開発完了! 10 月中旬から Windows Server 2016 の提供開始 【 10/8 更新】


 

9 月末に米国アトランタで開催された Ignite カンファレンスで、マイクロソフトの最新サーバー OS となる 「クラウド対応 OS」Windows Server 2016 のリリースが発表されました。

Windows Server 2016 は、Windows Server コンテナーや軽量な Nano Server のデプロイメント オプションなどの新機能を採用しており、オンプレミスと Azure のいずれの環境の既存のアプリケーションもクラウド ネイティブなアプリケーションも、これまでになかった方法でデプロイし実行することができます。また、商用サポートされている Docker Engine (CS Docker Engine) を追加コストなしで Windows Server 2016 ユーザーの皆様にご利用いただけることになります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

 

▼ Windows Server 2016 のリリースを発表

 

 

 

 

Skip to main content