【マイクロソフトを選ぶ理由】 Microsoft Azure と Amazon Web Services の比較 その 2 【 10/12 更新】


(この記事は azure.microsoft.com の Microsoft Azure vs. Amazon Web Services の翻訳です。最新の情報については参照元のページをご覧ください。)

 

より早く構築できる

01-fastAzure の統合されたツールとサービスと実績のあるソリューションにより、あらゆるプラットフォームやデバイス向けのエンタープライズアプリ、モバイルアプリ、Web アプリ、モノのインターネット (IoT) アプリを素早く作ることができます。開発者は DevOps スキルや Windows での経験がなくても生産性を高めることができます。なぜなら、Azure は幅広いデバイス、オペレーティング システム、データベース、言語、フレームワーク、ツールをサポートしており、今の経験をそのまま活かせるからです。仮想インフラの管理が面倒ですか? Azure ではその必要がありません。一方、AWS では、いくつかの異なるサービスを統合させて管理する面倒くささがあります。

 

 


貴社のデータセンターをシームレスにクラウドに接続できる

02-connectAWS とは異なり、Azure では複雑な回避策や制限事項なく、ハイブリッド アプリケーションを簡単に構築して貴社のデータセンター、サービスプロバイダー、そして Azure 自信の中にあるリソースを活用できます。また、仮想プライベートネットワーク (VPN)、コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、キャッシュ、ExpressRoute 接続 など、より多くのハイブリッド接続を高スピードで簡単に利用できます。Microsoft Azure Stack は貴社の組織が Azure のサービスを貴社地震のデータセンターから配信できる新しいハイブリッド クラウド プラットフォーム製品です。

最後に、 Azure は 30 リージョンにわたるマイクロソフト管理のデータセンターのグローバル ネットワークで実行されており、中国本土における最初のグローバル クラウド サービス プロバイダー です。

 

 


すでに持っている知識を活用できる

03-useAWS とは異なり、Azure では最初に一生懸命学習をする必要がありません。Azure をはじめた最初の日から生産性を出すことができます。Azure では Windows、Linux、仮想マシン、コンテナ、Active Directory など、数百万もの法人が信頼して使用している技術と同じものを使うことができます。また、Azure ではVisual Studio や、XCode、Eclipse、GitHub、Hadoop などの無数のサードパーティ ツール、ソリューション、パートナー様によって開発されたアプリケーションを Azure Marketplace を通して利用できます。

 

 


リスクを最小化できる

04-riskマイクロソフトは貴社のデータとサービスの保護とプライバシーの確保の約束をかかげる業界のリーダーです。それは当社の必須、そして業界をリードするセキュリティ保証プロセスである Security Development Lifecycle (SDL) を Azure に完全に実装するところから始まりました。当社は欧州連合 (EU) データ保護局第 29 条作業部会より、強力な契約上のコミットメントにより厳格な EU データ保護法に準拠すると承認を取得した最初のクラウド プロバイダーです。 そしてマイクロソフトはクラウドにおける個人情報保護の新しい国際標準 ISO 27018 に準拠した最初の大手クラウド プロバイダーです。

 


Azure と AWS を 8 つのポイントでの徹底比較と、日本のお客様/パートナー様の Microsoft Azure 活用事例は、以下の記事をご覧ください。

 

 

アクション パックを申し込んで
Visual Studio と Azure の利用権を
安価に手に入れよう

パートナーの皆さま向けには、標準で年間約 4 万円というかなりお安いお値段で、Office や Windows などのソフトウェア ライセンスをはじめ Office 365、Microsoft Azure、Visual Studio などのクラウドや開発に必要なサブスクリプションを手に入れることができます。

 

 

Skip to main content