお知らせしておりましたCSP Power-upインセンティブキャンペーンの登録締め切りは6月1日(木)となっております。 CSP Power-upキャンペーンとは、CSPリセラーの皆様のご販売実績に応じてマイクロソフトがパートナー様に対してインセンティブをお支払いする期間限定キャンペーンで、CSPリセラーの皆様はどなたでもご登録いただけます。今から登録してもキャンペーンの全期間が対象になりますので、参加ご希望されるパートナー様はお急ぎご登録ください。 ▼ CSP Power-upインセンティブキャンペーンご登録はこちらから    インセンティブご獲得のためには、対象となるCSPサービスの販売が必要です。対象製品カテゴリは、CSP のOffice 365 / EMS / Dynamics 365 / Azureです。一つの製品カテゴリにおいて、対象期間中で、4社以上の新規顧客(※)に所定量を超えるご販売をいただければインセンティブが発生します。なお、所定量、対象期間、対象製品SKUや最低お支払い金額など、キャンペーンの詳細について、こちらからダウンロードいただける資料を必ずご確認ください。(資料のダウンロードはマイクロソフトパートナーネットワークIDが必要です。) ※新規顧客とは?:マイクロソフトクラウドサービスを初めて導入頂く企業様を指します。   本キャンペーンについてご不明な点等ございましたら下記事務局へメールにてお問合せください。 お問い合わせ先 : CSPパートナー様向け キャンペーン事務局(csppwrr@microsoft.com) お問い合わせ対応範囲 : ・キャンペーン登録方法 ・登録後のダッシュボードサイトの見方 ※本事務局窓口は、2017年6月末までの期間限定の運用です。  


Microsoft Build 2017 の発表まとめ【5/21 更新】

去る 5 月 10 日から 12 日までの間、米国シアトルで開発者向けイベント Microsoft Build 2017 が行われました。Day 1/Day 2で最新の クラウド プラットフォーム、開発ツール、AI、IoT、データ分析からWindows 動向まで、実に様々なことが発表され共有されました。いままで Build はずっとサンフランシスコで開催されていましたが、今年はマイクロソフトや Amazon Web Service が本社を構えていることをはじめ、Google や Facebook もオフィスを構える「クラウドシティー」と呼ばれるシアトルで開催されたことも印象的でした。 Microsoft Build 2017 でどういう内容が発表されたかについては、すでに良質のまとめ記事がいくつかありますので、この記事では新たにまとめることはせずに、最も読むべき記事の一覧、発表された重要な数字、および追加情報へのリンク集を提供することにします。   読むべき 7 本の記事 以下の記事を読んでおけば、Microsoft Build 2017 で発表された内容について、だいたいの内容を把握することができますので、まず読んでおくことをお勧めします。Day 1 はクラウドと AI、Day 2 は Windows 10 と複合現実 (Mixed Reality) が中心でした。 Build 2017 Day1 プレスリリース:マイクロソフト、開発者向けアプリ開発の新ツールを発表 Build 2017 Day2 プレスリリース:マイクロソフト、Windows…


常識を打ち破る画期的なテクノロジのウソとホント【5/20 更新】

(この記事は 2017 年 3 月 31  日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Disruptive Technology: Fact or Fiction? の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   毎年エイプリル フールの時期になると、インターネット上は読者の関心を引こうとするイタズラ記事や知名度アップをねらう記事 (英語) で溢れかえります。MPN ブログはいつもどおり真面目にやっていきますが、今回の記事では、社内の私たちでさえ目を疑うような、マイクロソフトのおもしろいプロジェクトや製品をご紹介します。業界では既成概念をくつがえす新しいテクノロジが日々登場しており、パートナーの皆様はそうしたテクノロジについてよくご存じかと思います。しかし、あなたの知っている情報は、はたして本当に事実なのでしょうか。この記事を読んで、確かめてみてください。   ロボットが人間の仕事を奪う ホント – AI と産業オートメーション PwC が行った最近の調査 (英語) によれば、米国では約 40% の職種が近い将来ロボットに取って代わられるリスクにさらされています。そのほか、英国は 30%、ドイツ 35%、日本では 21% にとどまっています。業種別に見ると、新しいテクノロジによって自動化できる可能性が高いのは運送業、製造業、小売業です。米国では、定型的な事務作業などの自動化できる仕事に従事している人口が多いため、他の国よりも高いリスクが見込まれます。一方、日本ではファスト フード店で自動販売機が導入されているなど、既に自動化が進んでいることから、比較的リスクが小さいと考えられています。   宇宙飛行士が仮想現実を利用している ホント – HoloLens 仮想現実 (VR) はゲームや映画だけに使われるものだと思っていませんか。VR の使い道はそれだけではありません。マイクロソフトの HoloLens などのデバイスが登場したことで、創造性を存分に発揮して現実世界の問題に取り組めるようになっています。2015 年、マイクロソフトは NASA と共同で、国際宇宙ステーション (英語) に滞在している宇宙飛行士に仮想アシスタントを届ける「Sidekick」プロジェクトをスタートさせました。この HoloLens には 2…


Office 365 営業向けのオンラインアセスメントの日本語版を受けてみよう【5/19 更新】

Sales Specialist Assessment for Office 365 Small and Midsize Business (SMB)_ja-JP (MPN17280) のご紹介 Office 365 を販売する営業の皆様が、自分たちの提案スキルを証明するための手段として、過去に存在したセールススペシャリストに相当するオンラインアセスメントの日本語版が公開されています。Office 365 を販売するにあたって必要となるスキルが身についているか、無料でチェックをすることが可能です。合格をした場合は、オンラインで修了証が得られる仕組みになっており、提案スキルがあることを証明できます。 いますぐオンラインのアセスメントにチャレンジしてみましょう。   ▼ セールス スペシャリスト アセスメントをオンラインで受講する