マイクロソフト アクションパック サブスクリプション (MAPS) の更新方法について【10/18 更新】


maps

マイクロソフト アクション パック サブスクリプション(MAPS) は、クラウド ファースト、モバイル ファーストの環境におけるマイクロソフト製品に関連した事業の開始、構築、育成を検討しているビジネスを対象にした、ソフトウェア、サポート、特典を利用できる、低価格の年間サブスクリプションです。

今回はマイクロソフト アクション パック サブスクリプション(MAPS) の更新方法についてご案内いたします。

  • マイクロソフト パートナーネットワーク(MPN)のネットワークレベルのメンバーシップの更新と同時にMAPSを更新する方法(①)と、ネットワークレベルのメンバーシップが更新済みでMAPSのみ後から更新する方法(②)がございますので、貴社のケースに合わせてご参照ください。
  • いずれの作業も、貴社MPNアカウントの管理者権限をお持ちの方のみが対応可能ですので、権限をご確認の上更新作業を進めていただきますようお願いいたします。
  • 貴社のMAPSが更新可能になるのは、貴社の契約終了日から90日前の日付からです。

※新規登録をご希望の方はこちらから「今すぐ登録」をクリックしてください

 

MAPS 更新方法その①:ネットワークレベルのメンバーシップとMAPSの同時更新する場合

1.貴社のMAPSの更新が可能な時期(契約終了日から90日前)にパートナー メンバーシップ センターへアクセスすると、ホーム画面に「更新」というボタンが表示されます。クリックすると、「コンピテンシーの管理(概要)ページ」へ遷移します。ラジオボタンの「Microsoft Action Pack Subscription」を選択し、「契約更新」ボタンをクリックします。

maps-1

2.使用についての同意と文字認証の画面が表示されるので、チェックをして表示されている文字を入力して進みます。その後は画面遷移にそって必要事項を入力し、お支払いまで完了してください。

maps-2

 

MAPS 更新方法その②:MPNメンバーシップはすでに更新済みでMAPS のみあとから更新する場合

1.パートナー メンバーシップ センターへアクセスし、「ご注文とライセンスキー」>>「Microsoft Action Pack サブスクリプション」を選択します。

maps-3

2.使用についての同意と文字認証の画面が表示されるので、チェックをして表示されている文字を入力して進みます。その後は画面遷移にそって必要事項を入力し、お支払いまで完了してください。

maps-2

 

 

MAPSの更新は、便利な「自動更新」のオプションを選択いただくことも可能です。

お支払いのメニューからクレジットカードを選択すると、「サブスクリプションを自動更新する」というボックスがありますので、チェックを入れていただくと毎年忘れず更新されてメンバーシップが忘れている間に有効期限を過ぎてしまうということが避けられます。

もし、クレジットカードでのお支払いが可能なパートナー様は自動更新もご検討ください。

maps-auto

 

 

 

MAPSの更新についてご不明な点がございましたら、パートナーコールセンターまでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

Skip to main content