CSP: 新しい Azure ポータルで Azure AD が利用可能に【10/5更新】


(この記事は  2016 年 9 月 22 日にHybrid Cloud Best Practices blog に掲載された記事   Azure AD now available on the New Azure Portal    の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

このたび、新しい Azure ポータルに Azure AD の管理機能が追加されました。これにより、Azure CSP サブスクリプションをご購入のお客様は、Azure ポータルの Web インターフェイスで Azure Active Directory を管理できるようになります。今後は、これまでのように Office 365 管理ポータルや Azure AD PowerShell といった代替手段を用いる必要はありません。また、古い Azure ポータルから Azure AD を管理するために Azure 無料評価版のサブスクリプションを作成したり、Azure AD Basic/Premium の CSP サブスクリプションを購入したりする必要もなくなります。以前よりもはるかに簡単に管理していただけます。

 

公式の発表は、以下の記事をご覧ください。
https://blogs.technet.microsoft.com/enterprisemobility/2016/09/12/the-azuread-admin-experience-in-the-new-azure-portal-is-now-in-public-preview/  (英語)

 

わかりやすい UI が実装されており、必要な操作のほとんどがたった数クリックで簡単に実行できるように設計されています。ただし、多要素認証プロバイダーを作成するときだけは、古い Azure ポータルを使用するほかないようです。このため、Azure AD で MFA を有効化したい場合には、今後も従来の代替手段 (英語) を用いなければなりません。ぜひ近いうちに、この機能もカバーされることを願っています。

 

azure1

azure2

ちなみに、[Classic Portal] ボタンが表示されますが、Azure CSP サブスクリプションでは動作しません。「Classic Portal is not available for your subscription (現在のサブスクリプションでは、クラシック ポータルは利用できません。)」という古いエラーが今でも表示されます。

 

追伸: マイクロソフト プレスは、ご好評いただいた Azure 解説書の改訂版『Fundamentals of Azure: Second Edition (Azure の基礎: 第 2 版)』を発行しました。Azure について学習したいとお考えの方にはぜひともお勧めしたい必読書です。IT 担当者に必要な Azure に関する情報が、これ 1 冊で網羅されています。以下の場所から PDF 形式または EPUB 形式でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。
https://blogs.msdn.microsoft.com/microsoft_press/2016/09/01/free-ebook-microsoft-azure-essentials-fundamentals-of-azure-second-edition/ (英語)

Skip to main content