CSP で利用可能な Azure サービス一覧の取得方法 【9/17 更新】


(この記事は2016 年 6 月 29 日に Hybrid Cloud Best Practices blog に掲載された記事 List of Azure services in CSP の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

このブログ記事は CSP ビジネスモデルで利用可能な Azure サービスの一覧で今後も更新される可能性があります。すべての Azure サービスについての分かりやすい図解はこちらです。

 

最終更新日: 2016/8/15

 

Open/EA/直販で Azure をご利用のパートナーとお客様は、すべての Azure サービスが現在 CSP で利用できるわけではないことは気に留めておく必要があります。ARM ベースではない CSP は ARM モデルのみのサポートとなるため、Azure サービスは CSP では利用できません。しかし状況はとても速く変わってきています。

CSP サブスクリプションで利用可能な Azure サービスの一覧を取得するには、Partner Center ポータルで Azure サブスクリプションを作成して、以下の PowerShell コマンドを実行します。

Install-Module AzureRM
Login-AzureRmAccount
Select-AzureRmSubscription -SubscriptionID SUBSCRIPTIONID -TenantId TENANTNAME.onmicrosoft.com
Get-AzureRmResourceProvider -ListAvailable

Azure CSP Service List

 

 

CSP で利用可能な Azure サービスの一覧

現在のところ Microsoft.* プレフィックスがつく 49 のリソースプロバイダーが利用可能です。これらのうちの一部はどの独立した Azure サービスのことでもなく、また、一部のリソース プロバイダーは複数の Azure サービス (たとえば Microsoft.Sql や Microsoft.Network) を表しています。サービスの一部は API/PowerShell でのみ利用可能で、ポータルからは操作できません。合計で 50 のサービスが CSP で購入できる Azure サブスクリプションとして利用可能です。

リソースプロバイダーの名前

Azure サービスのブランド名

Microsoft.ADHybridHealthService

Azure AD Connect Health

Microsoft.ApiManagement

Azure API Management

Microsoft.AppService

Azure API Apps

Microsoft.Authorization

Role-based Access Control (独立したサービスではない)

Microsoft.Automation

Azure Automation

Microsoft.Batch

Azure Batch

Microsoft.BingMaps

Bing Search API

Microsoft.Cache

Azure Redis Cache

Microsoft.Cdn

Azure CDN

Microsoft.Compute

Azure Virtual Machines

Microsoft.ContainerService

Azure Container Service

Microsoft.ContentModerator

Microsoft Content Moderator

Microsoft.DataCatalog

Azure Data Catalog

Microsoft.DataFactory

Azure Data Factory

Microsoft.DataLakeAnalytics

Azure Data Lake Analytics

Microsoft.DataLakeStore

Azure Data Lake Store

Microsoft.Devices

Azure IoT Hub

Microsoft.DevTestLab

Azure DevTest Labs

Microsoft.DocumentDB

Azure DocumentDB

Microsoft.EventHub

Azure Event Hub

Microsoft.Features

Resource Manager の一部 (独立したサービスではない)

Microsoft.HDInsight

Azure HDInsight

Microsoft.insights

Azure Application Insights

Microsoft.KeyVault

Azure KeyVault

Microsoft.Logic

Azure Logic Apps

Microsoft.MachineLearning

Azure Machine Learning

Microsoft.MarketplaceOrdering

Azure Marketplace (独立したサービスではない)

Microsoft.Media

Azure Media Services

Microsoft.Network

Azure Network Services (Virtual Network, Load Balancer,

Traffic Manager, Application Gateway,

Express Route, DNS Zone, VPN Gateway)

Microsoft.NotificationHubs

Azure Notification Hubs

Microsoft.OperationalInsights

Azure Log Analyzer

Microsoft.OperationsManagement

Used for integration with OMS (独立したサービスではない)

Microsoft.Portal

Azure Management Portal (独立したサービスではない)

Microsoft.PowerBI

Power BI Embedded

Microsoft.RecoveryServices

Azure Backup + Azure Site Recovery

Microsoft.ResourceHealth

Azure Resource Health (独立したサービスではない)

