Microsoft Ignite 2016 の発表まとめ 【10/10 更新】


 

9 月 26 日より 5 日間、米国アトランタで Microsoft Ignite が開催されました。今年も製品やクラウドサービスに関する様々な発表がありました。この記事では、パートナー様が押さえておくべき主なニュースについてまとめました。

 

なお、Igniteで発表された最新情報をはじめ、Microsoft の今をお伝えするイベント「Tech Summit」が11月に日本で開催されます。皆様のご参加を楽しみにお待ち申し上げております。

Microsoft Tech Summit
日時:11月1日・2日
場所:ヒルトン東京お台場
お申込みURL:  http://microsoft-events.jp/mstechsummit/

 

Windows 10 に関する主なニュース

  • Windows 10搭載デバイスが4億台を達成。
  • 10 月 1 日より企業のお客様に Secure Productive Enterprise を提供
    • Microsoft Edge 向けの Windows Defender Application Guard を発表
    • Windows 10 Enterprise と Office 365 Advanced Threat Protection 間の脅威インテリジェンスの共有が可能に
  • Windows 10 の新しい展開ツールをリリース

 

Microsoft Azure に関する主なニュース

  • アドビが「Adobe Marketing Cloud」「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」で、Microsoft Azureを優先クラウドプラットフォームとして採用。
  • 仮想マシンの L シリーズ、H シリーズの提供開始。
  • SAP HANA のラージ インスタンス提供開始。
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) in Azure Government
  • SAP アプリケーション (NetWeaver と HANA) の Red Hat Enterprise Linux (RHEL) サポート
  • Azure VM の IPv6 サポート。
  • Azure DNS の提供開始。
  • Azure Gateway へのWeb Application Firewall (WAF) 機能の追加。
  • ピアリング、アクティブ-アクティブ VPN Gateway などの新しい仮想ネットワーク、ExpressRoute の新しいウルトラパフォーマンス ゲートウェイのリリース。
  • Azure Monitorのパブリックプレビューが発表。
  • Azure Stack Technical Preview 2が発表。
  • Azure SQL データベースにおける Temporal Table 機能のリリース。
  • Service Fabric for Windows Server のリリース。

 

Office 365 に関する主なニュース

  • Word や Outlook に Microsoft Graph をベースとするタップ機能が登場、自分が頻繁に使用した、または同僚が公開したドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートが表示され、その中からスライド、画像、表、グラフィック、グラフなど、使用したい要素を選んでクリックするだけで、それをシームレスに取り込むことができます。
  • PowerPoint と Sway に Bing Knowledge Graph を基盤とする QuickStarter が登場、ユーザーは、まっさらな状態からでも簡単にアイデアを形にできます。
  • PowerPoint の Designer では、箇条書きのプロセス リストに対してプロにも劣らないデザインを提案できるようになりました。
  • Excel で Maps の新しいグラフ機能を使用すると、地理データから簡単な手順でプロにも劣らない視覚表現を作り出せるようになります。
  • Microsoft MyAnalytics (旧称 Delve Analytics) は、会議、メール、フォーカス時間、残業時間など、自分が職場でどのように時間を使っているかを理解する手助けとなります。生産性目標を設定したり、進捗状況をチェックしたりできるだけでなく、自分がだれと最も頻繁に共同作業を行っているかも把握できます。
  • インテリジェンスによってセキュリティやコンプライアンスを強化、Advanced Threat Protection (ATP) の機能強化、Threat Intelligence、Office 365 の Advanced Data Governance が登場しました。
  • iOS 向け Outlook と Android 向け Outlook が更新され、クラウドの力により大企業のお客様の法務、規制、コンプライアンス関連のニーズに効果的に対応するようになりました。
  • People カードなどのSharePoint の機能強化。
  • 新しい OneDrive for Business ロードマップの発表。
  • Yammer と Office 365 グループの統合。(Yammer Enterprise の単体提供は年内で終了)
  • 10 月に Skype for Business for Mac の一般提供が開始。
  • SharePoint モバイルアプリが Android と Windows 10 Mobile にも登場。
  • 自席を持たずに働くデスクフリー ワーカー向けの業務管理アプリ Microsoft StaffHub のプレビューを提供。チームの勤務スケジュールの作成や管理、業務に必要な関連情報の通達を簡単に行うことができます。
  • Graph API を拡張して、クラウドだけでなくハイブリッド環境でも利用できるようにした。SharePoint サイトやリストといった新しい API コレクションも追加した。

Windows Server に関する主なニュース

  • 10 月中旬からWindows Server 2016、System Center 2016 を提供開始。評価版のダウンロードを先行して提供開始。
  • Windows Server 2016 には商用版 Docker を搭載。

 

以下に主な記事やニュースをまとめました。

以下にマイクロソフトの主なブログ記事をまとめました。

 

Skip to main content