10 月から Enterprise Mobility + Security (EMS) と Secure Productive Enterprise (SPE) の E5 プランの提供が始まりました【 10/9 更新】


10 月より、IT のコンシューマリゼーションと BYOD の課題に対処するマイクロソフトのクラウド ソリューションである Enterprise Mobility Suite および Enterprise Cloud Suite のブランドが一新され、新しく Enterprise Mobility + Security、Secure Productive Enterprise として販売開始されます。この記事では、これらの製品の概要と関連リンクをご紹介します。

 

新 Enterprise Mobility + Security (EMS) の概要

  • Enterprise Mobility Suite の名称が Enterprise Mobility + Security (エンタープライズ モビリティ アンド セキュリティ、EMS) に変更され、E3 と E5 の 2 種類のプランで提供されます  (2016年10月より)
  • Azure Active Directory Premium が P1 と P2 の 2種類のプランで提供されます (2016年9月より)
  • Azure Rights Management (Azure RMS)の名称が Azure Information Protection に変更され、P1と P2 の 2 種類のプランで提供されます (2016年10月より)
  • これまで単体提供のみだった Cloud App Security が EMS E5 のプランの中に入ります (2016年10月より)

 

ECS 改め Secure Productive Enterprise (SPE) の概要

  • Enterprise Cloud Suite (ECS) の名称が Secure Productive Enterprise (SPE) に変更され、E3 と E5 の 2 種類のプランで提供 (2016年10月より)
  • Enterprise Agreement および MPSA にて一般企業および政府機関のお客様向けに提供開始

 

EMS と SPE についてのより詳しい内容は、以下の記事を参照してください。

 

オンライン Webinar も続々開催されています。終了したものは動画もご視聴いただけます。

▼ Webinar の視聴

 

直近の Webinar 開催予定

開催日 イベントタイトル
2016/10/12 シャドウ IT からの情報流出を防ぐ Cloud App Security の概要
2016/10/19 Microsoft Intune を利用したモビリティ環境の実現方法
2016/10/26 認証基盤の要! Active Directory のセキュリティを確保 – Advanced Threat Analytics
2016/11/9 Office 365 ユーザー向けEnterprise Mobility + Security (EMS)  で実現するセキュリティの強化

 

Skip to main content