Silver クラウドコンピテンシーの無償取得キャンペーン終了まで 60 日を切りました【 5/3 更新】


マイクロソフトでは、顧客のニーズがクラウド ファースト、モバイル ファーストに変わっていく IT 市場に自社の商品と販売戦略を合致させていく変革を行うと同時に、パートナーの皆様にもクラウド中心の販売戦略にいち早く適合いただけるよう、様々な支援策をご用意しています。

新しいクラウドビジネスに移行するのに最も支援が必要といわれているのが、「自分自身で利用してみて、クラウドの良さを従業員一人一人がお客様に提案できるようになる」ことと、「提案、導入で困ったときにサポートしてくれる技術サポートの確保」です。この 2 つをきちんと確保できるのが、Microsoft Partner Network の 「Silver クラウド コンピテンシーです。

Silver クラウド コンピテンシーは、マイクロソフトのクラウドサービス導入の実績があるエキスパートであることの証であり、特典としてクラウドに特化した無制限のテクニカル サポート、インセンティブ、ビジネスを運用するためのソフトウェアなど、充実した特典を受けることができます。Silver コンピテンシー (全部使いこなすと約 1,600 万円分の価値!) には年間約 15 万円の会費がかかりますが、過去 2 年間 Silver クラウドコンピテンシーを取得する場合は無料というキャンペーンを行い、パートナーの皆様のクラウドビジネスへの移行をご支援してきました。このたび 2016 年 6 月 30 日でこの無料キャンペーンが終了して、7 月からは有料になる予定です。Silver クラウド コンピテンシーを取得しようとしているパートナーの皆様はお早めに取得を完了してください。

いまから Silver クラウド コンピテンシーの取得を目指す場合、一番容易に取得できると思われるのは、Silver Small and Midmarket Cloud Solutions コンピテンシーです。このコンピテンシーは Office 365 を合計 4 顧客以上、かつ合計 40 ユーザー以上 (つまり顧客当たり平均 10 ユーザー以上) を過去 12 か月に新規販売することで取得が可能です。

さあ、今からでも遅くありません。Silver クラウド コンピテンシーの無償取得を目指しましょう。

▼ Small and Midmarket Cloud Solutions コンピテンシーの特典内容および取得要件を見る 

 

Skip to main content