Microsoft.Resources

Resource Groups (独立したサービスではない)

Microsoft.Scheduler

Azure Scheduler

Microsoft.Search

Azure Search

Microsoft.Security

Azure Security Center

Microsoft.ServerManagement

Azure Server Management tools

Microsoft.ServiceBus

Azure Service Bus + Azure Functions

Microsoft.ServiceFabric

Azure Service Fabric

Microsoft.SiteRecovery

Azure Site Recovery (Microsoft.RecoveryServices provider で置換されたレガシーサービス)

Microsoft.Sql

Azure SQL Database + Azure SQL Data Warehouse

Microsoft.Storage

Azure Storage

Microsoft.StreamAnalytics

Azure Stream Analytics

Microsoft.support

Technical Support Requests (独立したサービスではない)

Microsoft.Web

Azure Web Apps + Azure Mobile Apps

4 つの Azure サービスはどのリソースプロバイダーでもあらわされていません。このリストには含まれていませんが、これらはライセンス ベースのサブスクリプションで CSP で利用可能です。

  1. Azure AD (Basic または Premium)
  2. Azure AD B2C
  3. Azure Multi-factor Authentication
  4. Azure RMS

すべてのサービスが GUI の管理ポータルで利用できるわけではありません。一部のサービスは PowerShell または x-plat CLI でのみ利用可能です。以下が詳細です。

Capture11
Capture2

 

従来からの Azure サブスクリプションとの比較

CSP サブスクリプションと従来からの (CSP でない) サブスクリプションを比較するために、Enterprise Agreement で購入した Azure サブスクリプションで同じコマンドを実行してみました。すると CSP では 49 でしたが EA では 58 のリソースプロバイダーが利用可能でした。 CSP では利用できない 5 つのサービスが存在します。

リソースプロバイダーの名前

Azure サービスのブランド名

Microsoft.BizTalkServices

BizTalk Services

Microsoft.CertificateRegistration

Purchase SSL certificates (独立したサービスではない)

Microsoft.ClassicCompute

Classic (non-ARM) Azure Virtual Machines

Microsoft.ClassicInfrastructureMigrate

Migration tools (独立したサービスではない)

Microsoft.ClassicNetwork

Classic (non-ARM) Azure Virtual Network

Microsoft.ClassicStorage

Classic (non-ARM) Azure Storage

Microsoft.CognitiveServices

Azure Cognitive Services

Microsoft.DomainRegistration

Purchase domain names through GoDaddy (独立したサービスではない)

Microsoft.DynamicsLcs

Microsoft Dynamics Lifecycle Services

Microsoft.MobileEngagement

Azure Mobile Engagement

microsoft.visualstudio

Visual Studio Team Services

そして当然、従来からの Azure サブスクリプションは ARM ではない IaaS サービスも含んでおり、 新 Azure ポータル (“クラシック” と呼ばれていますが) で利用できます。他の ARM でないサービスは 旧 Azure ポータル でのみ利用可能で、それらには以下のものがあります。

  1. Cloud Services – 替わりに VM, VM ScaleSets と App Services を利用します。
  2. Mobile Services – 替わりに Azure App Services Mobile Apps を利用します。
  3. RemoteApps – 提供終了しました
  4. Management Services – 替わりに ARM ベースの管理サービスを利用します。
  5. StorSimple – StorSimple ハードウェアが必要になりますが CSP パートナーには提供されていません。

これらの ARM ではないサービスは ASM から ARM モデルにサービスが移行されない限り CSP では提供されません。Cloud Services は ARM モデルには移行されないので、お客様は仮想マシン スケールセットを持つ ARM IaaS への移行を検討する必要があります。

結論

つまるところ、現状は 54 の Azure サービスが CSP で利用可能です。そのうちの 4 つはライセンス ベースのサブスクリプションで別途購入します。5 つの Azure ARM サービスはまだ CSP で利用できません。従来からの (CSP ではない) Azure サブスクリプションは 64 のサービスがあります。(5 つの ARM でないサービスを含みます。)

関連記事

 

 

 

Skip to main content