顧客のクラウド移行のロードマップを作成する【9/26 更新】

(この記事は 2017 年 8 月 9日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Map Your Customer’s Journey to the Cloud の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   先日、Barry Briggs と私が共同執筆した『エンタープライズ クラウド戦略 (英語)』の第二版が公開されました。この無料の電子ブックは、これまでに何百社もの IT 環境と、そのクラウド移行プロセスを支援してきた経験をまとめたものです。この電子ブックでは、「どのように何から手を付ければよいのか」、「アプリケーション ポートフォリオのクラウド移行計画を立てるにはどうすればよいのか」、「移行による自社への影響はどのようなものか」といった一般的な疑問に答えながら、エンタープライズ ポートフォリオをクラウドに移行するにあたり、各 IT 部門が採用したアプローチ、戦略、ベスト プラクティス、プロセスを紹介しています。   クラウド移行への準備 クラウドの変革に着手する前に、顧客はまず IT に対する新しい考え方を理解する必要があります。この考え方には、クラウド移行の過程でさらに進化が求められます。進化の第一段階は、イノベーションや実験の文化を取り入れることです。従来の考え方に慣れた IT 部門にとって、これを受け入れるのはそれほど容易ではありません。これまでのように開発作業の入念な制御やリスク軽減を重視する代わりに、次の原則に従い、構想、実験、最適化のプロセスを短期間で完了できるようになる必要があります。 迅速に行動する: クラウドでは、新しいプロジェクトをわずか数クリックですばやく立ち上げることができます。「何度も試して最善の結果を選ぶ」ことを習慣にしましょう。 可能性を広げる: 単にクラウドに順応するだけでなく、新しいビジネス チャンスを活用できるように、新しいアーキテクチャやプロセスにもすばやく適応する必要があります。 データに基づいて意思決定を下す: コストやシステムの利用統計情報など、各種データを測定して注意深く追跡し、IT の効率化を図ります。 簡素化する: できるだけ多くのサービスやアプリケーションを廃止し、適切なサイジングを行って、統合します。 情報を伝達する: 明確なコミュニケーション チャネルを確立して関係者に継続的に情報を伝達し、成果や影響を視覚化することで、関係者が関与する意欲を維持します。   クラウド移行の視覚化 移行プロセス全体を通じて重要になるのが、絶えず可能性を模索する姿勢を身に付けることです。アプリケーションのクラウド移行を進める中で、顧客は新しい成果をビジョン化する方法をパートナー様から学びますが、この新たな体制のすばらしいところは、顧客が考えもしなかったような可能性を常に提供できる点にあります。各アプリケーションを新たな環境のどこに配置するかを考えたり、さらなる投資の妥当性を検討したりすることは、IT エコシステムを刷新する絶好のチャンスです。引き続きオンプレミスで運用するアプリケーションについても、刷新によって時間とコストを節約できます。   アプリケーションの刷新 レガシ アプリケーションの対応方法に関して万能のアプローチは存在しません。ただし、この問題を解決するうえでは、Gartner…


次世代の CMO が果たすべき 5 つの重要な役割【9/25 更新】

(この記事は 2017 年 8 月 8 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事  5 Key Roles for the CMO of Tomorrow の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   現在、マーケティングの分野では劇的な変化が起こっています。顧客の影響力がこれまで以上に強大になり、従来のマーケティング手法に頼っても顧客にリーチできなくなったことを各ブランドが認識しつつあるのです。 こうした変化のなか、企業の CMO は自社のマーケティング チームを統率し、この新たな未知の領域を切り拓いていくという、とてつもない重責を担っています。Deloitte の調査 (英語) によれば、CMO の 80% が要求の高まりを感じており、82% が個人的に新しいスキルを習得する必要があると考えています。 こうした背景を踏まえ、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でマーケティング学のクリニカル プロフェッサーを務める Mohanbir Sawhney 教授は、マーケティングの展望に関する最新のホワイトペーパー (英語) の中で、これからの CMO が果たすべき新しい役割について説明しています。


9月25日(月)夜、米国 Microsoft Ignite イベントの日本語解説付きライブ配信!【9/24 更新】

Microsoft Ignite は、IT リーダーとIT プロフェッショナルが、ビジネスを推進するために役立つ最新のマイクロソフトテクノロジーを学ぶための5 日間のカンファレンスで、今年は9月25日~29日(現地時間)にフロリダ オーランドで開催されます。 このMicrosoft Igniteの基調講演を、日本マイクロソフトのエバンジェリストやMVPの皆様による日本語の解説付きでライブ中継いたします。ぜひこのイベントにご参加ください。   ・日時 9月25日(月) 22:00~25:00 ・キャスト 井上 大輔(日本マイクロソフト㈱ デベロッパー エバンジェリズム統括本部 テクニカルエバンジェリスト) 佐藤 直生(日本マイクロソフト㈱ パートナー技術統括本部 テクニカルエバンジェリスト) 春日井 良隆(日本マイクロソフト㈱ Windows & デバイス ビジネス本部) 冨永 晶子(日本マイクロソフト㈱ クラウド&エンタープライズビジネス本部) 安東 沙織(MVP for Azure) 鈴木 可奈(MVP for Azure) 松本 典子(MVP for Azure) *キャストにつきましては、予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。  


