パートナーによる優れたイノベーション: パートナー オブ ザ イヤー アワード 2016 の受賞企業と最終選考企業【6/15更新】


(この記事は 2016 年 5 月 31 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Excellence in Partner Innovation: Partner of the Year Award Winners and Finalists of 2016 の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

 

Gavriella%20Schuster%20author%20block

 

マイクロソフトの Worldwide Partner Conference (WPC) の開催が迫る中、パートナー オブ ザ イヤー アワード 2016 の受賞企業と最終選考企業 (英語) が発表されました。

日本のサイトはこちらから

このアワード プログラムは、世界中のパートナーの皆様によってどのような革新的、変革的な取り組みが行われたのかを、しっかりと見据え、評価する機会として開催されるもので、パートナー エコシステム全体を代表する優れた取り組みを行ったパートナー様を受賞企業に選出しています。

award-14

 

今年は、37 のグローバル アワードに対して、世界 119 か国から 2,500 件を超えるご応募が寄せられました。また、世界各国のパートナー様の業績を讃えて 102 のカントリー パートナー オブ ザ イヤー アワードも授与されています。各応募内容については、550 名に上るマイクロソフトの各分野の専門家チームが、予断を排し 3 回にわたって審査を重ねました。さまざまなパートナー様から顧客の成功や問題の解決、イノベーションにまつわる非常に魅力的な事例を多数お寄せいただいたので、審査はたいへん難航しました。

 

今回のアワードで明らかになったのは、パートナー エコシステムの変革が成熟段階に差し掛かろうとしていることです。多くの受賞企業は、クラウド テクノロジの導入が継続的なイノベーションや急速な成長を生み出すことを実感しています。マイクロソフトのクラウド テクノロジによって、パートナーの皆様は、創造的なアプリケーションを開発して市場投入戦略の変革を実現し、お客様をさらなる成功に導くことができるのです。

 

今年の受賞企業は、パートナーシップが大きな威力を発揮すること、そしてお客様の信頼が成果に結び付くことを強く打ち出しています。お客様が信頼できるパートナーの助けを求めるとき、Azure、Office 365、CRM Online などの製品を積極的に活用しようとしてくださっていることは明らかです。また、マイクロソフトとパートナー様が協力することで、お客様のニーズに最適なテクノロジを提供し、お客様にご満足いただけた実績は、最も重要なポイントとなります。

 

パートナー オブ ザ イヤー アワード 2016 の受賞企業と最終選考企業 (英語) の皆様に、心よりお祝い申し上げます。7 月の WPC で皆様にお目にかかれるのを心待ちにすると共に、マイクロソフト パートナーの皆様が今後 1 年間、どのような取り組みを通じて引き続き変革を成し遂げようとされるのかを楽しみにしています。

 

パートナー オブ ザ イヤー アワード 2016 の受賞企業と最終選考企業については、こちらの Power BI インタラクティブ マップ (英語) をご覧ください。応募企業、アワード内容、受賞企業などの詳細をご確認いただけます。

 

 

Skip to main content