ビッグ データがパートナー様のビジネス チャンスを拡大【4/12更新】


(この記事は 2016 年 3 月 23 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Driving partner opportunity through big data の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

Phil%20Sorgen%20author%20block

 

先日、マイクロソフト CEO の Satya Nadella がニューヨークでイベントに出席し、第 4 次産業革命について語りました (そのようすはこちらのページ (英語) でご覧いただけます)。蒸気機関、電気、情報テクノロジに続いて、世界はまさにデジタル テクノロジ革命に差し掛かろうとしています。

テクノロジのユビキタス化が進み、日々の暮らしには "つながったモノ" があふれています。こうしたモノはそれぞれ膨大な量のデータを生み出しており、IDC の予測によると、2025 年までに全世界で生成されるデータ量は 180 ゼタバイトにも上る見込みです (英語)。しかも、クラウド コンピューティングの力を借りれば、そうしたデータを収集、格納、分析できるだけでなく、さらに重要な機能として、データからビジネス インサイトを引き出すことも可能になりました。

今やデータは "新しい電気" として私たちの日々の生活を動かし、革新的な変化の起爆剤となっているのです。

そしてビジネスの世界においては、このデジタル テクノロジ革命が新たなチャンスを切り開いています。

Gartner 社が全世界の CIO を対象に行った 2016 年の調査 (英語) では、テクノロジ予算の新しい投資先として、引き続き分析機能がトップに挙がっており、データを通じて新たなビジネス インサイトを得たいと考えるお客様は、今後もますます増えていくと予想されます。大量のデータを読み解く能力は、一夜にして身に付くものではありません。さらに言えば、すべての企業が必ずしも、手元のデータを最大限に活用するために何から手を付けるべきかを理解しているわけでもありません。

ここに、マイクロソフト パートナー様にとって絶好のビジネス チャンスが潜んでいるのです。

お客様がデータから有益なヒントを引き出し、ビジネスの促進に活用するには、当社のパートナー エコシステムの支援が欠かせません。先のニューヨークのイベントで Satya が述べたとおり、マイクロソフトはすべてのビジネスを、ソフトウェア ビジネス、データ ビジネス、インテリジェンス ビジネスにすることを目標としています。それを可能にできるのは、パートナーの皆様にほかなりません。

マイクロソフトはこの数週間にわたり、データ プラットフォームおよび分析機能について多くのニュースを発信しています。SQL Server 2016 の提供を開始し、SQL Server on Linux を発表したのに続いて、つい昨日、Power BI を通じて簡単にデータを分析し、得られたインサイトを共有できる複数の新機能についての情報を公開 (英語) しました。

これにより、さまざまなビジネス チャンスが広がるでしょう。ただし、単一の製品や機能をリリースする場合とは異なり、今回は長期的なデータ戦略に基づいてお客様をサポートする体制を整え、時代の流れに沿ったデータ主導型のビジネスへと移行できるように、お客様を支援していただきたいと思います。かつて、データを読み解くのは、専門家や専任のデータ サイエンティストのみが行える特殊な作業でした。マイクロソフトの新しいプラットフォームと分析機能があれば、複雑なデータをこれまでにないほど簡単に解析し、ビジネスに活かせる情報へと変化させることができます。

パートナーの皆様には次の 3 つのシナリオについて、今すぐにでも、お客様を交えながら検討を始めていただきたいと思います。当社は皆様をサポートするべく、トレーニングと各種資料を提供していきます。

アップグレード

SQL Server 2005 ベースのインスタンスは、現在も依然として数多く運用されていますが、4 月 12 日以降にはこうしたインスタンスに対してセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。今こそお客様のニーズを満たす、最新かつ高機能のデータ プラットフォームにアップグレードすべき時です。

SQL Server 2014 および SQL Server 2016 はいずれも、構造化データと非構造化データの両方をサポートし、新しい高度な予測分析機能を備えています。また、さまざまなデバイスに対応したリッチな視覚エフェクトを提供すると共に、Operational Analytics の処理スピードも向上しています。

まだ SQL Server 2005 を利用されているお客様とお話しするときの参考となるように、各種の資料を用意しています。詳しくは MPN のサイトを参照してください。

移行

SQL Server は業界をリードするソリューションです。マイクロソフトは先日、Gartner 社のオペレーション データベース管理システムのマジック クアドラント (英語) において、実行能力およびビジョンの完全性の両方の面から業界のリーダーに認定されました。さらに、同社の 4 つのマジック クアドラントのすべてで、リーダーまたは概念先行型と評価されています。

SQL Server 2016 はマイクロソフトのデータ プラットフォームの歴史において、最大の飛躍を成し遂げた製品です。リアルタイムの Operational Analytics、あらゆるモバイル デバイスに対応したリッチな視覚エフェクトに加え、高度な分析機能を標準搭載しています。また、新しい強力なセキュリティ テクノロジにより、保管中、転送中、メモリ内のデータを暗号化でき、新たなハイブリッド クラウド シナリオもサポートされました。こうした機能はすべて、今回の最新バージョンに組み込まれています。

Oracle からの移行を検討しているお客様のために、移行を支援するプログラムをご用意しました。条件を満たしているお客様には、今すぐ無償ライセンスを利用していただけます。詳細についてはこちらのページを参照してください。

最大活用

お客様の長期的なデータ戦略の策定を支援できるよう、パートナー様にはスキルアップしていただくこともお勧めします。Partner University では事業継続性を考慮した Azure および SQL Server の販売 (英語) に関するオンデマンドのトレーニング コースを公開しています。

また、Data Platform University シリーズへの登録 (英語) も受け付けています。データ プラットフォーム ソリューションと各種の販売シナリオについて、オンラインでリアルタイムに受講できる対話型のトレーニング セッションです。このシリーズでは、10 種類のセッションを 1 日に 2 回ずつライブ配信しますので、お住まいの地域に合わせていずれかの時間をお選びいただけます。もしリアルタイムに参加できない場合でも、24 時間後には Partner University でオンデマンド配信されますのでそちらをご覧ください。

新しいトレーニング コンテンツは、今後も随時追加していきます。ぜひ Partner University で SQL Server に関するコンテンツをご利用ください。SQL Server のソリューション ページでも、各種の資料やデモなどを公開しています。

 

 

Skip to main content