Microsoft Inspire での経験を実践に活かす 3 つの方法【9/23 更新】

(この記事は2017 年8 月11 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 3 Ways to Put Your Microsoft Inspire Experience into Practice の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   7月に開催された Microsoft Inspire (英語) は、大盛況のうちに幕を閉じました。コミュニティ メンバーの皆様が絶えずサポートしてくださるおかげで、この業界で最も活気のあるパートナー様向けイベントを今年も成功裡に終えることができました。改めて皆様に感謝申し上げます。 Microsoft Inspire の興奮が落ち着いてきたところで、多くのパートナー様から今回の経験をどのように活かせばよいかというご質問が寄せられています。学んだことを踏まえ、新しい人脈を通じて、長期的なビジネスの成功につなげるにはどうしたらよいでしょうか。 今回の記事では、イベントでの経験を最大限に活かし、ビジネスの実践に取り入れ、Microsoft Inspire の ROI を高める方法をいくつかご紹介します。  


[無料ダウンロード] リモートワーカーの 6 つの一般的なタイプと、そのサポート方法【9/22 更新】

  リモートで働く社員には多種多様なニーズがあります。出張に出かけていたり、複数の場所で働いていたり、タイム ゾーンをまたいで移動している可能性もあります。 この e-Book では、以下の概要を説明します。 リモートワーカーの 6 つのタイプについて確認する リモートでのコラボレーションやその他のチーム連携を実現するツールを提供する セキュリティで保護された適応性のあるインフラストラクチャで、さまざまなリモートワーカーのチームをサポートする   ▼ e-bookの無料ダウンロードはこちらから  


Tech Summit 2017 続々セッション情報、公開中! (早期申込割引 10/13 まで) 【9/21 更新】

AI や Mixed Reality など目覚ましい進化により、私たちのライフ スタイルに新しい変化が生まれようとしています。それは同時にビジネスにおける新しい変化をも意味します。 これらを支えるクラウドやデータ プラットフォームに求められるものとは何か!? 80 以上のセッションの中にその答えやヒントが見つけられるはずです!   ▼ Tech Summit 2017のセッション情報はこちら ▼ Tech Summit 2017 の参加申込みはこちらから  


クラウドとの相性抜群! デバイスで実現する働き方改革、Surface ファミリー【9/20 更新】

  【Surface パートナー向け 特別セッション 参加登録受付中!】   Microsoft Inspire Japan 2017 (大阪、名古屋、札幌) の同日午前中、同会場にて、Surface パートナー様向けに特別セッションを開催します。Inspire の前にぜひご参加ください。   開催日程: 大阪  9月26日 (火) 10:00-12:00 (受付開始 9:30-) 名古屋 10月3日(火) 10:00-12:00 (受付開始 9:30-) 札幌  10月11日(水) 10:00-12:00 (受付開始 9:30-)   ▼ セッションの詳細および参加登録はこちら      


大阪、名古屋、札幌で開催!『Microsoft Inspire Japan 2017』~ユーザー企業の経営者様・セールス&マーケティングご担当者様と一緒にご参加ください~ 【9/19 更新】

大阪会場、名古屋会場 代表取締役 社長 平野 Keynote 登壇決定! 今年度よりパートナー企業およびパートナーご検討中企業に加えて、ユーザー企業の経営者様、セールス & マーケティングご担当者様を対象とし、日本のパートナー & ユーザーのデジタル トランスフォーメーションをご支援するイベント『Microsoft Inspire Japan 2017』。 ぜひご参加ください!   ▼ 詳細はこちらから              


パートナーシップを活かして中小企業市場を開拓【9/18 更新】

(この記事は2017 年 8 月1 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Partnering to Navigate the Small Business Marketplace の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   25 年以上にわたってパートナー エコシステムに携わってきた者として、私はグローバルなパートナー エコシステムの進化を心から嬉しく思っています。固有の課題を抱える SMB 市場の拡大は、非常に興味深いものがあります。マイクロソフト パートナー様は、中小企業に特化した環境でソリューションを提供するというビジネス チャンスを積極的に利用しています。その結果、あらゆる中小企業がビジョンの実現を可能にするテクノロジを使用してビジネスを運営できるようになりました。 マイクロソフト パートナー ネットワーク ポッドキャスト”Navigating the Small Business Marketplace with Alyssa Fitzpatrick”で、パートナー様がどのように SMB 分野の可能性を追求していけるかについてご説明しています。


強固なパートナーシップの構築が成功を呼び寄せる理由【9/17 更新】

(この記事は 2017 年 7 月31 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Why Building Strong Partnerships Will Help You Succeed の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   私はこの業界に 25 年近く身を置き、たくさんのことを教わってきましたが、最近になって「昨日の競合他社は今日のパートナー」だということを実感するようになりました。かつてマイクロソフト パートナーとなった企業は、立場上できるだけ多くのマイクロソフト製品に対応することを奨励、期待され、できるだけ多くのバッジを取得しようと目指したものでした。しかし、それが持続可能なビジネス モデルであったのは過去のことです。今日では、実際問題どの程度のマイクロソフト製品をカバーし実績を上げられるのか、自ら判断する必要があるのです。